ココロで感じたとりたち ~Great Nature&Birds~ | 野鳥(海のとりさん)
  ♪明日はどんな鳥さんにあえるかな... fc2 blogranking blogranking
スポンサードリンク
  
2009.12.02

イソピヨのちイソピヨ その3 完結編♪

なかなか投稿できないので調べてみると 一度に投稿できる容量に制限があるらしく・・・ 
こんなに長く続けてるのに初めて知った (^◇^;)

なので 3回にわけてお伝えすることに・・・


0702.jpg
FZ18単体 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪ ※容量が大きいので重いかも知れません。 

で こちらもお約束の吊り橋のある観光地。

いかにもイソヒヨさんが住んでいそうな感じ・・・


0699.jpg
FZ18+DMW-LA3+TCON-17  手持ち 1024x768 ●クリックすると大きくなります

何度か来たことはあるのですが 日没が早いこの時期・・・ 時間がなかったもので近場で鳥見んぐ!♪

と またイソヒヨさん♂がいい感じに佇んでいるではないですか。 


0697.jpg
機材条件同上 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪

団体客ご一行様がいなくなって静かになったところ
背後でなにやら気配を感じてキョロキョロ・・・

と イソヒヨくんがひょっこり現れ 岩陰を行ったり来たりと!
ちかい あまりにも近い (・ー・)

さきほどの画になるイソヒヨくんとは違う個体のようですが 
飛沫で出来た池?で おもむろに水浴び・・・ 潮水浴びをしているではないですか!

画像は潮水浴び後に羽づくろいをしているところです。

が 曇ったり夕暮れ時になったり強風が吹いたりブレブレひどすぎで
全然羽づくろいの雰囲気がないシーンしか残っておらず・・・


0700.jpg
機材条件同上 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪

トビさんが・・・ 相変わらず何を狙っているのかわかりませんが(笑)
フラー フラー と風に身を任せて飛んでいたり・・・

ほかにも ウミネコ? なんたらカモメ?さんたちがたまに横切ってゆきました。
景勝地特有?の松の木なんかにはカワラヒワさんが群で種子を食べているようでした。


0701.jpg
機材条件同上 600x800 ●クリックすると縦に大きくなります♪

帰り道にもまたイソヒヨさんが(笑)

ひとしきり歩き回ってみましたが ♂・♀・若をそれなりに見ることができました。

もしかしたら ここのイソヒヨさんは観光客の弁当の食べ残しなどで
人間に対する警戒心が薄れてしまっているのでは?と考えていましたが
近くで水浴び・羽づくろいをしていた個体以外は しっかりセーフティーゾーンを保っていましたね。


イソヒヨドリさんは ヒヨドリの名前が付いていますが 普段の行動からみてもツグミ科の鳥さんで
日本では磯(イソ)とはいうものの 学名が Monticola solitarius ・・・ 
Monticola とは山に住むという意味のようで 世界的には高山の岩石地帯に住んでいるようなんですよね。

確かに海沿いでは天然の岩場やコンクリートでできた人工建造物 内陸部では錆びた鉄骨やらダムやら
オフィス街や商店街やらと 岩好き? なのは共通しているようで 英名も Blue Rock Thrush ・・・
青い岩好きのつぐみん・・・ なのに なぜに磯ヒヨドリ??

日本の高山の岩石地帯・・・ 
といってもなかなか思い浮かびませんし もしかしたら行ったことがないだけかも知れませんが  
そういう本来いるべき場所?らしきところで一度も見たことがないんですよねぇ・・・

一度本来いるべき場所?で見てみたいものですが
日本のイソヒヨさんは 日本独自の環境に順応してきているのかも知れませんね。
そのうちムッくんのようにイソヒヨの群問題とか!? 


0698.jpg
FZ18単体 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪

そんなこんなで あちこちで出遭ったイソピヨたちに思いを馳せつつ帰路に就きました。

途中 横転事故渋滞でトップリ日が暮れてしまいましたが 観光地の夜景を眺めつつ
ヘンテコなナビ誘導に文句をいいつつ(笑) ひとまず無事に旅を終えることができました。





ココロで感じたら押してください・・・  thanks thanks

2008.04.24

0424


といった感じで 干潟シリーズも最終回・・・


0418.jpg
TSN-774 S80 TSN-VA2-CR+NKA 36xWFA 480x640
●クリックすると大きくなります♪


一日いると さすがに顔面真っ赤かのヒリヒリ状態(笑)
翌日以降は 当然ムケムケでした。


0419.jpg
TSN-774 S80 TSN-VA2-CR+NKA 36xWFA 600x800
●クリックすると大きくなります♪


似たような構図で時間帯も近いですが
露出や絞りなどを変えて撮るとガラッと変わりますね。


0414.jpg
TSN-774 S80 TSN-VA2-CR+NKA 36xWFA 600x800
●クリックすると大きくなります♪


コサギさんも昼間の雰囲気とは違って見えました・・・


0408.jpg
FZ18 手持ち 600x800
●クリックすると大きくなります♪


いつの間にやら 辺りに人はなく いよいよ夜間の部かっ! と思っていた最中の
「もう帰るよ~」(笑) という かいさんの声を聞きながら撮った夕暮れどきの干潟。


今回は観察よりも撮影ばかりしていたので 次回はじっくり 干潟 を観察したいと思いました。 
先に帰られた 漂鳥さん せせらぎさんとも 野鳥を取り巻く突っ込んだお話などができ
かいさんとはいつものごとく(笑)更に突っ込んだお話ができて とても有意義な干潟遠征でした。
 
例外なく やっぱり みなさん 鳥ばか でしたよ (^ー^)ノ

ブログ休止のかいさんは いつものごとく 散々ぼくの持論を聞かされて 
きっと元気になったと思います(爆)

また 機会があればご一緒できればいいなと思います♪
2008.04.23

0423

       
そんなわけで この干潟シリーズ もそろそろ終わりにしたいと思いますが(笑)
この子はたぶんダイゼンさんです。


0413.jpg
TSN-774 S80 TSN-VA2-CR+NKA 36xWFA 1024x768
●クリックすると大きくなります♪


お腹のあたりとかが黒く夏羽に変わってきているようでした。


0411.jpg
TSN-774 S80 TSN-VA2-CR+NKA 36xWFA 1024x768
●クリックすると大きくなります♪


これが夏羽です。
shin-1さんのブログ で ムナグロさんが紹介されていますが そっくりですね ^^
飛翔時の腋羽の部分が大きく違っていますが あとは上面の斑部分が白っぽいか黄色っぽいか。
大きさはダイゼンさんの方が幾分大きいようです。


0417.jpg
TSN-774 S80 TSN-VA2-CR+NKA 36xWFA 600x800

ダイゼンさんは ゴカイの類が好きなようで 引っ張り出しシーンをよく見ることができました。


0412.jpg
TSN-774 S80 TSN-VA2-CR+NKA 36xWFA 1024x768
●クリックすると大きくなります♪


スズガモさんも そろそろ渡去する時期でしょうか。
海岸に近いところに大勢でプカプカやっていました。


0415.jpg
TSN-774 S80 TSN-VA2-CR+NKA 36xWFA 1024x768
●クリックすると大きくなります♪


この子は スズガモさんたちと一緒にいましたが
ホシハジロの♀でしょうか。
カモさんにありがちな ハーフ(笑)かと思っていましたが・・・

ウトウトしながら 波に身を任せて浮かんでいました。


やっぱ次回が最終回だな (^◇^;)
2008.04.22

0422

        
この長い嘴が特徴の鳥さんは ダイシャクシギさんです。


0416.jpg
TSN-774 S80 TSN-VA2-CR+NKA 36xWFA 1024x768
●クリックすると大きくなります♪


分布を見てみると ユーラシア大陸中央部からスカンジナビア半島などで繁殖して
東南アジア インド 中東 アフリカ大陸沿岸などで越冬しているようです。
わりと広いですね。 日本では太平洋側で主に越冬しているようです。


0410.jpg
TSN-774 S80 TSN-VA2-CR+NKA 36xWFA 1024x768
●クリックすると大きくなります♪


海岸部では カニさんや貝類 ゴカイなどを食べているようですが
この日は カニさんをほじくりだしているシーンをよく見かけました。

うんしょ うんしょ♪


0407.jpg
TSN-774 S80 TSN-VA2-CR+NKA 36xWFA 600x800
●クリックすると大きくなります♪


今回 飛んでいる画はありませんが
陸にいる ヤマシギやアオシギの飛翔姿に似ている感じで
やっぱり嘴が長くてやっぱりアンバランスな感じ・・・

間違って折れでもしたら いうまでもなく淘汰されそうですね。


0409.jpg
TSN-774 S80 TSN-VA2-CR+NKA 36xWFA 600x800

夕暮れ時のダイシャクシギさん・・・
ホントに嘴を器用に使って 飲み込みやすいようにしてましたよ ^^
2008.04.21

0421

     
干潟には いろいろな鳥さんがいました。
が 昔覚えたことは とーんと忘れ なんだこの鳥・・・ だらけでした(笑)

0399.jpg
774 S80 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪ 

ミユビシギ・・・ 和名は 三趾鴫 といいますが
後指がないことから名付けられたようです。

残念ながら足がハッキリ写っているものがないのですが
一般的な鳥さんは 前指3つに後ろ指1つという足を持っています。
木にとまることはないにしろ バランスとか問題ないのでしょうか ^^


0400.jpg
774 S80 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪

ハマシギさんだと思いますが けっこうな数がいました。


0398.jpg
774 S80 800x600 ●クリックすると大きくなります♪

こんな感じで行ったり来たりしてました。
みんな同じ種類なのかは・・・ わかりません (^◇^;)
なにか他の鳥さんが混じっていましたら教えてくださいね。


0401.jpg
774 S80 600x800

せっせかせっせか 忙しそうに動き回っていました。
やっぱりゴカイとかひっぱり出していたようです。


0402.jpg
FZ-18 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪

FZくんの引いた画も・・・  奥に見えるのは ミヤコドリさんです。


0403.jpg
774 S80 600x800 ●クリックすると大きくなります♪

つぶらな瞳のこの鳥さんは シロチドリさんだと思います。

浜辺を テコテコテコテコ・・・ どこに行くのか検討もつかないような歩き方でした。
まさに 千鳥足 ってやつ?(笑)
2008.04.20

0420

     
なーんか ぼくたち違う気がする・・・

0405.jpg
774 S80 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪ 

でも 仲良しだもんね~  ネ~


0406.jpg
774 S80 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪

恥ずかしーから隠れちゃお~  ネ~
たぶん見つからないもんね~  ネ~
A/Fも全く利かないもんね~  ネ~



0404.jpg
774 S80 360x480

片隅に咲いていました。
どこか無機質な浜辺に彩りを与えているようでした・・・
2008.04.19

0419


というわけで 前回の続きですが
一日いたにしては どうにも キテル!画像 がありません (´ヘ`;)
やっぱり 撮り慣れない環境は難しいですね。


0393.jpg
774 S80 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪ 

久々にお目にかかった ミヤコドリさん (都鳥) です。

日本には 冬鳥または地方により旅鳥という扱いになっています。
冬場に越冬しにやってくるという鳥さんですが
以前 フィンランドの繁殖地の状況をTVで見た時
農耕地でケリのように抱卵している姿と 日本の干潟などで採食している姿のギャップ
が印象に残ってる鳥さんです。

図鑑には 貝やカニ ゴカイなどを採食するとありますが
農耕地などで迎える繁殖期にも やはり海の生き物を食べているのかな? とちょっと疑問に思いました。


0390.jpg
774 S80 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪

この日はカウントし忘れましたが そこそこの数が確認できました。
みんなで ワイワイガヤガヤやっていました。


0394.jpg
774 S80 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪

全部の画像を見直して やっとあった貝を咥えている画像・・・
英語名では Oystercatcher (オイスターキャッチャー)・・・ 貝取り名人って感じでしょうか。
今回は 貝のコジ開けシーン は見られなかったのですが 二枚貝を嘴を器用に使って食べるのだそうです。 
ひそかに ダイシャクシギさんにピンがいってるところは内緒です(笑) ・・・って誰に?


0395.jpg
774 S80 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪

天敵が現れたわけではないですが
たまに みんなでビュイーンと移動してました。

減光具合がひどいのと 絞りがアマイのが次回への課題でしょうか (-_-;



0396.jpg
774 S80 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪

正面に迫ってくる構図は難しいですね。
色も出ないし赤い虹彩も出ませんでした・・・ 
白飛び黒つぶれを意識しつつ単調な構図にならないようにするとか?
あー難しい鳥さんだぁ~


0397.jpg
774 S80 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪

大きさの比較できるものとして セグロカモメさんと思われる個体と比べてみると
手前にいるのに こんなに違いがあります。


次回も続きな予定です♪