ココロで感じたとりたち ~Great Nature&Birds~ | 2006年07月
  ♪明日はどんな鳥さんにあえるかな... fc2 blogranking blogranking
スポンサードリンク
  
2006.07.31

ラブラブ♪

川のとりさんが続くとお話しましたが、今日はキジバトさんに濃厚なシーン!?を見せつけられましたので、その画にします^^

●写真は全てクリックで大きくなります♪


20060731195911.jpg

ED82 S80 BR-S80 38XWFA
SS1/250 F3.5 EV-0.3 ISO50 800x600ちょとトリミング 


↑とっても仲良さそうです(*^_^*)
ちょっと人工物が無粋な感じですが 近所ということでご容赦をば・・・

20060731195734.jpg


↑見つめあう二人・・・ いや 二羽。

20060731195844.jpg


↑かなり濃厚ですね!(*^_^*)嫉妬心が芽生えます(笑)

20060731195828.jpg


↑キジオ・・・「いやぁ 照れるなぁ~」頭掻いてます。キジコは目がうつろです(笑)

20060731195803.jpg


↑更にイチャイチャは続きます・・・( 〃▽〃)ノ

こういう光景を見るとほのぼのします。
彼らは捕食される側として一瞬一瞬を生きていますが そんなことを感じさせないような仕草にニンマリでした(^o^)

キジバトさんはドバトさんと違って野鳥として分類されています。
姿形は似ていますが どこが違うかな? ・・・けっこう違いますよね^^
鳴き声も違いますよ! フォーフォー フォーフォー♪と繰り返し鳴いているのがキジバトさんです。
番(つがい)の交代はわかりませんが、1年中 番で一緒に行動するといわれています! やっぱり仲良しですね♪

森の中ではキジバトさんが血相を変えて!?木樹をぬって飛んでゆくシーンを見ますが 決まってオオタカなどの猛禽類が後を追っかけています。
キジバトさんは猛禽類(オオタカなど)の格好の食料となります。
キジバトさんは主に種子などの植物を食料とし わりと豊富にありますが 食物連鎖上位者の猛禽類たちは限られた肉食なのです。実は儚い生き物です。
キジバトさんなどがいるから彼らも生きてゆけるということですよね。

んー?・・・ このラブラブシーン・・・盗撮かも!? 笑

2006.07.30

業務れんらく~♪ フリー画面

また~りお知らせっ♪

この画の部分わかりますでしょうか^^

20060730204301.jpg


普段ここまでスクロールされないかな?
簡単なチャットができるようになってます。
どうやら FlashPlayer が必要らしいですが ぼくのはデフォルトで問題なかったです。
なんかついでに追加でツールバーまでチェックが入っていますが これは必須ではないので・・・いらんかな(笑)

そそ 要点は(^^ゞ
たま~にここにぼくの独り言が入ってます\(^o^)
曜日とか時間とかは決まっていませんが 何やら文字が書いてあるかもしれません・・・ 他の人かも知れませんが・・・
ブラッと寄ったときにチラリ☆見てくださいねぇ♪
もし 独り言が見れたらその日は何かが起きるかも!?

・・・当然毎日何かが起きてるわけですが・・・(  ̄ー ̄)ノ

ということで よろしくでーす!

あ、訪ねてくださった方どなたでも使ってくださいねぇ・・・FREEです。

            マグパイロビン
Posted at | 業務れんらく | COM(4) | TB(0) |
2006.07.30

カワさん比較

この画・・・↓の↓の7/28の努アップ(・o・) の画と比較してみるとどうでしょう。

20060729205656.jpg

ED82 S80 BR-S80 38XWFA
SS1/3 F6.3 EV-2.0 ISO200 中望遠域 1024x768おーきくトリミング 


●全てクリックで大きくなります♪


画像自体が別物なので ピントの甘さなどが違って比較にならないかもしれませんが・・・あ、距離はほぼ同じです。
やばっ・・・ISO200って・・・(´ヘ`;)これでは比較にならないですね・・・
あまりにも暗い場所でちょっと動きのある画を狙おうと増感しちゃった画の続きだ・・・
でも まっ いいかっ!(笑)
この中望遠のおーきくトリミングはちょっと不自然に見えますね。
解像感が無理矢理創出されているように見えますね(>_<)
ノイズ除去によって立体感も失われているように見えます。→増感しすぎで過剰なノイズ除去になっている模様・・・
ちなみにこの画は ノイズ除去してシャープネス処理強めです。
嘴のノイズも気になります(>_<)
ただ E7900の画をトリミングすると更に厳しい画になります。

WEB用としては見られる方でしょうか・・・


オリジナルはこちら↓です^^

20060730011753.jpg


やっぱりノートリが一番自然な感じに見えますね!

ドあっぷを撮りたいとき・・・ 
低倍率接眼レンズ広角側で引いて後にトリミングするか テレ端付近までズームしてオリジナルを使うか 高倍率接眼レンズを使って広角側で撮るか・・・
少なくともテレ端付近使用ではSSが出ないし 高倍率はブレがモロですからその辺りは厳しいですよね。
どかーんとトリミングすると被写界深度が深くなって画面全体にピントがきているように見えますね。
他にも当時の環境などいろいろ良し悪しはあると思いますが はてさてどうなんだろ・・・(´〇`)
まぁ また~り考えよう・・・

 
2006.07.29

↓枝かぶりの画・・・

これ実は最近では一番気に入ってる作品です^^

狙って撮った?とまではいかないのですが 枝ぶりが気に入ったので奥にとまればちょっとイイ画になるかも!?
と思って待っていたらとまってくれました(^o^)

広角端から数ステップと記憶していますが F7.1と絞って撮ったのでどうにかピントが顔だけはきているようですね。
それでもオリジナルは納得できるピンではなかったですが・・・顎の羽がつぶれてますよね・・・

ちなみにレタッチは レベル補正でやや暗くして ノイズ除去とシャープネス処理してます。

こんなちょっと芸術的な!?画がどんどん撮れるようになりたいッス\(^o^)/
2006.07.28

また~りヾ(´ー`)ノ  川のとりさんが続きます・・・

しばらく川のとりさんが続く予定です^^  ・・・ひとりごと?などを添えて・・・笑


20060728171716.jpg

ED82 S80 BR-S80 38XWFA
SS1/13 F7.1 EV-2.0 ISO50 ノートリ1024x768 ●クリックでおーきくなります♪



川に行って思うこと・・・ゴミがおおい。
これは川に限ったことではないけど 川上や近くに大きな町がないところでもゴミは目立つ。
殺風景な街中より美しい自然のなかで見るゴミが目立って見えるからかな・・・
地元のひと キャンプ客やぼくら自然のなかに入り込む人間のマナーが悪いのは相変わらずのようだ・・・

とくに釣り糸が目立ってしまう。
幸い 糸にぶら下がったまま哀れな姿を晒している光景には出くわしたことはないけど
体に巻きついた糸を引きずりながら飛んだり 歩いたりしている姿は何度か見ている・・・
人間が介在しない自然のなかの事故もあるとは思うけど こと人間がモロに関係している事故は申し訳ないという言葉以外見つからない(>_<)
釣り糸が木枝にひっかかるのはしょうがないとは思うけど その後の処理まで考えて行動に移してはじめて楽しむってことじゃないかな・・・






2006.07.28

努アップ↑

川のカワセミさんです。
都市公園と違ってフィールドが広大なので なかなか来てくれませんが
来てくれたときはうれしいさ倍増です^^
♪ちー ちー と遠くから鳴き声がするとワクワクですね。
水面スレスレを弾丸のように飛んでくる姿はすごく美しいです。


20060728032305.jpg


ED82 S80 BR-S80 38XWFA
SS1/2 F6.3 EV-1.7 ISO50 テレ端ワンステップ手前 ノートリ1024x768
●クリックでおーきくなります♪


テレ付近ですが・・・まだまだ解像したりないですね・・・努力です^^
2006.07.26

レタレタ

きのうの気持ち悪さはどうやら問題なかったようです・・・(^^ゞ
しかし・・・きょうは夏本番という陽気でしたねぇ・・・こちらは関東です。
でも また明日から下り坂という予報(>_<)

と話を戻して
きのうのお話ですが、ぼくの撮影のアドバイザーであるKさんから
ちょっと手ー抜きすぎじゃないのー! と? いうご指摘 アドバイスを受けましたのでヘタなレタッチを紹介します^^

まず その前にレタッチって必要なの? という疑問がありますが
PC Web上ではやった方がより素敵な画になると思います。
初めて画像処理を教えていただいた 冨田さんがおっしゃる 「レタッチは眠っている情報を引き出してやる作業・・・」という言葉が一番わかりやすいかなと思います(^^♪

言うまでもなく オリジナルが上質であれば レタッチしなくても全く問題ない・・・かえってレタすることにより荒れる のでそれに越したことはないのですが 
ぼくのようにトコトコ歩き回っているところにいきなり出現してGETするスタイルですと撮るのがやっと
・・・腕の悪さはもちろんですが(^^ゞ ですので後からのレタ前提という感じで撮っていることが多いです。

ただ プリントするとなるとレタッチの粗がモロに出ますので やはり上質なオリジナル画像を撮るに越したことはないですね^^


それで今回のクライアント?ですが こんな画でした。

20060726203557.jpg

1024x768 ●クリックでおーきくなります♪

この画はシャープネス処理をしただけの画です。
自然な感じですが、いまいちカワセミさんのインパクトが欠けているような気もしますね!
そこで Kさん の「もうちょいコントラスト強めで全体は暗めの方が更に引き締まりそう(^^)」の言葉どおりやってみようと思います(笑)


まずレベル補正で 明るさの調整です。
左シャドウ部と右ハイライト部の情報がない平な部分をスライダーを使って山のすぐ麓?まで削ります。
こうすることにより明暗のハッキリした画になります。
プレビュー画面を見ながら「不自然でない」くらいほどほどに調整します。
ハイライト部はやりすぎるとすぐ白トビしちゃうので注意です!
中央のスライダー(中間調)はやや右に移動すると画が締まります。

20060726203529.jpg


ヒストグラムを見て 白トビがあれば右ハイライト部右端に山ができ、黒つぶれがあれば左シャドウ部左端に山ができます。
この画を見ると どちらもありませんのでほぼ適正露出ではないかと思います\(^o^)/


次にコントラスト調整で更に明暗をハッキリさせます。
これは必要ないかもしれませんが ちょっと大げさに画を作ってみます^^

20060726213601.jpg



更に彩度を調整してこれまた大げさ?にインパクトを与えます(笑)
でも 全ての処理でいえると思いますが やりすぎるとドンドン本来の自然な感じから遠ざかってしまいます。

20060726203502.jpg



そして最後にシャープネスをかけると同時にリサイズします。

20060726203433.jpg


1024x768と大きめなサイズですから シャープネスを強めにして データ容量制限がない! のでクオリティーを上げ気味にします。
あ・・・ ぼくのデスクトップをチロっと見せちゃいました(^^ゞ

と ハイできあがり♪

20060726203619.jpg

1024x768 ●クリックでおーきくなります♪

いかがでしょう?ちょっと引き締まりすぎたでしょうか(笑)
レベル補正のあとにトーンカーブ補正で細かい調整をすると更に?出来がよくなったかも知れませんね^^ 
シャープネス処理の前にノイズ除去をすることが多いのですが 今回はISO50でノイズも少なかったのですっ飛ばしです(^o^)

フォトショップを使っていますが まだ他にもたーくさん手段はあると思います。
あと モニターの調整とかしていないのでみなさんの画面ではどう映っているか疑問もありますが
2台の液晶でおかしくない範囲(笑)でレタしているつもりです。

そんな感じでした・・・ ねっ! Kさん!




2006.07.26

il||li _| ̄|○ il||l

今回は某板でKさんよりアドバイスいただいた画をレタッチしてお見せする予定でしたが・・・

ねむい・・・ 

おまけにちょっと日が経った寿司を気にもしないでパクパクしたら

きもちわる~(ToT)


ということで先延ばしです。

おやすみなさいませ。。。


Posted at | ひとりごと | COM(0) | TB(0) |
2006.07.25

☆祝☆1000かうんと\(*´∇`*)/自画自賛(笑

えーと
どうにか1000カウントを迎えることができました(^^ゞ
半分くらい自分でポチポチしたような?

チラッと?でも寄ってくださったみなさんにココロから感謝します。
こんなに情報が溢れている世の中で みなさんの貴重なネットサーフィンタイムを ぼくのブログに割いていただけることだけですごくうれしいです。

これからもコツコツマイペースでやっていきますので チラッとでも寄ってくださいね!
それから コメントなどは遠慮なく残していって欲しいなと思います(* ^ー゚)ノ まったり一生懸命レスします♪


20060725022120.jpg

ED82 S80 BR-S80 38XWFA
SS1/250 F5.6 EV-0.7 ISO50 1024x768トリミング ●クリックでおーきくなります♪



1000カウントの画はどうしよう?かと悩んだのですが、なかなか思い浮かばず・・・

エヘっ♪ というなんか うれし恥ずかしいような? ポーズが今の心境にマッチしたので ヤマセミさん にお願いしました(^o^)
こんなあどけない仕草がずーっと見れますように・・・

今後とも よろしく お願いいたします。

                            マグパイロビン

2006.07.23

山の川のとりさん

というわけで 今日はしっかりとりさんをアップします(*^_^*)

●写真は全てクリックで大きくなりまうす♪

おなじみカワセミさん

20060723221914.jpg

ED82 S80 BR-S80 38XWFA
SS1/40 F6.3 EV-1.3 ISO100 1024x768ノートリ


わりと殺風景ですが、カワセミさんがいるとそれだけで華やかになりますね^^
公園などの人工?の止まり木とは違って趣を感じます。あ、人工の止まり木もあれはあれでいいとは思いますが・・・


こちらも同じ場所ですが、あたまがクルッと180度回ってます(゚Д゚≡゚Д゚)?

20060723221952.jpg

ED82 S80 BR-S80 38XWFA
SS1/40 F6.3 EV-1.3 ISO100 600x800ノートリ




カワセミさんはどんな風景でも映えます。撮る人がヘタっぴでも期待に答えてくれます(^^ゞ
ちなみにこのカワセミさんは♂です。
ハッキリ違うのが、下嘴で♂が黒、♀が赤っぽい色 です\(^o^)/
女の子は口紅をぬってるんだー と覚えれば簡単です♪

20060723222028.jpg

ED82 S80 BR-S80 38XWFA
SS1/60 F3.5 EV0.3 IS0100 1024x768ノートリ




こちらはキセイレイの若鳥さんですね。
全体に色合いが淡く、嘴もピンクっぽいですね。
キセキレイさんは、夏羽では雌雄の違いがあります。
ハッキリ違うのが喉元の色で、♂は黒色、♀は白っぽい感じで黒色がちょっと混じるものもいます。
都市公園から渓流など広く見ることができます。

20060723222058.jpg

ED82 S80 BR-S80 38XWFA
SS1/30 F6.3 EV-0.7 ISO100 1024x768ノートリ




こちらは白黒お団子です。 ちがう(^^ゞ セグロセキレイさんです。

20060723222152.jpg

ED82 S80 BR-S80 38XWFA
SS1/60 F6.3 EV-0.7 ISO50


セグロセキレイとハクセキレイってどこが違うの?とよく聞かれますが、確かに似てますよね^^
特に冬羽とか若鳥とかの話になるとゴチャゴチャになりますよね。
この時期(夏羽)では、眼の下 ほっぺた の部分が黒いのがセグロさん、
白いのがハクセキレイさんです\(^o^)/


20060723222351.jpg

ED82 S80 BR-S80 38XWFA
SS1/80 F6.3 EV-1.0 ISO50 1024x768おっきくトリミング


このセグロセキレイさん・・・実は生息域が他のセキレイの仲間と違って限られているんです。
ハクセキレイやキセキレイさんはユーラシア大陸など広く分布していますが、このセグロさんは ほぼ日本だけ・・・
日本だけの固有種といってもいいです。 ということで、世界的に見ても珍しいとりさん? だと思います!
日本で旅鳥という扱いで、出現すると大騒ぎになる?とりさんがいますが、同じように外国ででこのとりさんが見られたら大騒ぎってことですね\(^o^)/


20060723222310.jpg

ED82 S80 BR-S80 38XWFA
SS1/50 F6.3 EV-0.7 ISO50 1024x768ちょとトリミング



ということで、どのとりさんも近所の川原などで普通に見られると思いますので、あ!ホッペが白いからハクセキレイだっ!
とか口紅ぬってるから あのカワセミさんは♀だねっ!と知らない人に自慢してみてくださいね!(^-^)v
2006.07.22

山の川

前回の答えはもう少し先に延ばして・・・ ネタ詰まりを想定(笑)

今日は、山奥の川に行ってきました。
ということでまずはヘタな写真で無理やり涼んでください(^^ゞ

●写真は全てクリックで大きくなります♪


20060723010326.jpg

CANON S80 手持ち
SS1/4 F8.0 EV-1.3 ISO200 600x800ノートリ



馴染み?の下流で今日はどうかなぁ・・・ と思って行ってみると・・・ 
あ~(゚Д゚)・・・ いつものせせらぎが濁流になってる~
とてものんきに写真なんて撮ってる場合じゃないので後ろ髪をひかれつつ退散・・・
さぁ どうしよう! 
と適当にロケ地探し・・・まだなんとか水量が少ないところを見つけしばし撮影。
が、新しいロケ地なのでいつもと勝手が違って消化不良ぎみ・・・
地元の人?は待ってる目の前で石拾いはじめちゃうし(^^ゞ、BBQ部隊はちょくちょく来るし・・・
結局BBQの家族に場所を譲って さぁどうしよう・・・
と、思い立って奥地へ・・・

奥地はいいよな~^^ 人も少ないし水が綺麗だ~
けど・・・とりの姿なし。声もなし。  。・゚・(ノ∀`)・゚・。
早朝(4時出)からの寝不足もあって川の音を聞きながら眠ったとさ・・・

結局山奥で出会った鳥さん・・・キセキレイのみ・・・
その後川を見ながら走っていると むむ? なにやら獣のにおい(笑)よくよく見ると おサルさん♪
ふつーにガードレールに乗ってます(笑) 


20060723012845.jpg

ED82 S80 BR-S80 38XWFA
SS1/8 F6.3 EV-0.7 ISO50 600x800ノートリ



おかぁさんザルの下にチビザルもいましたよ^^
さすがに地元ではサルはいないなー・・・
鳥さんにはあまり出会えなかったけど、ビックリうれしい出会いでした\(^o^)/

次回は川の鳥さんの写真アップする予定です!

・・・ぜんぜん ココロで感じた 「とり」 じゃないじゃん!笑
Posted at | 風景 | COM(0) | TB(0) |
2006.07.21

みんなともだち♪

なにやら大勢でにぎわっていますが・・・
ここで問題でーす♪
この中には何種類のとりさんがいますかー???^∀^)ノ

20060721165633.jpg

ED? E7900 FSB1A 24XWFN
SS1/77.7 F3.2 EV-0.7 ISO100 800x600ノートリ
 ●クリックで大きくなります♪



とりさんは他の動物と違って? ちがう種類のとりさんたちと一緒にいることがけっこうあります。

カラの仲間(シジュウカラ、ヤマガラ、ヒガラ、コガラなど)やエナガ、メジロ、コゲラなどは1年を通して一緒に行動しているところが見られます^^

「混群」といわいれるものですが、このお話はまたじっくりお話する? として、
どうして一緒にいるのかな? などといつものように知りたくなります
(^o^)

いろいろ考えられるのですが、
たくさんいると 「眼」 が多くなるので、外敵を察知するのが早くなる。
たくさんいると 「食べ物」を効率よく見つけられる
などといわれています。

どんなとりさんがいるかわかりましたかー?
正解は次回に\(^o^)
当たった方にはもれなく・・・ どうしよ・・・ 

というわけでちょっと遊んでみてください♪


2006.07.20

ストレージビューワ

今日はぼくの使っている機材のお話です♪
DSCN8378re-s2.jpg

NIKON E7900
ちなみに画面が白っぽく見えますが、これ あとでお話する保護シールのせいと
下に敷いてある白いシートが写りこんでいるせいです。現物はとってもクリアーであざやかですよ\(^o^)/


ストレージビューワ・・・
なんぞや? どこの国の言葉だべ? などと思う方もいらっしゃるでしょうが
早くいえば、撮影機材のひとつ というところでしょうか。 超はやいー(笑)

巷で人気のPSPなどと似たようなものです(* ^ー゚)ノ
内蔵されているHDD(ハードディスクドライブ)に撮った画像をメディア(SDとかCF)を通して転送しちゃうんです!

最近のSDカードとかCFも大容量化してきていますが、
SDなら1~2Gが主流、CFもそのくらいですが、なんだか4G、6G・・・あげくに8Gまであるんですね(゚Д゚;)
今見てビックリ!価格もビックリ!

そんなわけで、今現在512Gx2、1Gx1を持っているのですが、800万画素コンデジでもちょっと遠出して一日撮影とかするとすぐいっぱい・・・
じゃあ メディア追加するか! といいたいところですが、SDノーマルスピード2Gでも¥13,000もしちゃう!
こんなちっこいもん? にそんなにバカスカ払っていられるかい!( ̄~ ̄) などとわけのわからないことをいいつつどうしようかと・・・

そこで、昔からちょくちょく気になっていた EPSON P2000 を思い切って購入しました。
上位機種にP-4000(80G)があって、最近になってP-4500(80G)が登場したおかげで、
やっとなんとか手が出る値段になりました。
お値段は¥39,800で某店のポイントがあったので更にお安くなりました^^

あれ?¥13,000で文句言ってたのに4万も出費ですか!・・・(^^ゞ
でも、2Gで¥13,000と40Gで¥39,800でデータ容量で換算するとどちらがお得か自明の理・・・

写真屋さん?はわりと多くの方が使ってらっしゃるので、あちこちのフィールドで見かけると思いますが、
とりあえずインプレッションをと♪

●いいところ・・・ とにかく大容量で撮っても撮っても余裕ありすぎ!
          あまった容量がもったいないから普段あまり読まない漫画をスキャナーでJPEG化してぶっこんでます^^ 
          それから、よくアルバムとかを持ち歩いている方を見かけますが、ぼくはこれに入れてます。  
          音楽も聴けるらしいけれど、まだ試してません。
          というか音楽専用のデジタルオーディオプレイヤーがあるので試すことはないかも・・・
          画質がいい! ほんとに自分で撮った画か!? と見間違うほど綺麗に表示されちゃいます\(^o^)
          PCに比べると持ち運びが楽♪
          転送速度も思ったより早くストレスがない。
          起動、終了が早いっ!

●わるいところ・・・ 外で使う電化製品全般にいえますが、バッテリーがないと動かない(ToT) モチがわるい。
           画面は綺麗だけど、日光が当たるとキラキラして見づらく、自分の顔が写り込む。 
           動画・・・AVIなどは全くダメ。DIVXなどはもってのほか。
           いろいろやってみたが、特定のもの?とコンデジの640x480までの動画はOK。
           操作は簡単だが、PCのような便利な機能が少ないので少々かったるい。
           フォルダの名前が日本語表示されない。ファイルの並び替えが反映されない?


と簡単なインプレッションでした\(^o^)



DSCN8389re-s2.jpg

裏はこんな感じ♪ スピーカーが見えますね。



DSCN8385re-s2.jpg

横はこんな感じ♪ ライターと比べて同じような厚さです。もうちょっと薄くてもいいかなと思います。



これはあったらいいよ! っていうのが、下の2つ。

DSCN8383re-s2.jpg



液晶画面に貼る保護フィルム・・・やっぱりフィールドではどんなもの?が降ってくるか
わからないし、貼らなくても簡単には傷が付く構造ではなかったけど、保険ほけん(*^_^*)
安心してハードに?使えます! でもこれも貼るのが難しい・・・
何度も貼れるタイプなので失敗しても貼り直しできますが、小さな埃がやっかいです。
小さなものがいつの間にか付いていて見た目は問題なしでしたが、よくよく見ると白いツブツブが見えます(>_<) 
慎重に貼ることをお勧めします!

それからもう一つは、予備のバッテリー。 
カタログには公称値が書いてありますが、思ったほど持ちがよくありません・・・
転送を何度かやったり、画面でピンの確認をしているといつの間にかLOWBATT(ToT)/~~~
ただの重い荷物になる前にチェンジチェンジです♪

あとは、車には変換プラグを載せているので、車で使うときはACアダプターを使っています。

まだそれほど長く使っていませんが、なんだかんだこの容量は魅力です!(^▽^)/
画面がすごく綺麗で、使い勝手も簡単!
ぜひお勧めですよ~♪  
 
・・・でも 液晶がよくできているので 帰ってPCで見てがっくり○| ̄|_ ってことも・・・





Posted at | 機材など | COM(4) | TB(0) |
2006.07.19

絶滅危惧種

少なくなっているブッポウソウ・・・

20060720023634.jpg

ED82 S80 BR-S80 38XWFA
SS1/50 F6.3 EV-0.7 ISO50 800x600すさまじくトリミング 
●クリックで大きくなります♪ 



環境省の「日本の絶滅のおそれのある野生生物」レッドデータブックによるとブッポウソウさんは絶滅危惧II類 Vulnerable (VU) で 絶滅の危険が増大している種 ということになっています。

細かく書くと

○絶滅 Extinct (EX)
○野生絶滅 Extinct in the Wild (EW)

○絶滅危惧 Threatened - 絶滅の恐れのある種
・絶滅危惧I類 (CR+EN) - 絶滅の危機に瀕している種
・絶滅危惧IA類 Critically Endangered (CR) - ごく近い将来に野生絶滅の危険性が極めて高い
・絶滅危惧IB類 Endangered (EN) - 近い将来に野生絶滅の危険性が高い

絶滅危惧II類 Vulnerable (VU) - 絶滅の危険が増大している種

○準絶滅危惧 Near Threatened (NT) - 存続基盤が脆弱な種
○情報不足 (DD)

などとなっていて
絶滅種ではいろいろ話題?になっているミヤコショウビンなどがいます。
野生絶滅で有名なのがトキさんです。
絶滅危惧IA類に分類されるのがコウノトリ、シマフクロウやノグチゲラ、カンムリワシなど
絶滅危惧IB類に分類されるのがヤンバルクイナ、イヌワシ、クマタカ、オジロワシ、オオセッカなど・・・ サンカノゴイやセイタカシギもそうなんですねぇ・・・

そしてブッポウソウが指定されている絶滅危惧II類では他に
ライチョウやアカコッコなど三宅島の固有種やアホウドリ、トモエガモ、オオタカ、オオワシ、ハヤブサ、チュウヒ、サンショウクイ、コジュリンやルリカケスなどがいます。

そうなんです 
全国的な保護の動きを聞くオオタカなどと同じカテゴリーなんですよね!

オオタカというと・・・識別しづらいケースがあるとはいえあちこちで見られる気がするのですが、ブッポウソウさんは身近な所では声すら聞けませんよね・・・(ToT)
うーむ・・・同じカテゴリーでいいのかなぁ・・・

といろいろなカテゴリー・・・枠の違いはありますが、少なくなっている鳥さんは1羽でも多く増えて欲しいです・・・



2006.07.18

消えゆく美しき鳥

ブッポウソウ・・・この鳥さんをハッキリ見たのはここ最近のこと・・・

みなさんは身近な都市公園や山野で見たことがあるでしょうか。
5、60年前にはわりと普通に里山などで見られたこの鳥さんは、近年他の鳥さんのご多分に洩れず環境の変化により激減しています。

●写真は全てクリックで大きくなります♪

ED82 S80 BR-S80 38XWFA
SS1/400 F6.3 EV-0.7 ISO100 1024x768トリミング

20060718184021.jpg



ブッポウソウさんてどんなとり?

ブッポソウ目ブッポウソウ (仏法僧)(Eastern Broad-billed Roller)
全長凡そ30cm・・・ドバトやキジバトと同じくらいの大きさです。
夏鳥という分類で、春に越冬地である東南アジア(マレーシアやインドネシアなど)から遙々子育てをしにやってきます。
今の時期はちょうど子育ての真っ最中ですね^^
どうやって子育てするかというと、各地方でいろいろ営巣の仕方に違いがあるようですが、
主に、里山などブナの木の洞(ウロ)や神社仏閣の杉などのご神木ですが、この鳥さんは自分で穴を掘れないので、キツツキの仲間が開けたものやムササビさんが住んでいたところを拝借して子育てします。
他にも最近では電柱に巣箱をかけたりして繁殖活動を促しています。


遠くの見晴らしのいい枝先で羽づくろい^^
ED82 S80 BR-S80 38XWFA
SS1/80 F6.3 EV-0.7 ISO50 800x600ノートリ

20060718202457.jpg



このブッポウソウさん 主に昆虫を食料とします。
雛に与えるものと自分で食べるものに違いがあるようですが、
トンボやセミ、コガネムシなどの甲虫、ノコギリクワガタ!?なんかも食べちゃいます(^o^)


見晴らしのいい樹のてっぺんで獲物を狙っています^^
ED82 S80 BR-S80 38XWFA
SS1/200 F6.3 EV-0.7 ISO50 1024x768ノートリ

20060718203916.jpg


この日は35℃を越えるという予報どおり鬼アツ!?でした(ToT)
時間が経つとともに陽射しが強くなり、ブッポウソウさんも口を開けて一生懸命体温を下げているようでした。
羽をいっぱい広げて羽の虫干し?のようなこともやってましたよ。
 

ED82 S80 BR-S80 38XWFA
SS1/25 F5.0 EV0.0 ISO100 1024x768トリミング
20060718211017.jpg


なにか・・・クワガタでしょうか。甲虫を咥えています。

ED82 S80 BR-S80 38XWFA
SS1/50 F5.0 EV-0.3 ISO100 480x640大きくトリミング♪で画像が荒れちゃってますね(^^ゞ

20060718211034.jpg


こちらはセミですね。ヒグラシを咥えています。

ブッポウソウの繁殖期の鳴き声は決して綺麗とか かわいい♪ 感じではありません(笑)
「グェ・・・グェッ!♪」というしゃがれた声です。

ちょっと目が怖い感じに見えますよね?宇宙人のような(笑)
これは大切な目を守るための薄い膜のようなものです。瞬膜といいます。
ブッポウソウさんは灰色なんですね!^^

ED82 S80 BR-S80 38XWFA
SS1/400 F6.3 EV-0.7 ISO100 800x600トリミング

20060718212058.jpg



ちょっとピンが甘く色彩もおかしいですが(^^ゞ
ブッポウソウさんは翼に薄い水色の斑があって飛んでいるときは目立ちますしとっても綺麗ですよ!
ブッポウソウの特徴の一つですね^^


ED82 S80 BR-S80 38XWFA
SS1/15 F8.0 EV-0.3 ISO50 800x600ノートリ

20060718212118.jpg



ED82 S80 BR-S80 75XWDS
SS1/15 F8.0 EV-0.3 ISO50 800x600ノートリ

20060718212953.jpg


これはかなり遠い写真ですね。背景に陽炎が出ています。
よーく見ると伸びのようなポーズですが、翼が長く見えませんか?
ブッポウソウさんは、とても長く格好いい翼を持っています。


こんなに綺麗なブッポウソウさんですが、一説によると いても全国で数百番(つがい)と かなり少なく、
いろいろなところで減少を抑える活動がなされているようですが、
やはり 里山のような環境の減少を止めること、そして蘇らせること が最終的には必要なようです。

こんなに美しい鳥さんがいなくなるのはとても悲しいです・・・
自分にできること・・・まず、みなさんにブッポウソウの現状を知っていただきたいと思いました。


もし、興味がありましたらいろいろな文献にあたってみるのもいいですが、月刊野鳥誌 BIRDER 6月号 にいろいろ詳しく載っています。
すでにバックナンバーですが・・・(^^ゞ あ、決して販促担当とかじゃないですよ(笑)


ということで、まだまだたくさんお見せしたい画があるのですが、
またの機会にということで・・・



2006.07.17

田圃のなかの白いとり

この時期たんぼは青い稲穂が風に揺らいでいる風景を見ることができます。

この日はあつーい陽射しが照りつけ 生き物たちも日陰でのんびりしてるだろうなぁ と思っていたら
青いたんぼに純白の羽・・・ コサギさんです♪

●写真は全てクリックで大きくなります♪

コサギ
ED82 S80 BR-S80 38XWFA
SS1/250 F6.3 EV-0.3 ISO AUTO 800x600ノートリ

20060717125918.jpg


コサギ
コウノトリ目サギ科 (小鷺)(Little Egret)
全長凡そ60cm 翼開長凡そ100cm
生息地域~池沼 川 水田 干潟など水場で見ることができます。

コサギさんは1年を通して本州から九州で見ることができます。
ただ、北海道は分布からはずれているのですが、実際はどうでしょうか・・・
ぼくの住んでいる関東地方では 年中どこでも見られるので当たり前に全国で見られると思っていましたが・・・


ED82 S80 BR-S80 38XWFA
SS1/400 F6.3 EV-0.3 ISO50 800x600ノートリ
20060717125939.jpg


とんぼさんと仲良くのショット^^
頭の後ろに何やら?見えますね! ピョローンと垂れ下がってます(笑)
冠羽といって繁殖期特有(夏場だけ)の羽が2本あります。
コサギ、チュウサギ、ダイサギの仲間の中ではコサギだけにあります。


ED82 S80 BR-S80 38XWFA
SS1/320 F8.0 EV0.0 ISO50 1024x768ノートリ

20060717130026.jpg


風が吹くと純白の羽が更に美しく見えます♪
飾り羽といって胸や肩、背中の羽が やはり夏場だけ長くなります。
嘴は黒く目元は黄色っぽいですね。
繁殖期は普通、目先が赤くなり普段黄色い足袋(足指)も赤っぽくなります。この個体は既に色が戻ってしまったのかな?^^


ED82 S80 BR-S80 38XWFA
SS1/640 F5.6 EV-0.3 ISO200 600x800ノートリ

20060717125959.jpg


狩の風景です。
ちょっとわかりずらいですが、足で水底をグリグリ揺すりながら? 獲物を追い出しているんですね!
そこをすかさずキャッチ(* ^ー゚)σ 真剣そのものでズンズン近づいてきます。

この時期(夏場)のダイサギ(2亜種)とチュウサギ、コサギの簡単な識別は
まず大きさですね(^o^)
ダイサギ>チュウサギ>コサギ 全長では凡そ90>70>60cm
ただ、距離があると人の目による大きさの判断もあてにならないのであくまでも目安です。

色の違い・・・嘴はダイサギ、チュウサギ、コサギとも夏場は黒色です。コサギに限っては冬場も黒色です。
婚姻色は、ダイサギが虹彩が赤橙色、目先が青緑色、チュウサギが虹彩は赤橙色、目先が薄緑色、コサギは虹彩はちょっと青味がかり、目先と足指が真っ赤になります。

他にコサギは頭の2本の冠羽が目立ちますし、婚姻色以外、周年嘴が黒く足指が黄色です。

とまぁ書いていてどんどんわかりづらくなってきたので(^^ゞこの辺にしときます。




2006.07.14

う~み~はひろい~な~♪ その5


浜辺は新しい命でにぎわっていましたが、渡りの途中で力尽きたであろうハシボソミズナギドリと思われる亡骸が数体うちあげられていました。

そういう姿すべてを含めて自然なのだと・・・
これから大空にはばたいてゆくもの・・・ 朽ちて海に還ってゆくもの・・・ その全てが美しく感じられました・・・

20060714215444.jpg


2006.07.14

う~み~はひろい~な~♪ その4

まだつづくのかー! とお叱りをうけそうな雰囲気ですが(笑)
まだつづきます(^ー^)

この夜は 銚子の民宿にもぐりこみました。
やーっとシャワー浴びれるよー
っと汗と潮でベトベトになった日焼けでヒリヒリする体にシャワーきもちいー(o^∇^o)

数年前・・・ インドネシアのとある孤島に行ったとき
バンガロー?のシャワー・・・ おいおい塩水かよっ!シャンプー泡立たないじゃん(笑)
というのを思い出し 日本はいいよなー´~`) と改めて思ったのでした・・・

缶ビールでみなさん程よく舌がまわり
早々にご就寝(‐ Δ‐ )ZZZ...

翌日は5時起きで コンビニでおにぎり買って昨日のところへ・・・
きょうも コアジサシさんたちが元気に飛びまわっていました。
ほか・・・アジサシ、ベニアジサシ、シロチドリ、ウミネコやウグイス、ホトトギス、コサギ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、
ヒバリ、ヒヨさんムクさんウさんなど・・・
あとは ハヤブサらしき猛禽類が獲物を捕らえてテトラポッドの影でムシャムシャしているようでした。

お昼前からは銚子へ移動してイルカウォッチングツアーへ・・・
悪天候でも船はなんとか出ました^^

銚子沖には年中とおして スナメリ っていうイルカの仲間が住んでいるの知っていました?
ぼくは 初めてだったのでワクワクでした!
みんな船酔い対策で薬を飲んでいたけどそこはヤマの男!・・・?  そんなもんいらねーよ!
でも海はけっこう荒れてるみたいですけど・・・

ぼくたちの乗ったちっこい船 フリッパー号! (笑)
あー・・・日曜の朝とかにやってたアメリカドラマを思いだす・・・笑
がんばれフリッパー♪

CANON S80
 IMG_0393-s1.jpg


でも思ってた漁船みたいなのとは違ってました^^

今回は永井くん愛用のEOS10Dと100-400のレンズをくっつけて人生初の船上飛びモノに挑戦!
ユラユラの船でファインダーのぞいて平気かー???
他にも20Dと5Dを持ち込み、600?も・・・こんな天気で大丈夫なのかなぁ・・・ さすが鳥ちゃん♪

で まず出迎えてくれたのは
オオミズナギドリさん
EOS10D 100-400
SS1/1500 F5.6 ISO200 800x600トリミング
 設定は???なので初期設定のままで(^^ゞ
20060714184211.jpg


水面スレスレを縦横無尽に飛んでいました。

沖に出ると案の定荒れてます(>_<)
ユーラユーラで時折雨も落ちてきてずぶ濡れ状態・・・
でも、カメラをかばいつつ ひたすら鳥さんをファインダーに入れることに夢中になってました(^^ゞ
大揺れの船上で落っこちないように体をかばいつつ マニュアルフォーカスでひたすら鳥さんを追っかけジャスピンを狙う・・・
スポーツかも? って思いました(^o^)

EOS10D 100-400
20060714194913.jpg


で 肝心のスナメリくんはと・・・ 
この日は背中を何度かちょこっと見せただけでサイナラ~
船長さんは一生懸命探していましたが 残念でした。

トビウオくんも飛んでいましたよ^^
一回の飛翔距離凡そ50Mくらいだそう・・・
けっこう飛ぶんですねぇ・・・でも 飛ぶっていうより跳ねてるっていう方が合ってるかも。

鳥さんもオオミズナギドリはよく見られましたが他のはいなかったみたいです。

とまぁ イマイチだったフリッパー号でしたが 揺られる船からの飛びモノ撮影は楽しかったです\(^o^)/
これがデジスコだとどうなんだろ・・・ 次回やってみてもいいかな!
2006.07.13

う~み~はひろい~な~♪ その3

閑話休題
ということで 海物語?の陸編はと・・・

その前に
メンテナンス担当のちびトロちゃんからの報告で
画像サイズをちょうどよくしました・・・ということです。
いかがですか?(^o^)



利根川付近の葦原に行きました。
普段ぼくのフィールドやその付近にはこのような環境がないので
ギョシギョシ・・・♪ ギョシ男くんとはちょっとちがーう!
声が聞こえてくるなりワクワクしました^^

この日見た鳥さん~ ヒバリ、コジュリン、オオヨシキリ、セッカ、
オオセッカ、チュウヒ、サギの仲間など・・・

あまり時間がなかったことと、イマイチ葦原の経験不足から
納得の画は撮れませんでした(>_<)
チュウヒも帰り際に出現したので、もっとじっくり観察したかったなぁ・・・

出現後すぐ
さすがに遠くのサギたちもあっという間に上空へ・・・
ノンビリ田圃の風景が殺気立った雰囲気に一変しました。

一見、なんだトビかぁ~ (笑)
という風貌でしたが、綺麗なV字で滑空していると・・・
おおっ! チュ チュ チュウヒ!じゃん! と感動(≧o≦)

ちなみに
チュウヒ(沢 狂/鳥)(Eastern Marsh Harrier)

環境などから、それほど識別は難しくないと思いますが、
翼開長(翼を広げた時の翼先から翼先までの長さ)が
110~130センチくらい、オオタカあたりと同じような長さです。
翼端分離枚数が5枚ですから、トビより1枚少ないですね^^
個体差が大きいので、はっきりした色合いはありませんが、
褐色味が強いのが多いようです。

チュウヒ 
ED? S80 BR-S80 30XWFA
SS1/500 F8.0 EV-0.7 ISO50 640x480大きくトリミング(笑)


20060713215827.jpg



コジュリン
ED? S80 BR-S80 30XWFA
SS1/125 F8.0 EV-0.7 ISO50 480x640 トリミング
けっこう遠いので、ED?では無理むり~な領域でした(>_<)

20060713215914.jpg


セッカ
ED? S80 BR-S80 30XWFA
SS1/125 F8.0 EV-0.7 ISO50 480x640 おーきくトリミング
これも遠すぎです(>_<) 厳しすぎます・・・

20060713215957.jpg



というわけで
短時間でしたが、普段近くでは見られない鳥さんたちに出会えたので
満足まんぞくでした!

でも・・・ 必ずリベンジしにいくぞ~! と帰り際誓ったのでした・・・

もう少しマトモな画を短時間でも撮れるように精進ですね・・・



2006.07.13

S80くんと格闘中!

と・・・
ふと思った・・・ 
S80にはカスタムモードのほか SS優先 絞り優先 プログラムオートがあるじゃんか!
普段カスタムモードしか使っていなかったけど
上の4つであれこれ状況に応じた設定を割り振ればいいのかも・・・
とりあえず
カスタムモードは ISO50 WB晴天 F6.3 -2/3段 くらいにしといて
ダイヤル2つ移動の
AV(絞り優先)は ISO100 WB晴天 開放 -1段 くらいにしといて
更にダイヤル2つ移動の
P(プログラムオート)は ISO100 WB曇天 -1段 にしてみよう(^o^)

こんな感じで使い分けが慣れれば 時間も短縮できる!!!
さてフィールドではいかに・・・

でも ちょっと面倒なのが
電源OFFにすると
ズーム位置 連写モードが初期設定にもどっちゃう(>_<)
でもこれくらいを頭にいれておけば けっこうイケるかも!!! 

Posted at | 機材など | COM(0) | TB(0) |
2006.07.13

ちょっと海物語から離れて愛機S80くん話へ・・・

DSCN8364-s2.jpg


ぼくも 大御所Tさん?の影響を受けてか(笑)
E7900からS80をメイン機にしたのですが、
まだまだ使い慣れずにいます・・・

E7900のときは、フルオートのような感じだったので
したくても何もできないのが幸いして?
とんでも写真(笑)はほとんどなかったのですが、
S80になってから露出などがシビアになって
あらら・・・真っ暗・・・まっチロなのが写っちゃいます(>_<)
E7900ならEV-0.7にしておけば空抜けなどでもなんとか画になったのですが
S80はこれっ!という常用適正露出?がないような気がします・・・
まぁ 普段カスタム絞り優先を使っているので
ISO 絞り SS 露出などが頭で整理されていない故の当然の失敗のような気もしますが・・・
今度フルオートで撮ってみよう(^o^)
いろいろ適正に対応してくれるでしょうか・・・みなさんはいつもどういう設定にしてますか?教えて欲しいです(o^∇^o)ノ


あと・・・なんかこの機体^^ 動作音がかなりうるさいんですよねぇ・・・
S80は個体差がけっこう激しいと D社のKさんがよくおっしゃっていましたが、
それにしても フィールドでスリープに入るときとか
ヌウィ~ン♪♪♪  とビックリするくらい大きな音で主張してくれます(笑)
ぼくも未だにビクッ! としますし、静寂に包まれたフィールドで
知らない人が微妙に反応しているのを感じます(笑)
ひとしきり撮りまくったら?早々に点検に出そうっと^^


相変わらず 偶然の出会いをGETするスタイルですので
1秒でも早い撮影体制を求めているのですが
最近 飛びモノも狙いはじめたので あれこれ忙しいです(^^ゞ
飛びモノだとISO100は必要だし 画質を求めると50がいいし・・・
歩留をあげようとすると絞った方がいいけどSSが出なときは開放方向だし・・・
そうすると再露出調整して・・・
あ・・・多くを求めすぎでしょうか・・・(^^ゞ よく言われます(笑) 




Posted at | 機材など | COM(0) | TB(0) |
2006.07.12

う~み~はひろい~な~♪ その2.1!?

はいただいまぁ 湾岸カッとんで戻ってまいりました( ´∀`)
首都高環状線内回り、湾岸線は特に異常なし。
が、どっかでオービスでも光らせているんじゃないかと内心不安(笑)
ふぅ・・・とんぼ返りは疲れますね・・・

ということで・・・どういうことだ?(^^ゞ
824Mはフローライトクリスタルレンズ搭載!なので?
ED?、82に比べて 像がくっきり色収差が少ないように感じました。
ただ、永井くんの接眼はプロトみたいで倍率とか???でしたが、
TA4は難なくついたのであまり考えなく撮ってみたものの・・・
広角側は全て周辺減光(>_<)
中域以降が使用可能域だったのでしょうか・・・( ̄□ ̄;)
ちなみに今回のスコープ比率・・・K社~6 N社~2 でした。
がんばれ~ ナイコン!

ベニアジサシとコアジサシ幼鳥
ED? S80 BR-S80 38XWFA
SS1/100 F8.0 EV-0.7 ISO200 600x800トリミング


20060712122827.jpg


コアジサシの雛は、他の種の雛同様 保護色になっていて
周りの色と同化して見つけづらかったです。 ゴミが多かったせいもありますが・・・
やはり同様に警戒心は薄く 知らない間に近くにきていることもありました。
親子に見えて親子じゃない写真でした(^o^) 

シロチドリ
ED? S80 BR-S80 38XWFA
SS1/100 F8.0 EV-0.7 ISO100 800x600ノートリ

20060712122705.jpg


おやおや~・・・ 獲物かな?・・・ こんなん大きいのは食べられないよねぇ♪

 

2006.07.12

う~み~はひろい~な~♪ その2

ということで1日目の続き・・・

この日観察できたのは、コアジサシ、アジサシ、ハジロクロハラアジサシ、ベニアジサシ、シロチドリ、ウミネコなどなど・・・

こんなところでした^^

S80 800x600
クリックで大きくなります♪

20060712121959.jpg


今回は途中電車移動もあったので、海撮影と知りつつ
ドタバッタンのしゅつど・・・ いや ED?を持っていったのですが
案の定距離があってモワワワワ~ン(>_<)・・・・・
ぼくの60?だけではないと思いますが、距離があると口径の差が歴然ですね・・・
というわけで 永井くんのKOWA TSN-824Mを度々お借りしました。

周辺減光は気づきませんでした(>_<)
ウミネコ TSN-824M S80 BR-S80
SS1/640 F8.0 EV-0.7 ISO100

20060712122537.jpg


っと仕事が入ったので この続きは夕方以降で・・・(^^ゞ
では いってきまーす♪

2006.07.11

う~み~はひろい~な~♪ その1

ということで
真っ黒ドカタ焼け?して 昨日帰ってきました。

え? どこに行ったのかって?
千葉と茨城の間らへん?です^^

とにかく鳥見鳥見鳥見・・・ あぁ鳥見(謎)
かなり忙しかったですが、まだまだ未開の海鳥さんをちょっとかじれてよかったです(^o^)

1日目・・・

前日夜に出動して
房総半島の先っぽらへんのちょっとした食堂(笑)で素泊まり・・・
床直だったので起きたらイタタタ~でしたが横になれるだけラッキー♪
朝食もろくに摂らずにフィールドへ・・・

最近は山と川ばかりだったので 海は久々でした。
フィールドに着いた早々 コアジサシさんやウミネコさんが大勢で休憩するやら話し合い? やらにぎやかな感じでした^^
周りにはサァーファーやら釣り人やら他の鳥見の方も何人かいらっしゃいましたが 営巣地は平穏そうでした(^o^)

コアジサシ ED? S80 BR-S80 30XWFA 800x600 ノートリ
SS1/320 F8.0 EV-1.0 ISO100 スポット測光 レタッチあり
●クリックで大きくなります♪

コアジサシ飛翔


今回は下見? ということで撮影はあまり納得できるほどできませんでしたが、飛びモノの練習はできました^^

それから一眼も借りてみました(^o^) 
せっかく600?借りたのに こんなんしか撮れませんでしたが
いい経験させてもらいました! 鳥ちゃん ありがとう♪
ちなみにものすごくガスってました。

EOS20D 600mm SS1/200 F5.0 ISO100 ノートリ
●クリックで大きくなります♪

20060711004241.jpg



コアジサシ EOS20D 600mm SS1/200 F5.6 ISO100 ノートリ

●クリックで大きくなります♪

20060711004213.jpg


とそんな感じの初日 海編でした(*^_^*)

・・・と おや? 19インチ画面ではスッキリしているけど
15インチ画面では画像にカブってますねぇ・・・ 
ちょっと小さくした方がいいでしょうか? ねぇ?かいさん どうです? ・・・とかいさんにふってみる・・・ 

2006.07.07

ああ~三宅がぁ~・・・(ToT)

というタイトルどおり
三宅島へ行こうと思ったら 台風でたぶん帰りの船がでんよ~ 
ということらしいので、変更して
茨城の海っぺたへ・・・
アジサシの類を見にいくらしい・・・らしい?
今回は 永井くんなんかと大人数で行ってきます^^
さぁ どんなのが見られるかなぁ・・・
コジュリンやオオセッカが見たいのが本音のねのね(^o^)

それにしても・・・持ち物が重すぎる(>_<)
電車利用もあるので 今回はED?くんの出動です!
82くんの練習ばかりしてたので最近眠りっぱなしでしたが、
こういうときは活躍してくれそう^^
重さは・・・雲台が軽くなる分かなり違う!

ということで 行ってきま~す♪
現地レポもできればしようと思ってます。。。

2006.07.07

モブログてすつ2

20060707004651
あれ?一つ目反映されたけど消えてる…なぜ!なぜなの~

0707
どうやら大丈夫そう・・・\(^o^)/
画素数を携帯に送るモード? に落としてアップしたら問題ないみたい・・・
ちなみにこの木はなんの木?(笑)だかわかりませんが、
イイ感じにポツンと立っていたもので・・・
これで出先からも送れるんだ! ・・・ あんま長旅なさそうだけども(^^ゞ


Posted at | ひとりごと | COM(0) | TB(0) |
2006.07.06

ちょっとコマーシャル(^^ゞ

2回目ですが、ちょっとコマーシャル?
ぼくが撮った画像は素人写真ですから もちろん収入にはつながりませんが・・・少しはつながってもいいような気も・・・(ToT)
あちこちで利用してもらおうと、いろんな団体に提供しています。

今回は、カラスくん。
某大学の特別講義で展示されました。
ぼくは講義を聞きに行っていないので、どういうものかお話できませんが、
昨今人間とのトラブルが起きているカラスくんとのトラブル解消法!?など 人間とカラスくんたちとの関わり方のお話だったみたいです。

カラスくんにも都市部で見られるものには2種類います。
嘴がぶっとくて額が盛り上がってるハシブトガラスくん。
嘴が細めで額もすっきりしているハシボソガラスくん。
他にも親戚に カケスくんやオナガくん、カササギくんやホシガラスくんなどがいます。
カワガラスくんもカラスっぽいですが、分類学上ちょっと離れているみたいですね^^

そんな彼ら・・・ハシブトガラスくんは昔は山間部などの森に多かったのですが、今ではゴミ置き場などで普通に見られますね。
なんでも食べる彼ら・・・人間が出す ゴミ に魅力を感じた結果でしょうか・・・。

簡単な識別は上のとおりですが、
声の違いもありますよ^^ 
かぁー かぁー ♪ と軽めな声は姿に似合わぬ ハシブトくん。
がーぎゃー ♪ と濁ったような声は ハシボソくんです。
聞き分けられない個体もありますから あくまでも目安です(^^♪

最近近所に毎日集まってきてます・・・ゴミが目当てと思いますが、
いないときは1年くらいまったく姿が見えないし、
どういうタイミング? でやってくるのでしょうね??? 教えて~ カラスくん(^o^)

右の奥にドあっぷで写ってるのがぼくの画です(^^ゞ
20060706141534.jpg


ハシボソくん なにか見つけた!ようです。
ED? S80 BR-S80 40XWDS SS1/60 F4.0 EV0.0 ISO100 640x480ノートリ
20060706141747.jpg


このあと、鶴見区役所 でひきつづき展示されています。
あ~もっと気合入れて撮ればよかった・・・(>_<)
でも、カラスって意外に警戒心強いと思いません?
特に山や森にいる個体はなかなか近づけませんね。

2006.07.05

はじめまして管理人のマグパイロビンです。
ブログは初めてなのでわからないことだらけ?ですが、ケセラセラでやってゆきますので よろしくお願いします。
野鳥のお話や画像、機材のことやお得情報? などいろいろ発信したいと思ってます♪

はじめにブログのお手伝いをしてくれるとろちゃんとちびとろちゃんを紹介しまっす!

この子たちは ボタンインコという種類の鳥さんです。
見たとおり綺麗なブルーなのでブルーボタンインコ♪
日本で作出されたといわれています。

なぜ?とろちゃん なのか?・・・
もう今年でとろちゃんは6年目になりますが、
うちに来たとき、ずーっとおどおどしていて動きが超スローだったからです(^o^) とろいから・・・そのまんま・・・
そんなとろちゃんも今では立派な おばさん!? になりました。

ちびとろちゃんは、4月にきたばかり・・・親が不明なのでどういう種なのか不明ですが、ブルーボタンとは違う感じ・・・雑種かな?
ちびとろちゃんもまだまだなんでも興味を示す時期。
いたずら盛りで困りものです!
そんなかわいいぼくの右手と左腕?です。


とろちゃんは人間でいうと40~50歳くらいかな(^o^)
E7900 640x480 トリミング シャープネス1(笑)
とろちゃんです^^


ちびとろちゃんはまだ3ヶ月です! どうぞよろしく♪
E7900 640x480 ノートリ シャープネス3 レタッチあり^^
ちびとろちゃんです^^


Posted at | ごあいさつ | COM(2) | TB(0) |