ココロで感じたとりたち ~Great Nature&Birds~ | 2006年12月
  ♪明日はどんな鳥さんにあえるかな... fc2 blogranking blogranking
スポンサードリンク
  
2006.12.31

ふりかえり...

ことしも残すところ あと数時間・・・
いろいろあった1年でした。

そんなわけでちょっと とりさんと過ごした一年を振り返ってみようかなと思います。

今年の冬・・・昨期の冬は全くの鳥枯れでした。
あまりにもいなすぎて 定例の探鳥会のネタを心配したものです...
そんななかでも モズさんなどはいつものようにナワバリを持って元気に飛び回っていました。
雪が降り積もった小枝に佇むツグミさんや ノスリさんがいましたね。

・・・ツグミさんたちやアオジさんたちが地上で忙しく食べ物探し・・・遥か北の地までの栄養補給に忙しい姿をよく見ました。
こんなに遅くまでいてへーキかなぁ と心配してましたね(^◇^;)
ウグイスのさえずり初認は幾分早かったように記憶してます。

5月初め 赤いお客さんが突然の来訪!
フィールドでもたしか初記録だったと思います。
その神々しい赤色にただただ見とれるばかりでした...

●写真は全てクリックでおーきくなります♪
20061231195110.jpg


アカショウビンさんの個体数などは はっきりわかりませんが それなりの数はいると思われます。
更にチャンスの少ないヤマショウビンさんも とある場所で師匠が偶然観察してました。
ヒヨさんなんかよりは遭遇する率がググーッと落ちますが
珍しいとりさんも人知れず実は身近なところに来ている 寄っているのではと思います。
ですから マイフィールドで地道に観察し続けていると 思わぬときに思わぬとりさんに逢えると思いますよ^^

でも 見つけてもできるだけそのまま胸にしまいましょうね(o^~^o)
やっぱり変わったとりさんは出来るだけ多くの人に見て感じてもらいたいですが
残念ながら 結果的にそれがとりさんにとってマイナスになることが少なくありません。
恐ろしいほどの情報流通の速さで ネット検索すれば珍鳥情報は瞬時にわかります。
実際ぼくもそのお陰でオガワコマドリさんを見にいきましたが...
みんなで仲良く鳥撮りも楽しくていいですが 彼らに及ぼす影響を考えた行動をとってゆかなくてはと思います。

新緑のころ・・・繁殖シーズンまっさかりのお山を登ってみると 方々から無数のさえずり・・・
あまりにも多すぎて何の声だかわからないのも困り者・・・(^◇^;)
その中でも一際賑やかなのが ガビチョウさん。
言わずと知れた外来種のとりさんですが ソウシチョウさんとともにお山のあちこちで見かけました。
コマドリやコルリを求めて彷徨い歩きましたが 鳴き声だけで姿なし・・・
そんななか 毎年これも声だけ聞こえるジュウイチさんをどうにか観察撮影できました。

20061231195133.jpg


標高は1500Mくらいでしょうか。ムンムンムシムシの中のデジスコ登山はなかなかでした(´~` )
時折訪れるスコールのような雷雨・・・その後 登山道を流れてくる濁流(笑)・・・
崖から落っこちそうになりながら どうにか姿を見つけるも 生い茂る葉の微かな隙間・・・
たかーい枯れ枝をランダムに流れる雲の切れ間を狙っての1枚でした。

半日ほど追っかけ観察しましたが 彼らにもどうやらナワバリがあるようで
ナワバリ内の同じ枝先を順々に巡回していました。
雲の切れ間と同じ枯れ枝に巡回してくるチャンスをひたすら待っていました。

彼らは托卵性のとりさん(他のとりさんの巣に卵を産みつけちゃう)なのです・・・
そう・・・まさに大好物(!?) コルリさんの声がいっぱい聞こえたところをナワバリにしていました。


夏まっさかり・・・夏鳥はオオルリさんをはじめとしてたくさん見ることができました。
オオルリ キビタキ サンコウチョウ ブッポウソウ ムシクイの仲間やフクロウの仲間など・・・
ヤマちゃんカワちゃんも灼熱の太陽の下じっくり一日中観察撮影してましたっけ (o^∇^o)ノ
いろんな小動物にも遇えました♪
繁殖期の暗い森では 普段なかなかじっくり見させてくれない ヤブサメの幼鳥 に出会えました。

20061231195148.jpg


この日もスコールのような大雨が度々あって 機材がやばそうな感じだったのですが
その後の晴れ間に願いを込めてジックリ待ったかいがありました!
暖かい時期 雨後には虫たちが一斉に活動しはじめるので それを追っていろんなとりさんたちもヒョッコリ顔を出します^^
まだ巣立って間もないと思われる ヤブサメさん・・・
動画もありますので そのうちアップしたいと思いますが
メチャかわいー声で「シシシジジジ・・・?」と鳴いてます( ^∇^)
SS1.00秒は暗い藪ではしょうがない速度ですが 運良く止まってくれました。


秋 冬と諸事情でなかなか思うようにとりさんに逢いにゆけませんでしたが
身近なところ・・・自宅周辺でも多くのとりさんたちを見ることができました。


というわけで ヤマちゃんカワちゃんの画はまた来年アップするとしまして
この3枚が特に印象に残ったかなぁ と思っています。

多くの森や川や海の仲間たちありがとー 来年もまたよろしくねっ!(*'-')b

                      マグパイロビン
Posted at | ひとりごと | COM(7) | TB(0) |
2006.12.30

今年の日が暮れる...

相変わらずどーも体調が不安定でして更新滞ってしまいました・・・
ごめんなさいですo(TヘTo)
ということで鳥見収めもできないまま新年を迎えてしまいそうです...

●写真クリックでおーきくなります♪
20061231015333.jpg

E7900単体 三脚使用 800x600

さきほど 17時34分~ 夕暮れの富士山です。
最近の富士山はとーってもキレイです^^
冬季の澄んだ空気のおかげでしょうか・・・
普段は雲隠れ(?)している富士山もドカ~ンと目の前にありますよっ!
あ ちなみにここは横浜ですが やっぱデカイです!

自宅窓からもそれなりに見えるのですが いろいろ邪魔ものが・・・
そこでちょっと歩くと遮るものがない絶好のスポットがあったりします( ^∇^)
富士山はいつ見てもうつくしい...



20061231015322.jpg

E7900単体 トラック通過で大揺れ橋使用(笑) 600x800

先日 東京ナイトクルージング・・・単なる首都高ドライブ(爆) の時の1枚。
レインボーブリッジです^^ 
手前 フジテレビのヘンテコ建物(?)が目の前にあるお台場
奥は芝浦方面で 見切れて東京タワーが見えない模様・・・゜゜(´O`)°゜
今気がついたのですが 橋下部分に船が通過中! ・・・ぼくの船はもっと小さいな・・・←大嘘(爆)

♪横浜湾岸~首都高レインボー経由でお帰り夜景ツアー・・・
けっこう見所ありますよっ!
今ならもれなくガイド付きです! 
でも ガス代と高速代はもねがいすますm(__)m 



20061231015300.jpg

E7900単体 640x480

とりサンタさんがクリスマスに届けてくださいました♪
ぼく・・・チーズケーキ好きなので 延々ちまちまチマチマ食べてます(爆)
やっぱココロがこもった手作りが一番やねっ!
みなさんには申し訳ないですが ウマすぎでした(o^~^o)
とりサンタさんありがと~ 来年もお待ちしていま~す♪



20061231015309.jpg

E7900単体 640x480

こちらも別のとりサンタさんから届きました。
とろちゃん&ちびとろちゃん そっくりなブルーボタンバッジ☆です!
こんなのがあるんだなぁ とビックリな逸品です(o^~^o)

やっぱりとりサンタは見ててくれてたんだなぁ...(*'-')b
クリスマスイブは確か・・・友人サンタの子供にプレゼントを与えるべく
夜な夜なあちこち行きましたっけ・・・(爆)
あちこちの おとうサンタさん おかあサンタさん おつかれさまでした(o^∇^o)ノ
来年もがんばって~♪



というわけで
今回は全くとりさんの話題や画像はありませんが
今年最後になりそうなので ご挨拶をば・・・

えー・・・笑
このマグブロを立ち上げた年ということで
最初はわけもわからずただアップし続けて
途中プライベートでアクシデントが重なり 現在も癒えておりませんが
失速ぎみにも拘らず多くの方々にコメントいただき ただただ感謝のマグでした。

来年もまたーりマイペースで進めてゆこうと思っていますので
お付き合いくだされば うれしいなと思います。

では みなさまよいお年を... 来年もマグブロよろしくもながいすます...


          マグパイロビン

Posted at | ひとりごと | COM(4) | TB(0) |
2006.12.24

真っ赤なうそ・・・

きょうは 12月24日で 巷ではクリスマス・イブとかいう話題で賑わっていそうですね。
さて みなさまはどんな風に過ごされますか?

クリスチャンでもないのにナーニ騒いでんだ? とか クリスマスはやっぱり一年に一度しかないから派手に盛り上がろうやっ! 
とかいろいろな方がいらっしゃいますね。
そんななか 普段とりさんのことばっかり考えているマグパイくんに とりサンタ(!?) からケーキが届きました。
日頃の行いはそれほどいいとは言えません・・・(^◇^;) が たまにはいーことがあるもんだなぁ と・・・
とりサンタさん ありがと~ (o^∇^o)ノ
ついでに(?) 1Dmk2と600?/f4も もながいしまーす♪


ということで
今回は 真っ赤なウソ さん・・・アカウソさんです。

●写真は全てクリックでおーきくなります♪
20061224152125.jpg

ED82 S80 BR-S80 38XWFA
SS1/50 F3.2 EV-0.7 ISO50 M/F 800x600 ちょびtrim


紅色が美しいウソさん。
日本では 夏に山地で繁殖しているウソ、冬鳥として北方などからやってくるものにアカウソ、ベニバラウソがいます。
去年マイフィールドで かなりの頻度で観察していたのですが 一度もお目にかかれなかったです。
普通の・・・亜種ウソさんは お腹が灰色で派手さはアカウソさんには劣るかもしれませんが 頬と喉だけが紅色で上品な美しさ という人もいます。

なぜ?ウソか・・・うそつきだから・・・そんなはずはないですが(笑)
以前コメント欄にも書いたこともありますが
うそぶく=口笛を吹く=鳴き声が似ている=ウソ という由来といわれています。
実際 静かな里山なんかで なんともいえないやわらかい口笛の音を聞くと美しいなぁ・・・なんて思っちゃいます^^
けっこう飛びながら ♪フィーフィー 鳴いているので 遠ざかって声が消えてゆくさまもとっても「和」なイイ感じなんです!




20061224161828.jpg

機材同上
SS1/60 F3.2 EV-0.7 ISO50 800x600 ちょびtrim


2羽とも♂なのですが こうやってみると個体差がけっこうありますよね。
真ん中の方は亜種ベニバラウソ のようなハデーな紅色ですね('0'*)

このときは 2羽でなんか?の実?蕾をムシャムシャしてました^^
ウソさんは 桜のつぼみ・・・ソメイヨシノの蕾が大好物で春のお花見のころになると
ウソにやられたっ! と各地で駆除などが話題になることもあります。
でも実際にウソが食べつくしたのかは断定できず 単に手入れを怠っていた樹に花がつかなかったというお話もあったり・・・
桜も大好きですが 桜色をしたウソさんも負けずに美しいです。

春の光の下 桜と仲良く戯れているウソさんを見たいなぁ・・・



20061224152051.jpg

機材同上

春に限らず 年中困りモノ(?)の タイワンリス さんもいます(^◇^;)
ガツガツおいしそうな柿を食べていましたよっ!


Merry X'mas ヽ(´ー`)丿


 自家製(?)サンタさんおつかれさまです⊂(´0`)⊃                       
  banner2.gif





2006.12.20

師走・・・

なんだか今年も押し詰まって参りました。
1年が過ぎるのは早いもので 去年の今頃のことなどけっこう覚えていたりします(^-^)

先日 障子と網戸の張替えをしました。
この様子は改めてお話したいと思いますが 手間はかかりますがお安くサッパリできちゃいます(* ^ー゚)ノ
専門の業者さんに頼んだことはないのですが それなりに道具が揃えば素人でもかなりうまいこといきますよ!
耐久性も前回数年前にやってからほとんど問題ない状態なので 変える必要もなかったのですが なんか気分的に・・・(*'-')
あ けっこう面倒なとこもあるので 鳥撮り同様(?)忍耐は必要かも知れません(笑)
たぶん みなさんならへーきですね♪

今回は なんかイマイチかな・・・という感じの画を数点(^^ゞ
そのままサヨナラ~はかわいそうなので・・・

 ●写真は全てクリックでおーきくなります♪ 
20061219231658.jpg

ED82 S80mk2 BR-S80 38XWFA
SS1/40 F3.2 EV-0.3 ISO50 800x600 no-trim


ちゅん太です(*^_^*)
鈴生り状態でした。  ・・・ガワいぃー
この画・・・ちょっとサイズが小さいのでわかりずらいと思いますが みんな今年生まれの若い子です。
レタッチするときにアップにして見ると みーんな嘴基部が黄色い子♪
これからみんなでネグラに帰るよぉ~といったところですね^^
右端に写ってる 正面向きの子 が撮影してるときも なんだかかわいらしい仕草をしていて すごく印象に残っています。




20061219231636.jpg

機材同上
SS1/25 F3.2 EV+0.3 ISO50 800x600 ちょびtrim


シメさんは去年の鳥枯れの冬(?)でもそこそこ見れました。
エノキやカラスザンショウの実に群がっていたのを覚えています。
が・・・今年はまだ なかなかいいところに止まってくれません(´O`)
ぴち・・ぴち・・・というような鳴き声でやってきてバチッバチッと そのごつい嘴で種子を割って食べます。
フィンチの仲間・・・アトリ科のとりさんは嘴に特徴があります。
食べ物が種子を中心とするので 堅い殻を割って食べないといけないからですねぇ...

ちなみにこのときは ほぼ真上・・・かなり密度の濃い葉の中で動くものを発見(!)
例によってほんの隙間を探しての撮影でした^^




20061219231555.jpg

S80mk2単体 640x480

ウデがないので イメージしたものとはかけ離れ・・・(涙)




20061219231648.jpg

機材同上
SS1/60 F3.2 EV-0.7 ISO100 800x600 M/F ちょびtrim


スズーカラさんです。
笹薮のなかで 一生懸命茎をつついて幼虫をひっぱり出しているようでした。
冬になると森のなかで 混群 をよく見かけるようになります。
メジロ シジュウカラ ヤマガラ エナガ コゲラ・・・都市公園では こんな感じの構成が多いと思いますが
たいていシジュウカラさんを一番多くみかけます。
この時は ポツーんと一羽で忙しそうでしたね^^  あ・・・みんないねぇ~ 置いてかれてる~ ・・・なーんて(笑)



20061219231614.jpg

機材同上
SS1/40 F3.2 EV-0.3 ISO50 800x600 ちょびtrim


お約束のヒヨさんです。
なんの実だろ・・・おいしそうに頬張ってましたよ(o^~^o)
ちょっとスマートな感じのヒヨさんですね。
撮影に出かけると どこでも1枚は必ず撮らせてもらおうと思っています♪
presented by "Team NANDA Hiyoka!"



<おまけ>
20061219231707.jpg

E7900単体

マグパイ2号のホイル変えちゃいました(o^∇^o)ノ
遠出以外は1号の ラッタッタ(!?) 古っ・・・って ちなみにぼくはパッソルの時代です(^◇^;)
で移動することが多いのですが このたび17インチ入手しちゃいました。
RAYS U/A WR ってやつであります。 シブイのサイコー!
やっぱり気合の入った?4駆が欲しいのですが そんな資金はどこにもありません・・・
そんななか しょぼタイヤの道を突き進んでいた2号くん いよいよ交換と相成ったわけです。

そんな45タイヤ入れてどこ走んのよ?・・・
はい 法廷速度をしっかり守ってノンビリ走るだけです(笑)
んじゃいらねーじゃんっ!
はい。いりません(笑)

ホントは足も変えたかったのですが それこそ どーすんのよっ! と某?Kさん辺りに突っ込まれそうなので 自重してます・・・
ツライチ(車語)が基本?なので ギリギリまでオフセットつめたりとか いい年して再燃しそうな予感・・・(^◇^;)

あ 盗まないでくださいねぇ・・・ぼくの数少ない財産ですからぁ・・・
盗防装置をダブルで設置してますから いじくるとうるさいですよぉ(´ー`)/~~



 2個押してもらえるとランクアップでうれしさ倍増です⊂(´0`)⊃                       
  banner2.gif


2006.12.17

よばん さーど カケフ♪・・・

はい違います カケ さんです(^◇^;)
と 今回は 秋から冬にかけて身近な公園でも見られるカケフさんです。

なんだかよく眠れなくってややぼーっとしながらアップしてます(>_<)
お話を戻して
なんかカケスっていうとタダでさえ目つきが悪くって怖い印象・・・
名前も堅い感じの響きと思ったので カケ・・フ・・・と息を抜いてみました(笑)
でも カケフ・・・掛布(!?)と同じじゃん・・・・・ん?・・・掛布さん・・・阪神・・・サード・・・・・頭部(!?)・・・・・・・・
などと連想しているうちに カケスさんの頭部が ごま塩アタマ といわれていることと 掛布さんの個性的な頭部が・・・
掛布さんすみません...(^^ゞ
と不思議な一致?もあったカケスさんのお話です。

●写真はクリックですべておーきくなります♪
20061217063633.jpg

ED82 S80mk2 BR-S80 38XWFA
SS1/60 F3.2 EV-0.3 ISO50 M/F 800x600 ちょとtrim


カケスさんは 一年中国内で見られるとりさんで 場所によっては寒い時期に暖地へ移動します。
大きさは キジバトなんかと同じくらいで 水色と黒色 白色の横斑模様の羽が美しいとりさんです。
カケス=懸巣=Jay(英名) で 2~30cmくらいのお碗のような巣をあちこちに懸けることとか 
鳴き声が ジャージャー ジェージェー♪ としわがれた声から Jay とかいわれてたりします。
わりと遠くからでも聞こえてくるので おや・・・おやおや?・・・と水色の羽がアタマに浮かびます(o^~^o)
この時も盛んにみんな?でジェージェー鳴き喚いていました(笑)

このとりさんとはいろいろなところで出会っていますが なかなかじっくり観察したことがありませんでした。
繁殖期では たかーい針葉樹の木の上で ギャーギャー声だけ聞こえたり
秋冬でも やっぱりたかーいシイやカシの木の上を行ったり来たりする姿を見ただけで間近ではなかなか見れなかったです。
でも 今冬はやっぱりとりさんが多いみたいで カケフくんも珍しく団体さんでセカンドフィールドに来てました^^




20061217063548.jpg

機材同上
SS1/30 F3.2 EV-0.7 ISO50 800x600 M/F no-trim


雑食性なので 幼虫でも探しているのでしょうか・・・すんごい格好です。
ほぼ真下 きっつい角度での撮影です。こんなときは80?の重さを恨んじゃいます・・・
いくら名雲台?G2380でバランスプレート前いっぱいにしても不安定でうまいこと構図が決まりません(>_<)
やっぱりジンバルくんかなぁ・・・などとすぐに機材の所為にしてはいけませんね(^_^;

カケフさんは 他の生き物などの モノマネ が得意なことでも有名です。
ぼくが聞いたことがあるのが コジュケイとかカラスですね。
他にも奇妙な擬音? を聞きました(笑)  聞いたところによると ネコとかトビとか幅広いラインナップだそうです^^
鳴き真似というと モズとかインコ オウムの類を思い出しますが どうやら覚えることができる時期は幼鳥の頃だけらしいですね。

他にも面白い行動に ヤマガラさんと同じく貯食という食べ物を溜めとく習性があります。
モズの速贄(はやにえ)にしても けっこう怖そうなとりさんって実はわりと慎重派だったりして...
ドングリなんかを木の洞や落ち葉の下に隠して 後で食べに来るそうですが ほったらかしの方が多いなんて話も・・・
残して安心タイプ?ですね(笑)
この時は ドングリこそ見れませんでしたが なにやら洞の辺りでゴソゴソやってましたよ^^



20061217063621.jpg

機材同上
SS1/60 F3.5 EV-0.3 ISO100 800x600 ちょびtrim


葉陰で羽づくろいに忙しいカケフさん・・・
こんなときくらいしか ゆっくり撮らせてもらえないのですが 案の定葉かぶり前ピンでイマイチ..._| ̄|○

こんな感じのカケフさんは声といい行動といいやっぱりカラスの仲間なんですよね。
モノマネができたり後日のために(?)食べ物を備蓄したり・・・カケフさんけっこう 賢いとりさん です( ^∇^)

カケフさん・・・頭の羽・・・冠羽と呼べるものかはわかりませんが これをおっ立てるときがあって その時をパチリっ☆したいのですが 未だ叶わぬ夢です...


 2個押してもらえるとカケフさんと喜びで~す⊂(´0`)⊃                       
  banner2.gif





2006.12.14

頭高...?

普段 撮影目的でフィールドに行くときは もっぱら一人です。
なーんか寂しそうじゃん・・・ と思われるかも知れませんが いろいろと都合がいいのです(o^~^o)

ただ やはり 目 が2つしかないので 見逃していることが多いのはしょうがないですね・・・
夏のころとは違って さえずりを頼りに探すことはできませんが ナワバリを主張するような声が聞こえたり 葉っぱが落ちて見通しがよくなったり 積もった落ち葉の擦れる音を頼りにしたり・・・
あちこちアンテナを ぴぴんっ!  と張りながら彼らの微かな生活音(?) を感じています。


●写真はすべてクリックでおーきくなります♪
20061216165228.jpg

ED82 S80mk2 BR-S80 38XWFA
SS1/40 F3.2 EV-0.7 ISO50 M/F 1024x768 ちょびtrim

○12/16に追加しました♪



そんな彼らの 微かな便り ・・・でお目にかかったのが 頭高さんです。
これなんて読むのヨ? ズコウさんではなく カシラダカ と読みます^^


20061214164528.jpg

ED82 S80mk2 BR-S80 38XWFA
SS1/25 F8.0 EV-0.3 ISO100 1024x768 no-trim


なんだ・・・スズメじゃん・・・
スズメさんにも近いですが ちょと違います。
なんだ・・・ホオジロじゃん・・・
ホオジロさんにも近いですが 体の模様がちょと違います。

全国でどんな環境でも一番お目にかかれるとりさん・・・
あ 海上は無理っぽいですが・・・そんなとりさんがホオジロさんと聞いたことがあります。
でも このズコウさん(ホントはカシラダカですよ!) は 冬になると中国北部やシベリアの方から ざみー゜゜(´O`)°゜といってやってきます。



20061214164545.jpg

機材同上
SS1/30 F8.0 EV-1.0 ISO100 テレ端 1024x768 no-trim


でた・・・書きこみ作業も残りわずかの後半戦で・・・
きもちよーくタイピングしていると・・・ あれ?
なんかヘンテコボタン押したのか? 「ページ期限の有効切れ・・・」 となっ!
顔面蒼白ののちに リロードしてみると・・・
ガーん・・・やっぱほとんど消えてる・・・_| ̄|○ もういや(笑)
前回あれほど バックアップの重要性を語ってたのにー・・・・・・・・オワタ・・・

気を取り直してo(TヘTo)
おっきくするとこんな感じです。
つぶらな瞳がかわぃーですね! なんか頭がボワっとしてる?・・・=頭がでかい=頭高・・・('0'*)
そんなわけで カシラダカ です。
ホオジロ科のとりさんはけっこう ややこしかったりしますが 大まかに住んでる環境とかで判断できちゃいますね。
といっても 空はつながってるんだからぁ どこに住んだっていーべー・・・ と
もっともな意見もありますので 既成観念で決めつけちゃうのはダメです。

ホオジロさんと大きく違うのは ズコウさんのお腹は明らかに白いです。
頭がおっ立っているときがよくありますが しっかりねているときもあります。
ホオジロさんやミヤマホオジロさんもおっ立っているときがしばしばありますから おっ立ち=ズコウさん ではありません。
どこかで 緊張したときに頭の羽=冠羽 を立てるって見ましたが マッタリご休憩お座り状態でもおっ立っているときがありますからなんともいえんです・・・
むしろ 緊張したときに ねる のかも知れないですね。




20061214164453.jpg

機材同上
SS1/125 F3.2 EV-0.7 ISO100 1024x768 no-trim


引いてみると こんな感じのところでご休憩してます。
肉眼で見るとより一層枝がモジャモジャで 普通では気づきません。
このときは 視界の端180度くらいのところで微かに動いた・・・気が・・・
そこで モジャモジャのなかに何か隠れているべっ! と双眼鏡で観察してたら ズコウさんがご休憩中でした。

こんだけモジャがひどいと しょぼ液晶(笑)でのピント合わせはなかなか大変です・・・
おまけにAFが思いっきり他の枝を拾っちゃうので こんなときは大抵S80の便利機能!
マニュアルフォーカスを使います (o^∇^o)ノ

80?クラスのマニュアルフォーカスでの微妙なピント合わせは厳しいものがありますが これが決まるとうれしーんですよね!
E7900に比べてAFの精度がイマイチと感じるので いつでもマニュアルでいきたいのですが 一瞬でどっかいっちゃうとりさん相手では厳しいですねぇ・・・ 
修練が必要でっす。

SSが稼げるときは F8.0を使いますが けっこうビシッとキテルことが多いですね。



20061214164634.jpg

機材同上 800x600

遠ーい風景もデジスコだと近くなっちゃいます(^^ゞ




20061214164620.jpg

機材同上
SS1/320 F3.2 EV-0.7 ISO100 1024x768 ちびトリ


これが遠ーくのスズメさんです。
さっきのズコウさん(?) と大差ないじゃん? ・・・ はい大差なしです。
でも なんとなく違ってみえますよね?( ^∇^)




20061214164602.jpg

機材同上
SS1/160 F3.2 EV-0.7 ISO50 1024x768 ちびトリ


これは遠ーくの ジョビ子です。(ジョウビタキ♀)
このぐらいなら まだスズメさんやズコウさんとは違う感じに見えますよね。
え? みんな同じ・・・ですか・・・o(TヘTo)
肉眼で見ると ポツン なので いっそう厳しいですね・・・
でも やっぱり遠くからでも それぞれのとりさんによって 行動など雰囲気が違うんですよん♪


はぁ・・・なんとかおわりまでこぎつけた・・・
とりあえずアップしとこっ(^◇^;)



 ⊂(´0`)⊃ 2個押してもらえると書きこみ中の凹みも幾分癒されます・・・(笑)                        
  banner2.gif






2006.12.12

ドさむでドあっぷ?

冬だから当たり前なのですが 今ドさむです(ToT)

暖房グッズとしては 自室はホットカーペット(弱)のみの稼動・・・
ココロも体も懐?もひもじいマグパイくん(^^ゞ としては上出来です。
今年も灯油が高いので 使い方によってはエアコンの電気代と大差ないんじゃないか? と友人のことば・・・どーなんでしょ?


閑話休題
今回はドあっぷものを久々に・・・
最近はあえて遠景ものばかり練習していましたが こちらが気を遣って距離をとっているにも拘わらず(?) 
ズンズンとりさんの方から接近してきちゃうことありますよね?^^
今回のものは そんな感じのとりさんたちです。

●写真はすべてクリックでおーきくなります♪
20061212013026.jpg

ED82 S80 BR-S80mk2 38XWFA
SS1/200 F3.5 EV-0.7 ISO100 1024x768ノートリ


とこ・・・とことこ・・・とことことことこ・・・
とリズミカルにも見えますが あちゃこちゃと忙しなく動き回っているハクセキレイさん。
ぴこぴこ尾羽を振りながらしばし固まっているところをパチリ☆
この子は顔に黄色味が混じっているので 若いハクセキレイさんです。
最近では住宅街でも当たり前のように見られる 人間と仲良くしてくれてる とりさんです。
SSがこんなに出てるんならISO下げるんだったよなぁ・・・・・まだまだです・・・



20061212013041.jpg

機材同上
SS1/125 F3.5 EV-0.7 ISO100 1024x768ノートリ


これは みなさんご存知のメジロさんです^^
このとりさんも普通に住宅街にいますが いつ見ても綺麗な色をしていますね。
目の周りのリングが白いからメジロ・・・もうちょっと気の効いた名前にしてあげてもよかったのにねぇ・・・ 
ウグイスさんは とっても さえずりの声 はいいんですが 見た目は地味ぃ~ の一言です(笑) 簡単にいうと茶色とベージュです。
巷ではウグイス色をメジロの黄緑色と勘違いされている方も多いといわれています。

明るく補正してますのでノイジーです。今一歩のドあっぷ画像ですね・・・(>_<) ふぅ・・・



20061212013011.jpg

機材同上
SS1.00 F5.6 EV-1.0 ISO100 テレ端 1024x768ノートリ


ぐはっ・・・SS1秒だ・・・1秒間止まってくれててありがとー♪
夕方の暗い水辺でテレ端だとしょうがないですが 明るい時に遭遇したいものです・・・
昔ばったり遭遇(?)のヤマシギさんのおともだちです。このとりさんのお話はまた今度ということでヽ(^_^;



本当は昨日更新しているはずでしたが あと一歩というところでタブブラウザが固ってうんともすんともガチンガチン・・・(涙)
記憶を呼び戻しての再入力の気力ゼロ(´Д`) で本日と相成りました。
やっぱりデジタルモノはDRYですねぇ・・・アナログならメガトンパンチとかスクリューキックとかで復活も可能・・・そんな時代? がなつかし~(笑)
何でも小まめにバックアップは必要ですね(o^~^o)

あー 買い物のお話もあったんだぁ・・・ 
でもまた次回にすます(^◇^;)


 手がかじかんでたら 気持ちだけでいーですよっ♪⊂(´0`)⊃                       
  banner2.gif





2006.12.06

コンコン・・ゴトゴト・・・?ゴガガガガガガ♪

最近めっきり朝晩冷えますね^^
生まれは東京ですが 10年ほど北海道で暮らしましたので寒さには慣れているはずですが・・・
こっちの寒さは なんか向こうと違う寒さだなと感じてはや20年(笑)
寒いッス(>_<)

20061206213923.jpg

S80単体 800x600 クリックするとおーきくなります

最近のご近所とりさん事情(?)は といいますと ジョウビタキ♀はあまり鳴かなくなりましたが まだたまにやってきます。
モズ子は声も姿も見えなくなりました・・・やっぱこんな環境にゃ住めね! と思われたようです^^
ツグミ連合は まだ近くの空き地?でのんびりしている様子。

で 今朝は なんとご近所では初めて! イソヒヨドリくん(♂)が部屋から見える目前の屋根にて休憩中(笑)
作られた?ような鮮やかな空色レンガ色の海辺で見かけることが多いイソヒヨくんが目の前の無機質な屋根に推参(!)
といっても 海辺だけではなくって 内陸のダム湖や遊水地などでも見ることができるので 大事件(゚Д゚;) のレベルではありませんが・・・
磯のヒヨさん・・・といっても ヒヨドリの仲間ではありませんが・・・(笑) これから見頃?のツグミさんのお友達です。

いろいろ来るんだねぇ・・・


と 閑話休題
意味不明な?擬音タイトルのお話。

この 「ゴトゴト・・・?ゴガガガガガガ♪」 というのは キツツキさんが木をコツコツしているときの音です(^^ゞ


●写真はすべてクリックでおーきくなります♪
20061206214101.jpg

ED82 S80 BR-S80mk2 38XWFA 以下機材同
SS1/250 F3.2 EV-1.0 ISO100 1024x768 ちょとトリミング


日暮れ間近 落ち葉でいっぱいの道を歩いていると タイトルの擬音 が森に響きわたりました。
むむ? ちょっと大きいドラミングだな・・・コゲラちゃんではないなぁ・・・
アオゲラはんかな? ・・・とすっかり葉が落ちて見やすくなった樹木の幹を 赤い物体が親の敵(笑) とでもいうように猛烈に突付いている(!)
赤いじゃん(!?)

ここらへんでは キツツキの仲間は ちっちゃいの(コゲラ)   大きくて蒼いの(アオゲラ) の2種はわりとふつーに見られるのですが
ちっちゃくて茶色いの(アリスイ) が冬にたまに 大きくて赤いの(アカゲラ)  さらに大きくて赤いの(オオアカゲラ) はちょっとしたお山の方でしか見たことがなかったので大喜び(o^∇^o)ノ
冬になってお山から下りてきたんだなぁ... ちなみに キツツキ って名前のとりさんはいませんよっ^^

20061206214014.jpg

SS1/160 F3.2 EV-1.0 ISO100 1024x768ノートリ

この子はおんなの子のアカゲラさん。
後頭部に赤い羽があったら おとこの子・・・コゲラさんのようにもったいぶって(?)赤い羽を隠していることはありません(笑) 堂々と赤い頭です!

恐竜のような対趾足(たいしそく)の足と かたーい尾羽を幹に押し付けて 3点支持で垂直面も楽々移動です! キツツキさんに共通する特徴です。

さぁ 虫探し 虫探し...



20061206214032.jpg

SS1/250 F3.2 EV-1.0 ISO100 1024x768トリミング

なんかいいミゾないかなぁ・・・

このとりさんの食べ物は主に昆虫類。つついて穴を開けて幼虫などを引っ張り出したり アリンコさんも好物だったりします。 
そんな穴ぽこから獲物を引きずり出すのに役立つのが 長くて粘着質なベロです。
ぼくはアオゲラの舌は見たことがありますが すんごーく長かったです。
普段は頭骨の中に丸まるよう?に収納されています。



20061206214047.jpg

SS1/250 F3.2 EV-1.0 ISO100 1024x768トリミング

んよしっ! ここを掘ってみましょ(^ー゜)ノ

コンコン・・ゴトゴト・・・?ゴガガガガガガ♪・・・・・

とすごい勢いで木を掘ってゆきます。
この ドラミング というのは ストレス発散として趣味でバンドをやっていてドラムを・・・ではなくて(^^ゞ
獲物探しのためや 巣作りのため なわばりの主張や 「そこのおねーちゃーん´∀`)ノ ぼくのゴトゴト♪聞いてって~」 
と?ディスプレイのためなどいろいろな意味があります。



20061206214113.jpg

SS1/400 F3.2 EV-1.0 ISO100 1024x768ノートリ

一番上まで着いちゃったわ・・・ さーてどおしましょ・・・(〃´o`)=3



20061206213949.jpg

SS1/400 F3.2 EV-0.7 ISO100 1024x768ノートリ

もう陽も落ちてきたしかえろー 
っとビューんと彼女は飛んでいってしまいました^^ やっぱり?DRYな子でした(笑)
おしまい。



 2個押してもらえるとアカゲラさんと喜びだ~ ⊂(´0`)⊃                       
  banner2.gif





2006.12.03

冬鳥くん オレンジ隊所属!?

前回にひきつづき りはすこのお話。

この日見聞きしたとりさんは 凡そ2時間あまりで20種以上・・・昨冬に比べたらやっぱり多い^^
ちなみに昨冬はメインフィールドで固定観察とかしていましたが ほーんとサブかったです(>_<)
冬だからサブいに決まってますが とりさんの声が少なく気配がない...から更にサブい。
ツグミSP ヒヨさんモズさんアオジさんあたりは例年どおりそこそこ確認しましたが 他は希少でアウツ。

今年はウソ・・・ってとりさんの名前ですが(^^ゞ 特にアカウソがあちこちで確認されているようです。
あ カワウソじゃないですよ(笑)
声だけはあちこちで聞きましたが 姿は見れず...ウー

では オレンジ隊のトップバッターは ジョビ夫くんです。

●写真はすべてクリックでおーきくなります♪
20061203202851.jpg

ED82 S80 BR-S80 38XWFA
SS0.3 F3.2 EV-1.0 ISO100 1024x768ちろっとトリミング


勝手にジョビ夫といってますが(笑)正式名は ジョウビタキ です。
大きさは ちゅん太・・・これも正式名スズメですが(^^ゞ をややプックラさせたくらいです。
前回お話した ツグミ科 のとりさんで 春~夏にいるノビタキさんやコマドリさん 冬にお山から降りてくるルリビタキさんのお友達です^^ 
ロシアのサハリン(樺太)や中国北部などの北方で繁殖して 寒い冬は日本や中国南部などに越冬しにやってきます。

以前のブログで ジョビ子(♀)が登場してますね^^



●F11を押しておくと おっきなサイズもチョロっと見やすくなりますよ♪ お試しあれ...
20061203202824.jpg

ED82 S80 BR-S80 38XWFA
SS1.0 F4.0 EV-1.0 ISO100 1024x768ノートリ


シャッタースピード 1秒です(>_<)  1秒間ジッと止まってくれてありがとう!
日没時間は4:29で撮影時間は4:50・・・ってとっくに日没後じゃん!(笑) と今気づきました。
どーりで真っ暗だったわけだ(笑) ※画像は明るく補正してます。
夜から活発に活動をはじめる 変わった?シギさん・・・のヘンテコダンス?(笑)を観察していたら 左からヒラッと舞い降りた物体・・・それがジョビ夫くんでした。
ジョビ夫くんは 目の前の枯木の上でジッとこちらを見つめてる・・・
あー飛んじゃうなぁ・・・と思いきや まったりしはじめました^^

このジョビ夫くん 目の辺りをよーく見ると ちょっと病んでいる様子・・・
別画像でも羽だけの問題じゃなくてなんだか腫瘍のような膿んでいるような感じ。
弱肉強食の野生の世界では ちょっとした体のハンデが命取りになっちゃいます(-_-)
あたりの暗さもあったけれど 視界が狭くなっているのかな・・・

とりさんってこっちから見下ろすような低い場所にいると すごく警戒心が強くなるのですが このジョビ夫くんは ほぼ真下で フフーん♪ と・・・
今後の彼の無事を祈りたいです。



20061203202836.jpg

ED82 S80 BR-S80 38XWFA
SS0.5 F3.2 EV-1.0 ISO100 1024x768ノートリ


ジョビ夫くんの背中です。
燻し銀の頭がカックイーです!翼の白斑もワンポイントでオシャレさん。
なんかこのとりさん見ると 年季が入った職人さんを思い出します(・∀・)
あと キン肉マン ってプロレス?の漫画に出てきた ウォーズマンも!(笑)

ほぼ開放で0.5秒は暗すぎますね。
このあと 池の枯れ草の陰に身を潜める アオサギさん を写そうと思ったのですが
さすがに真っ暗けでぼんやりとも写らなかったです(^^ゞ 
でも 夜のとりさんも面白いんですよねぇ...



20061203202751.jpg

ED82 S80 BR-S80 38XWFA

いろはもみじ?かな^^
いい感じに色づいていました。



20061203202735.jpg

ED82 S80 BR-S80 38XWFA
SS1/5 F3.5 EV-1.0 ISO100 800x600ノートリ


さぁ 2番手はだれでしょう?
スタスタ歩いて土を掘り返し 起き上がったと思ったらスクッと胸を張る・・・
むむむっ! ツグミさんのお友達かぁ^^
ときおり 首をかしげたりして なにか考えごとでもしてそうな感じでジッと動かない(笑)
こうやってみると おんなじような色でわからないですね。



20061203192001.jpg

ED82 S80 BR-S80 38XWFA
SS0.3 F3.2 EV-1.0 ISO100 1024x768ノートリ


セーカイは・・お腹ぽっこり アカハラさんです♪
アカハラさんもやっぱりツグミ科のとりさんですが ジョビ夫くんなんかに比べてずっとツグミさんに近い姿形をしています。 
場所によって住んでいる季節が異なりますが 北海道では夏だけ 西日本では冬だけ 中部では夏はお山で子育てして冬に平地に降りてくる という感じでしょうか。
アカハラくんの兄弟のような?色が白いシロハラくんも冬になると北方からやってきますね^^
この日は同じ場所で2個体一緒に見ました。


そんなこんなで いつのまにやら辺りは真っ暗・・・
ジョビ夫くんとアカハラさんに気をとられている間に 変わったシギさんは頭の上を ピューんっと飛んでいってしまいましたとさヽ(´ー`)丿


 2個押してもらえるとランクアップで幸せだぁ うんっ⊂(´0`)⊃                       
  banner2.gif




2006.12.02

冬鳥くん

リハビリ兼ねてちょー久々にセカンドフィールドに行ってきました。

半年ぶりくらいかな・・・(^^ゞ やっぱりすっかり冬景色。
そこはここらあたりでは最後の?里山といわれるような昔の風景がなかば強制的に保たれているところ・・・
そんな昔懐かしい風景も年々忍び寄る開発の波に呑まれて なんと道路ができているではないか(!?)
話は聞いていたのですが いつものお約束のように? 密かに着々と進んでいた模様・・・(-_-;
「まーたこんなにしちゃったのか・・・」 はぁ・・・かえろかな・・・(笑)
などと到着前から ものすごくガッカリモード・・・近くで様子をうかがっていたおじさんも 怪訝そうな面持ちでじっと遠くを見ている。。。

こんな人と家と車と道だらけの街で 森をぶっ壊してまでまだ道がいるのかな・・・
もっと便利にする必要があるかな・・・
今 自分たちに必要なのは 車や道じゃなくって もっと大切なものを気づかないうちに提供してくれてる森や生き物たちじゃないかな・・・

そこに住んでいた生き物たちは どうしたろうか・・・ 

ネオンさえないけれど 人の少ない?繁華街となんら変わらぬ姿になってきている気がするな・・・ 
でもそんなしょーもないフィールドにもたくさんのとりさんたちが来てくれていたよう^^

●写真はすべてクリックでおーきくなります♪
20061202141056.jpg

ED82 S80mk2 BR-S80 38XWFA
SS1/50 F3.5 EV-1.0 ISO50 1024x768ノートリ


まずはヒヨさんから・・・な~んだ ヒヨか・・・(笑) お約束ですから(^^ゞ
一日の終わり・・・夕日にむかって羽を落とし 佇むヒヨさん。
今日の反省でもしているのでしょうか・・・なんとなく明日への希望的?な目をしていますね!
陽のあたり具合がいいなと思ってシャッターを切りました。



20061202124353.jpg

ED82 S80mk2 BR-S80 38XWFA
SS1/30 F3.5 EV-1.3 ISO50 1024x768ノートリ


まーた ひよかよ・・・(笑)
あたりはすっかり陽が落ちて まったりモードのヒヨさん。
背景 前被りなどイマイチですが ヒヨさん的?な一枚と思いました。

Presented by Team NANDA Hiyoca!



20061202124418.jpg

ED82 S80 BR-S80 38XWFA
SS1/20 F3.5 EV-0.7 ISO200 768x1024ノートリ


今回はやや地味目なとりさんの特集?にします^^
キーキーキーキー♪ なんだかご機嫌ナナメ?なモズ子ちゃん。
モコモコ膨らんでマッタリしていたところ見返り狙いでパチリっ☆
なによー ( ̄^ ̄) って感じ(笑)



20061202124439.jpg

ED82 S80 BR-S80 38XWFA
SS1/125 F3.2 EV-0.7 ISO100 1024x768ノートリ


ツグミっち^^
NIKON掲示板にもあっぷさせていただきましたが この構図でいろいろ撮ったなかで なんかいーなと思いました^^
決して動きがあるわけではなく 決してスっきり綺麗でもなく・・・
でも 左から来る枝と彼の向う方向が広がりをみせていて 日暮れの雰囲気と枯れた葦?の奥に佇む姿が思いどおりに表現できたと自己満足(笑)自画自賛♪



20061202124448.jpg

ED82 S80 BR-S80 38XWFA
SS1/60 F3.2 EV-1.3 ISO100 1024x768ノートリ


スクッ! と立つ姿・・・ツグミ科のとりさん独特の口をつぐんで胸を張ってます^^
「・・・いろいろあったけど ぼくらはしっかり生きているよぉ´~`)ノ 」

このツグミさんは少し前まで地方では食用にされていたとりさんです。
現在でも風習などにより捕らえているところもあると聞きますが 野鳥捕獲は違法です。
現鳥獣保護法では行政から許可された捕獲・・・
標識調査や農作物への被害から守るためとか 愛玩目的の飼養(メジロ、ホオジロ:1世帯1羽) など以外はすべて禁止されています。 正面きって犯罪です。
今までは 略式起訴とか罰金刑が多かったようですが 最近では正式起訴 有罪判決 懲役刑という事例が増えてきているそうです。

また密猟などで用いられている狩猟器具で有名なものは かすみ網 といわれる魚網を野鳥捕獲用に改造したもの ですが これも標識調査などの場合を除いて 販売・頒布・所持・使用 は禁止されています。

・・・とちょっといつものように(笑)難しくなっちゃいましたが 
現在のように 野鳥保護の流れ が生まれる前は 多難 だったとりさんでもあります。 



ぐわっ!
20061202124428.jpg



「ツグミなんて腐るほどいんだから ちょっとくらい捕って食ったっていーべ!・・・」
と すでに絶滅した多くの生き物たちも そんな身勝手な人間のエゴで消えていったんでしょうね・・・


 ポチッポチッと2個押してもらえるとランクアップでうれしさ倍増です⊂(´0`)⊃                       
  banner2.gif