ココロで感じたとりたち ~Great Nature&Birds~ | 機材など
  ♪明日はどんな鳥さんにあえるかな... fc2 blogranking blogranking
スポンサードリンク
  
2019.04.15

PC(Pinnacle RidgeとClark dale)のお話~自作編~


前回の修理編から時が経ってしまいました。

そもそもタイトルにある、Pinnacle RidgeとClark dale、これは一体なんなのか?
PC好きの人ならすぐにわかると思いますが、CPUのコードネームのことです。
販売店では、Core i7, Core i5などとスペック標記してありますが、それをもっと詳しく絞った名前です。
Pinnacle Ridgeは、今回組み込んだAMDのCPU、Clark daleは、この記事作成にも使っているかなりお疲れPCのCPUです。


1149.jpg


さて、今回長期間熟考して選んだパーツはこちら。
目的は、現像、動画処理用。静音重視、省スペース、低消費電力、メモリー以外定格で運用。
そして相性問題などが少ない無難な構成。


CPU:AMD CPU Ryzen 5 2600



本来であれば、インテルのi5 8400辺りを選びたかったのですが、昨年秋頃から突然品薄になりました。
昨年初め頃に騒ぎになった、Spectre、MeltdownというCPUの根幹部分に関わる脆弱性や企業向けが増えて市場のタマが減った
などと色々なことが言われていましたが、それからしばらくは品薄状態が続いていました。
最近やっと次世代モデルが出て来ましたが、なんとも割高すぎて選ぶ理由が見当たりません。
今回の目的からすれば、シングルコアの能力が高いインテルのものを選びたかったのですが、コスパを優先しました。
そのなかでも、TDP65W、付属クーラーでも安心な ”X” なし無印の2600が理想的と判断しました。


マザーボード:ASRock B450M Pro4




なるべく小さく、でも拡張性は必要、そして夏場の暑さにも耐えうる熱処理。
小型に特化したものでいえば、ベアボーンのDeskMini A300に、AMD 2400Gを積んだものがオススメです。
小さい筐体のわりに必要最低限の機能は備えており、インテルに比べてかなり強力なグラフィックを搭載したAMDのAPUを搭載すれば、
別途グラフィックボードも必要なく、4K動画処理は厳しいくらいで、現像などは容易にこなします。
ですが、やはり熱に対しては不安が残り、NoctuaのCPUファンを使ったとしても、夏場が心配です。
更に、拡張性がいまいちですから、今回はMicro-ATXサイズにしました。
その中でもASRock B450M Pro4は、グラフィックボードなしでも3画面出力が可能で、
特に不満が出る部分がありません。簡単にいえば、少々高いけど、鉄板ということですね。


メモリー:Ballistix ゲーミングモデル DDR4-2666 16GBx2 W4U2666BMS-16G


CFD販売 PC4-21300(DDR4-2666) 16GB×2枚 (無期限保証)(Crucial by Micron) W4U2666BMS-16G

こちらも無難なものを選択。
現世代のRyzenは、それほどメモリーに神経を使わなくて済むようになりましたが、
相変わらず、シングルランクの2枚構成が定格にしろOCするにしろ安定しています。
これはデュアルランクの16GBx2ですが、定格の2666MHzから2933MHzにOCしています。
他、細かい部分の設定には手をつけていません。
当初、同じ商品の8GBx2を使っていましたが、16GBx2に変更してみると、
サムネイル表示や現像ソフトの動作がはっきり違いわかるほど快適になりました。
16GBの4枚構成を試してみたいですが、私のようなそれほど大量に現像しないライトユーザーには、
4枚構成によるクロック落ちや安定性の問題、なにより費用対効果が望めないと思われるので、
この程度が最適でしょう。


ストレージ:
Samsung 850EVO(500GB)・Samsung 860EVO(500GB)・Crucial MX500(500GB)・CSSD-S6B960CG3VX(960GB)











 
本機を組むに辺り、一番考えたのがストレージ。
M.2 NVMeを使うか、M.2 SATAを使うか、2.5インチSSDを使うか。
これらの違いは別途ググっていただくとして、結論からいえば、2.5インチSSDを複数枚使うことにしました。
速度は文句なく、M.2 NVMeなのですが、割高、サーマルスロットリングによる速度低下、実用性が乏しい・・・
この中で、実用性のことを少しお話すると、たとえば、2.5インチSSDの中で、Samsung 860EVO(500GB)。
これは、今コンシューマー向けに販売されているSSDの中でも圧倒的にオススメできるもののひとつです。
ストレージのデータ転送速度を測定するソフトを使って計ってみると、以下のような速度なわけですが、


1152.jpg
※右上が860EVO、右下が850EVO、どちらも十分な速度が出ています。


これが、M.2 NVMeになると、シーケンシャル読み込み3000MB/s、書き込み2000MB/sなどという桁外れの速度になります。
シーケンシャル、ランダムの違いもググってみてください。
では、速度が桁外れなんだから、問答無用でM.2 NVMeを使えばいいじゃんということになりそうですが、
この速度を活かせるのは、大きなファイルの移動くらいなのです。
元々データセンターのサーバー用途などで威力を発揮するものなので、使えないことはないのですが、
OSやソフトの起動、処理などが劇的に速くなるわけではありませんから、2.5インチSSDで十分なのです。
マザーボードをスッキリさせたい、排他仕様ではないSATA端子を増やしたい、4K動画などの大きなデータを頻繁に扱う・・・
そんな方は、使ってみてもいいかも知れません。但し、先述したように、ヒートシンクなどで熱を逃がさないと性能低下します。


1151.jpg
※中央がCSSD-S6B960CG3VX(960GB)、右上がMX500、中央下が850EVO。
CFDのお安い960GBもなかなか・・・心配なのは、耐久性とデータが増えた時の速度落ちです。



この他に SanDisk Ultra 3D 500GB SDSSDH3-500G-J25 も手元にありますが、それは外付けケースに入れて出先でのバックアップ用として使っています。
今回は、システム用に850EVO(500GB)、いくつかのソフトと作業用、データの一時置き場にCSSD-S6B960CG3VX(960GB)
データ倉庫として、WD Blue WD60EZRZ-RT(6TB)を選びました。
近いうちにメイン機を更新する予定ですので、その時に860EVO(500GB)MX500(500GB)を使うつもりです。


グラフィックボード:ASUS NVIDIA GeForce GTX1050TI 4GB PH-GTX1050TI-4G



当初は10bit出力をさせたかったので、NVIDIA Quadroシリーズにしようと思いましたが、
10bit出力させることによる恩恵の少なさ、ソフトの対応状況やGeforceシリーズとの価格差が大きいわりにスペックが低いなどの理由でやめました。
本機の主な使用目的は、RAW現像、動画編集ですが、RAW現像に関しては、GPU支援のないソフトではスペックは無意味で、動画編集に関しても同様のことがいえます。
私は高価なソフトを使って高度な動画編集はしませんから、ミドルクラスの定番無難なもので補助電源なし3画面出力ができる ASUS NVIDIA GeForce GTX1050TI 4GB にしました。
今年に入ってからようやく落ち着いてきたとはいえ、マイニングブームで法外な値段まで上昇して、なんとか2年前くらいと同じ値段にはなりましたが、今でも全体的に割高です。
ですが、最新世代も出揃ってきましたので、旧世代を含めて正当な値段に戻る方向にはなってきていると思います。


電源:Corsair RM650x [80PLUS GOLD] PS805 CP-9020178-JP





自作PCに中で一番お金をかけてもいいと言われている部品です。
最近の電源は余程の粗悪品でもない限り、他の部品を巻き込んでの故障なんてことはないようですが、
それでも、それなりのものを選んだ方が転ばぬ先の杖と言えるでしょう。
今回選んだ Corsair RM650x は、高い変換効率の80 PLUS Gold、中程度までの負荷ではファンが回らない超静音動作、
必要なコネクターだけを接続できるフルモジュラーケーブルと不満点は全くありません。
容量はグラフィックボードのスペックやCPU、搭載するストレージなどによって変わってきます。
今回のSSDx2、HDDx1、1050Tiくらいでは、650Wはオーバースペックですが、
550Wとの価格差がほとんどなかったので、こちらを選びました。


ケース:Fractal Design FD-CA-DEF-MINI-C-WT-W



Define Mini C Windowシリーズ

ケースについては、排熱よりも遮音性、そしてコンパクトなものを探しました。
当初は両サイドとも吸音材入りのものにしようと思いましたが、サイドがアクリルガラスになっているものとの価格差があまりなかったので、
パソコン(PC-8801mk2)を使い始めて以来初の中身が見えるケース FD-CA-DEF-MINI-C-WT-W にしました。
それに伴い、排気用ファンを今風のピカピカ光る Corsair ML120 Pro に換えましたが、とにかく静かです。
定番のnoctuaのファンに交換しようと思っていましたが、BIOSのファン設定を標準で動かしても上記のもの、2個の付属ファンともに十分静かです。
ベンチマークソフトを走らせて負荷をかけても煩わしい音は全く聞こえません。(筐体までの距離凡そ3M・耳の高さくらいに設置)
ファンを追加したり、天板を外したりなどアレンジできるのも◎、付属品も◎、作り込みも◎、
5.25インチ、3.5インチベイが前面にないので、BD、DVDドライブなどを使いたい方は外付けになってしまいますが、
最近はOSのインストールほかUSBメモリーが主流になってきているので、どうしても必要という時だけサイドのパネルを開けてSATA端子に接続させて使っています。
小型といっても一般の方には邪魔な箱?というサイズではありますが、トータルで非常におすすめできるケースです。


1148.jpg


電源は最下段にありますが、カバーで仕切られているので、3.5インチベイとともに見えません。
これだけすっきりしていれば良好なエラーフローを得られるので、排熱処理も効率良く行われ、ファンも過度に回ることなく、
静音性も高まるでしょう。


1150.jpg


マザーボードの裏側はこんな感じで、2.5インチのSSDを3枚まで取り付けることが出来ます。
ただ、3.5インチベイや電源横の空間がありますから、実際はもっと増やせます。


1153.jpg


本機はRAW現像・動画編集機として、処理能力、費用対効果、省エネ、静音、満足感・・・それらを考慮して1月末に組みました。
それから3ヶ月弱、OS(Windows10pro)の問題はいくつか出ましたが、それ以外は非常に満足できています。
最近(2019/04/15)では、突発的にRyzen7 2700が20000円付近になったり、SSDやメモリーが順調に?安くなってきているほか、
Ryzenの次世代バージョン ZEN2 の発売が近づいていますから、新たに自作するには良い時期になってきていると思います。
メイン機を組んだ際には、改めて記事にしたいと思います。




いつもありがとうございます・・・thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ
Posted at | 機材など | COM(0) | TB(0) |
2019.02.23

PC(Pinnacle RidgeとClark dale)のお話~修理編~


今回は備忘録も兼ねたPCのお話。

3ヶ月ほど前からほぼメインで使い続けていたデスクトップの調子が悪くなった。
CPU、メモリ、グラフィックボード、SSD、USB3.0ボード、オーディオボード他、
マザーボード、電源、ケース以外は追加、交換しながら8年ほど主戦として無茶な要求に応え続けてくれた。
8年ともなれば、電源、マザーボードはいつ退役してもおかしくない。
それはわかっていたのだが、ここ最近のWindows updateには所謂地雷が潜んでいることが増えたことや、
エラー頻発のタイミングと重なることから、ひとまずその影響と考えていた。

具体的な症状として、突発的な BSoD(Blue Screen of Death)、ブラックアウトなど。
イベントビューアを見てみると、エラーの中に多数のKP41の姿があった。これはいよいよやっかいな状況。
KP41病とは、Kernel-Power 41、イベントビューアには ソース: Kernel-Power、イベント: 41と記述され、
詳細を見ても毎回内容が異なることから、Windowsの難病として多くの利用者を悩ませてきた。
ここまでこのマシンとWindows7proSP1との構成で、トラブルらしいものに遭わなかったのだが、
ポンコツ化してきた所有者同様、全体的にかなりお疲れぎみなので、引退も視野に入れつつ原因を探った。

イベントビューアを見ると、.NET Frameworkエラーの後に発症することが多い為、
まずは、過去に問題が出ていたWindows update以前にイメージから戻してみた。
その状態でしばらく安定していたので、あっさりクリアかと思われたが、3日目のスリープ解除後、
作業中にブラックアウト・・・ 面倒でもやはりバックアップは重要すぎると感じた。
その後は.NET Framework絡みを調べて消したり入れたり戻したりや、
電源周りの設定など内科的治療を一通りやったが、改善するどころか益々ひどくなっていった。
最高にひどい時では、ブラックアウトから数分でまたブラックアウト、その後すぐにBSoDなどと、
最早普通に起動だけしているのも困難な状態にもなった。
いよいよ外科的治療をするしかなくなったのだが、これも電源をしばらく抜いて放電したり、
メモリ、グラボの脱着をしたり、HDDやUSB機器を全て外したり、CMOSクリアもやってみた。
ここらで完治してくれよと思ったら、やはりしばらく経つとブラックアウトが発生・・・
ここまで来ると、電源、マザボ、メモリ、グラボという部品を交換していくしかない。


1138.jpg

まずは一番手軽にできるメモリ。Windowsの診断ツール走らせてみると、問題なしとの結果。
かなりの溜息である。残りの部品の中では、電源を移植してみるのが効果的かつ手っ取り早いのだが、
その前にもっとしっかりメモリを見極めたかったので、Memtest 86+をCDRWから起動。

※ Memtest86+ (CD/DVD版・USB版の2種類があります)
http://www.memtest.org/


1139.jpg

これはひどい・・・ 起動直後から真っ赤っか。
これで原因のひとつが明らかになった。
エラーアドレスから該当するメモリを引き抜いて再度Memtest 86+を走らせてみると・・・


1140.jpg

今度は平穏無事な結果に・・・
気分的に4GBx3の構成はむずむずするのだが、それでもデュアルチャンネルでは動作しているし、
なにより4GB分が減ったはずなのに、負荷をかけても全体的に動作が軽く安定しているので満足。

その後はここまで一度もブラックアウトやBSoDは発生せず、イベントビューアを見ても、深刻なエラーはなし。
どうやらこのまま無事に安定してくれそうだ。
長かった・・・ 引退させてもよかったが、まだ十分にあれこれこなせる能力はあるので、もう少しがんばってもらおう。

といいつつ、RAW現像や動画編集目的ではかなり厳しいスペックなので、久々に1台組んでみました。
次回はそのお話です。


いつもありがとうございます・・・thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ
Posted at | 機材など | COM(0) | TB(0) |
2012.07.04

Canon Power Shot S100のレンズエラーについて

Canon Power Shot S100のレンズエラーについての記事を情報ブログの方に載せました。

お使いの方はのぞいてみてください♪



thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ
Posted at | 機材など | COM(0) | TB(0) |
2012.02.17

Windows Vista・7 サポート延長!?

他の事を書こうと思っていたのですが、ちょっと興味深いホットな(笑)情報があったものでご紹介します。

以前、PCのOSのお話をしたのですが、こちら<< 

その際、  Windows Vista Home Basic     2012/4/10
      Windows Vista Home Premium   2012/4/10
      Windows Vista Ultimate       2012/4/10

と、Vistaの上記バージョンをお使いの方は、春にはサポートが切れますよー 気をつけてくださいねー(´-`)
ってなことを書きましたが、どうやらそのサポート期間が延長になったらしいです。

http://support.microsoft.com/lifecycle/?c2=11732  (Vista)

http://support.microsoft.com/lifecycle/?c2=14019  (7)

上の情報からすると、

Windows Vista の全エディション、2017/4/11 まで延長サポート

Windows 7 の全エディション、2020/1/14 まで延長サポート

となるようで、XPのユーザーの方の変更はないのですが、Vistaの上記3バージョンをお使いの方は、
そのまま2017年までWindows updateなどで引き続きサポートを受けられるようです。

恐らく、まだ情報が行き渡っていない段階で、確定した情報かは不明ですが、

現在、サポート切れをひかえたVistaを使用中で、買い換えを検討中の方は、しばらく様子を見てからの方がよさそうです(^^)

これが確定事項なら、今年発売になるWindows8はちょっと厳しくなるんじゃないのかなぁ・・・

Vistaの利用者さんにも 8 に換えて欲しいM/sさんからすれば、今回の措置はどういう思惑があるんだろう。




 ほぉ と思ったら押してください・・・  thanks thanks

Posted at | 機材など | COM(0) | TB(0) |
2011.10.16

ゆずりまーす♪

S80のサブ機としていた IXY1000 ですが、S80が故障することもなく出番がありませんでした。
結局セッティングと試写だけでS95導入とともに手放すことにしました。
もし、欲しい方がいらっしゃいましたら、右端の欄の下の方にメール欄がありますのでご連絡ください。


0879.jpg

前のオーナーさんは知り合いで、あまり使っていない状態のものを譲り受け、
私も上記のようにフィールドでは一度も使っていませんので、トータル撮影枚数は少ないと思います。
(おそらく画像ナンバーから2000枚くらい)

セット内容~ IXY1000本体(添付品含む)、ブラケット(BR-IXYsu、カメラ装着調整済み)、カメラアタッチメント(TA-W1)
互換バッテリーx4(状態は不明)、液晶フィルム、カメラ本体の5年保証 2012/6/10まで。


カメラ本体の動作は、私が動かした感じでは問題ないと思います。
カメラアタッチメント(TA-W1)は、セットとは別に後から入手してほとんど使っていませんのでまさに新品同様です。


0875.jpg

ブラケットを付けた状態でのカメラ本体には大きな傷はありません。小傷の類も私の見た感じではほとんどありません。
液晶モニタ部は傷がありますが、これは前のオーナーさんが貼ったフィルムに付いているものですので、
気になる方は、付属の新品フィルムに貼り替えれば問題ないと思います。
レンズ部も私が見た限りでは塵、埃などの混入はないと思いますが、詳しいことはわかりませんのでご了承ください。


0876.jpg

ブラケット(BR-IXYsu)は、でじすこやさん で調整したものがそのまま付いている状態ですので、
もしかすると、外した時にカメラ本体に傷がついているかも知れません。


0877.jpg

ブラケット(BR-IXYsu)も大きな傷、小傷もほとんどないですが、画像のように三脚ネジに傷が出来ています。
使用には問題ありません。(前オーナーさんによりますと、でじすこやさんにてブラケット装着時からのものだそうです)


0878.jpg

全体的には年数が経っているわりには、かなり綺麗なものですが、なにせ光学系には疎いもので詳しいことはわかりません (^_^;)
もし、なにかご質問があればご連絡ください。私のわかる範囲でお答えできればと思います。

中古品特有の使用感があると思いますので、気になさる方にはオススメできません。
基本的にはノークレーム、ノーリターンでお願いしますが、こちらに瑕疵があると思われる場合は丁寧に対応させていただきます。


ということで、本当はサブのサブくらいでキープしておきたかったんですが、
定期的な通電だけで防湿庫でお休み状態ではかわいそうなので、どなたかに使っていただければと思いやむなくサヨナラすることにしました。

ご興味のある方はご連絡ください。
あ、肝心のお値段の方はご相談ということで、よろしくお願いいたいます。
Posted at | 機材など | COM(0) | TB(0) |
2011.10.10

あえて Canon S95

まずは、相変わらず超不定期更新にもかかわらず、ポチポチ応援してくださるみなさん
いつも本当にありがとうございます m(_ _)m

トシなんですかねぇ・・・ なんていうと、この世界ではぼくより上の方々が多いわけで、
若いのに何を言ってるんだ! などと怒られてしまいそうですが、どうにも持病が一向によくなりません (´ヘ`;)

などとぼやいている間に今年もふと気づくとすっかり秋・・・

いつも通りヒヨさんの集団が渡ってきて、静かだった早朝の景色から一転
柿の木やTVアンテナの上での大絶叫(笑)で目を覚ましたり、物真似モズ子のアンテナ巡回も始まりました。

さて、愛機S80弐号機なんですが、一体何周して何万枚写してんだよって状態で、
写し出された画もキレがなくなってきた(老体にむち打ちすぎ 笑)ので、次はどうするか?と考えていました。

デジスコに使えそうなもので、S80と同等かそれ以上のパフォーマンスを発揮するもの・・・

Canonでは S95、S100?、NIKONは NIKON 1 V1・・・
このなかでも S100は国内発表もまだですし、以前の記事にも書いたようにCCDからCanon製CMOSに変更になったり、
5倍ズームになったりなど、どうやら S95 以上のトータルパフォーマンスは発揮してくれない感じ。
また、たーぼ♪さん が話題にもされているミラーレスな NIKON 1 V1 も、全体が長くなり取り扱いが悪そうですし、
なによりカメラ本体が高い! 

というわけで、これから先何年かお世話になるカメラを S95 に決めました。




少し前から底値だろうラインをウロウロしていて、いつものごとく新型発表後、恐らく大した値落ちもしないまま消えてゆきそうですから、
次機としてお考えの方は早めに確保された方がいいかも知れませんね。
それにしても S80 に比べたらすごく安いですね (^^)


0871.jpg

いやぁ 調整がS80ほど簡単にはいきませんでしたので、かなりの時間をかけて弄りましたが、
でじすこや近さん、冨野さんのオススメ設定ではなく、Turbo Adapter P2究具04VCA-1を最短にして
BR-S95 を微妙に調整しての繰り返しで、2ステップ目からテレ端ひとつ前まで一部周辺減光が出るものの
なんとかほぼ全域カプラー類無調整で使える感じになりました。

さすがにテレ端はレンズ衝突してしまうので、究具04VCA-1で微妙に距離をとる必要がありますが、
色々試写してみた感じですと、S80より解像感が乏しいので、使う機会はあまりないかなと思います。


0870.jpg

S95は、慣れのせいもありますが、S80ほどデジスコにおいての使い勝手がよくありませんので、
電源ボタンに突起物を貼ったり、操作系ボタンにも滑り止めの為のステッカーを貼ったりなどと
いつものようにあれこれ使いやすいように工作しました。

いつもは自作モニターフードでしたが、今回ははじめて使う HD-30WMC(近さん仕様)を
これもまたいつものように他号機にも使い回せるようやっつけ改造(笑)

S80のショボショボモニターに慣れているせいか、S95 の3インチ高画素モニターだけでもピントの山クッキリですが、
それに HD-30WMC(近さん仕様)を付けるとマニュアルフォーカスでもかなり歩留まりがいい感じです!

そんなでじすこやさんの近店長が9月いっぱいで引退されてとても寂しいです・・・
近さん今まで色々ありがとうございました m(_ _)m 

といったわけで、ひとまずこの仕様でフィールドで試してみようと思います。
が、なかなか行けそうもない感じなので、そのうち近所の柿の木にやってくる鳥さんでもアップできたらと思っています。





いつもありがとうございますm(_ _)m ・・・  thanks thanks


Posted at | 機材など | COM(8) | TB(0) |
2011.09.16

PowerShot S100登場!?

まーたすっかり真夏の陽気になってしまいましたね (´ヘ`;)

今年も長い夏、短い秋が過ぎてすぐ寒くなりそうな感じ。
持病の方も依然芳しくないです・・ トシとともに悪化してる感じ・・・


さて、ぼくがメインにしているコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)ですが、
酷使していてヘトヘトな?CANONさんのS80の後継 最新モデル がアメリカで登場したようです。


0869.png

詳細は、 こちら や こちら

S100はすでに海外で使われている型番だったので、次はどうなるだろうと思っていましたが、
そのまんまでしたね (^_^;)

適当翻訳(笑)によると、現状モデルの S95 とは外観は似ているものの撮像素子をはじめ、
レンズやエンジンなどは全く新しいもの ということのようですね。

リンク先を見ていただければわかりますが、
レンズが24~120mm、キヤノン製1/1.7型CMOSセンサー、1210万画素、DIGIC5エンジン・・・
と、色々変わっています。

秒間コマ数が2.3枚とアップしたことやバッテリーパックもNB-5L2になっていますね。

作例を見ていないので画質がどんな感じなのかわかりませんが、
それよりもこのスペックで果たしてデジスコで使えそうなのか? そこのところが一番知りたいですね。





             thanks thanks

Posted at | 機材など | COM(0) | TB(0) |