ココロで感じたとりたち ~Great Nature&Birds~
  ♪明日はどんな鳥さんにあえるかな... fc2 blogranking blogranking
スポンサードリンク
  
2017.05.29

生まれいづる季節


あちらこちらで新たな命が誕生する季節・・・

今年も真っ先に戸袋で営巣準備をしていたムクドリ、どうやらやはりうまくいかなかった模様・・・

そんなムクドリに鬼瓦を占領されることが多かったちゅん太、こっちは雛の声が途絶えた先日、無事に巣立った。

柿の葉が青々としはじめた頃、そろそろシジュウカラの雛も巣立つだろう。


1127.jpg
TSN-774 S95(Ⅱ号機) TE-17W 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪

ツバメも姿や声などから、少数が近所にいたのはわかっていたのだが、年々数が減っている。

2番手、3番手営巣組が来ない・・・ 人との関係がうまくいっていないのは明らかだ。


1126.jpg
G9X 1000x562 トリミング ●クリックすると大きくなります♪

数日前から玄関先で似たようなのがウロウロしているなと思って、しっかり見てみると1cmくらいのカマキリの子供。

たぶん、秋に擁壁の窪みに生み付けられたオオカマキリの卵鞘が孵化したかな。

秋の日差しが強い日には寒さが和らいで、よく擁壁や道路で見かけた親。そこから引き継がれた小さな命。

人間社会と同じく、生き物の世界にも多くのドラマがある。生き物たちの命は儚い。一期一会をこれからもココロに。


今日の夕日に照らされた雲のなんともいえない色合い・・・ 水色とピンク、そんなはっきりした空に薄い墨汁をこぼしたような雲。

空を眺め、ラフマニノフのピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 作品18 なんて聞きながら、涼しい風に当たるのが最近じゃ唯一の癒しかな。

猛烈に疲れ切っています・・・



いつもありがとうございます・・・thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ
2017.04.30

騒がしく薫る春


あちらこちらでしっかり春を感じる季節になってきました。

とりたちの世界では多くの囀りが聞こえ、水辺では婚姻色のサギたち、カイツブリなどは幼鳥を背中に乗せて育雛まっさかり。

毎年恒例の鬼瓦ちゅん太も営巣準備をはじめていましたが、すぐ近くの戸袋にて今年もムクドリとバッティング。

この先どうなることやら・・・

人間の世界でも、猛烈に騒がしくなってきました。

おまえらがガマンしろと言わんばかりの近所の建築工事やら、期間限定なんちゃって暴走族くんたちや荒ぶるお年寄たち・・・


1125.jpg
G9X 563x1000 ●クリックすると大きくなります♪

そんなどうしようもない我が住処でも、猫の額庭のラベンダーが静かに咲き始めました。

春の微風に乗って特有の香りが漂ってきます。 

自然の香りは癒されますね。  はぁ・・・


CANONのコンデジ G9X mk2が出ましたが、エンジンの味付け以外はほとんど変わりのない無印もなかなか。

肉眼では見えない星なんかも手持ちでもしっかり撮れるとか、技術の進化はすごいですね。




いつもありがとうございます・・・thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ
2017.03.31

春なれど・・・


なかなかゆっくりした時間がとれなくて更新できません。すみません。

身近なところでは、ウグイスやシジュウカラの囀りを耳にすることが増え、

全く姿を見せなくなっていたちゅん太も、鬼瓦周辺での繁殖場所争奪戦?を賑やかに繰り広げています。

翻って、今まで賑やかだったヒヨさんがすっかり静かになりました。

春は別れのシーズンでもあり、出会いのシーズンでもあります。

先日、近所で一瞬だけ見慣れない種を目にしたのですが、警戒心が強いことからも渡り途中なのだろうと思いました。

今の時期はまさかこんなところでこんな鳥が!?ということが珍しくありません。

鳥たちは人知れずやってきて、少し休憩して目的地を目指します。

春や秋は固定観念を捨てて、広い視野で鳥たちの姿を追ってみてはいかがでしょうか。

よく見ると、「あれ?なんか変ってる?」 なんて鳥さんに出会えるかも知れませんよ^^




いつもありがとうございます・・・thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ
Posted at | 業務れんらく | COM(0) | TB(0) |
2017.03.02

もう少ししたら更新する予定です。


先日都内でなかなか面白い、興味深い光景に出くわしたんですが、また改めてお話できればと思います。



いつもありがとうございます・・・thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ
Posted at | 業務れんらく | COM(0) | TB(0) |
2017.02.04

とりたちの臭覚


近所で解体新築工事が増えてきた。

現場を見るたびに思うことがある。

たいそう立派な庭木が、ユンボで次々と引き抜かれていくわけだけど、

果たしてその木のおかげで命をつないできた生き物たちはどうなってしまうのだろうということ。

たとえば、セミの幼虫・・・ たぶん助からないだろう・・・

もちろん、自分が住んでいる場所も、同じことをして建っているということはわかっているのだけど、

どうにも悲しいやるせない気分になる。

身近なとりたちにとってみると、緑が減ってゆくのだから、あまりいいこととは言えない。

でも、彼らはとても強かだ。

どこで見ているのか、トラクターのごとくユンボが土地を掘り起こしてゆくと、いつの間にかいくつものとりたちがやってきている。


1124.jpg
FZ150 DMW-LA5 T-CON17 手持ち 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪

食べ物が少ない時期に土中のタンパク質はごちそうだ。

すっかりナワバリも定着して、姿も声も確認できなくなっていたジョビコがひょっいとやってきて、猛烈な勢いで凸凹になった地面で獲物を探している。

よく見てみると、いつもは気配すら感じないツグミもちゃっかり来ていたり、ムクドリ軍団やハクセキレイも我先にと忙しなく動き回っていた。

ムクドリなどは、ユンボの後ろについてまわり、重機や人間などは全くおかまいなしだ。

そんな一時の宴も、土地がユンボによって押し固められると、終演。

冷たい北風が吹き荒び、砂塵が目に染みた。


ここ最近はずっと不安定な更新ですが、諸問題が山積しているため、更にアヤシイ更新となります。
それでも今後も更新は続けてゆくつもりですので、たまにのぞいてくだされば幸いです。


いつもありがとうございます・・・thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ