ココロで感じたとりたち ~Great Nature&Birds~ | 2007年11月23日
  ♪明日はどんな鳥さんにあえるかな... fc2 blogranking blogranking
スポンサードリンク
  
2007.11.23

ジョビ子お休み 笑

ジョビ子の画は、まだまだあるのですが、
コアな? マグブロ読者のみなさんから、そろそろクレームが来そうなので(笑)
里山の冬鳥さんを紹介することにします。


0012.jpg

ED82 S80 BR-S80 38xWFA
1024x768 ノートリ
●クリックすると大きくなります♪


こちらは、アオジさんの♂ですね。
日本の中部以北や中国大陸で繁殖して、冬に本州以南の平野部などに移動してきます。
まとまった自然があれば、藪の中でよく チッ・・チッ・・・と1音で地鳴きしています。 

この時は、この時期にしては珍しく(?) ひらけた場所にとまってくれたので、
スッキリした画になりましたが、大抵は藪のゴチャゴチャした中で、前だ後ピンだなどと
なかなか手強いとりさんです。
春になってくると、普通にひらけた場所で地面とにらめっ子している姿が多くなります。

なんか質感がないですねぇ・・・ う~ん


0009.jpg

機材同上
800x600 ノートリ
●クリックするとやや大きくなります♪


なんとなく モノトーンにしてみました (^^ゞ
アカハラさんとこの♂です。

このとりさんも、お山で繁殖して、寒くなると里に下りてくるとりさんです。
夏のさえずりは、キョロロロ~ チリッ♪ とかわいい感じですね。
地鳴きは、キョッキョッキョッキョ~♪なんてのをよく耳にします。

まだ下りてきて間もないので、警戒心はものすごく強いです。
落ち葉の陰から チラリッ・・・ という感じです。

モノトーンで全くわかりませんが(笑)、目に夕日と森の風景が映ってます ^^


0011.jpg

機材同上
800x600 ノートリ
●クリックするとやや大きくなります♪


これは秋冬を代表する おなじみの モズオさんです。
初列の風切に白斑があるので、迷わずおっさんです(笑)

このとりさんも里山の減少などにより、年々個体数を減らしていると言われていますが、
今年もなんとか数個体入っているようです。

モズさんは、「小さな猛禽」 といわれているように、
ちょっと変ったとりさんなので、いろいろなお話がありますが、
それはまたいずれということで ^^ 

とにかく、ジョビ子やモズなんかが、同じようなところに帰ってくるとひたすらうれしいです。
繁殖地も問題なさそうで、無事繁殖を終え、また帰ってきたのかなぁ~  などと。
2007.11.23

ああ ジョビ子 笑

たくさんの駄作はあるのですが、きょうも ジョビ子 です (^^ゞ

きょうは寒かったですねぇ・・・
ちょっとフィールドに行ったのですが、夕暮れ時は身も凍るような寒さでした。

さて、冬鳥さんはというと、
アオジ、クロジ、ツグミ、アカハラ、シロハラ、モズ、ジョウビタキなんかがいましたよ^^
他にもレアな感じのもいましたが、きっちり撮影できてからお知らせということで。

ツグミ類は、まだ上空を小群で旋回している姿や、地上では葉陰から出てこない状態ですね。
春先の芝生の上でミミズ掘り? とはエライ違いです(笑)
この時期は、かなり貴重なとりさんになります。

0006.jpg

ED82 S80 BR-S80 38xWFA
800x600 ノートリ
●クリックするとやや大きくなります♪


オリジナルはアンダーでも SS 1/60秒・・・ なんとかとまっている状態でしょうか。
LV補正で明るくしてあるので、ややノイジーですね。

この時のジョビ子さんは、アオジとウグイス、ツグミなんかに咆えていました(笑)
ぼくと違って、やる気マンマンな彼女です。


0007.jpg

機材同上
1024x768 ノートリ
●クリックすると大きくなります♪


この画は、モジャモジャでピンも甘めですが、お気に入りの一枚です。
この時の雰囲気をそのまま写し撮れた気がします。

モズのナワバリも近くにあるので、ちょっと心配ですが、
元気に一冬越えて欲しいです。


0008.jpg