ココロで感じたとりたち ~Great Nature&Birds~ | 2009年12月
  ♪明日はどんな鳥さんにあえるかな... fc2 blogranking blogranking
スポンサードリンク
  
2009.12.30

色々盛りだくさんな今年最後の更新(笑)

今年もあっという間に一年を終える時期が来てしまいました。

今年は考えもあったりで 消極的に鳥さんたちと接した一年でしたが
観察や撮影にやっきになっている時には感じなかったことや考えなかったこと
改めて思ったこと・・・  やっぱり生き物・・・ 鳥さんが好きなんだなぁ とか(笑)
それはそれで意義のある一年だったように思います。

ブログはといいますと かなり更新頻度が落ちてしまい 頻繁に訪問してくださる方々には
申し訳なく思っていましたが タイトルにもありますように 風まかせ 鳥さんまかせ 
なものですから 今後も 風にまかせて 更新してゆこうと思っています。
ただ コメントには気づき次第出来るだけ早くレスさせていただきますので 
何かありましたら色々と残していってくださればと (^-^)


0711.jpg
FZ18+DMW-LA3+TCON-17 手持ち トリミング 600x800 ●クリックすると大きくなります

先日 メインフィールドの自然への一年の感謝とお礼 所属している団体の職員への挨拶に行ってきました。

いろいろな調査報告書も拝見しましたが なかでもバンディングについては 
来年はもっと突っ込んで考えてみたいなぁ と思いました。

久々のメインフィールドでしたが 良識ある先輩撮影者の方々や鳥見の方々 また職員さんなどのおかげで
いつもと変わらないフィールドが保たれているように感じました。

画像は 帰り道 夕日に照らされたモズオ(モズ♂)です。
なわばり内のお決まりの監視場所?だと思います。

モズさんなどのなわばりの調査は毎年続けていて
今年もあちこちで元気な姿が確認されているようでした。

モズさんって 小鳥や小動物まで襲うほど獰猛な・・・
小さな猛禽 とまで呼ばれているんですが
そんな暴れん坊とは裏腹に これがけっこう警戒心が強いんですよね。

たとえば この時期特有のカラの仲間の混群なんかは 敵を察知する目の数が多いことが
身を守るひとつの利点になっているわけですが
そんな彼らより明らかに人間には早く敏感に反応していますね。

モズさんも たまに撮影者などの間では 目的の種を追いやる困ったやつ などの声が聞こえてきますが
困ったやつは 観察・撮影者の人間 の方で 自然界の調和 彼らの世界ではごく自然な行動なんですよね。
なんだかねぇ・・・ (ぼやき)


今年は今回の更新で最後になるような気がします (^~^;)

風まかせ な マグブロ に訪問 応援してくださったみなさんありがとう!
また来年もよろしくお願いいたします。

マグパイロビン



ょっと時期が過ぎてしまいましたが (^^; 先日 普段ブログにコメントをいただいている
くまっちサンタ と ゆばーばサンタ から 野鳥カレンダーが送られてきました♪
包装もクリスマス仕様というココロ配り・・・


0712.jpg

ブログのカレンダープレゼントに応募したところ 多数の応募者のなかから見事当選ラッキー♪ だったわけですが
内容はというと デジスコドットコムの pouさん こと 大島志のぶさん が解説されているカレンダーで
今回 ゆばーばさんのデジスコ写真展にも選考された チュン太 の写真が見事に選ばれて載っています。

これがすごくいいんですよね。
いつも身近に見ることができる鳥さんを うーむ・・・ と思わせるものを撮る人ってセンスあるなぁ と思います。
あ、肝心のチュン太の写真はこちら↓
 
http://www.oct14.jp/photo/archives/2148

デジスコでもこんなに生き生きと豊かに表現できるんだなぁ・・・

あ 改めて くまっちサンタ ゆばーばサンタ ありがとう!


た話かわって 普段色々な情報を入手するのに役立っているPCのお話ですが
なかでも 入力デバイスのひとつ マウス はキーボードと並んで毎日お世話になっている なくてはならない道具のひとつです。


0714.jpg

最後に特に自然や生き物なんかとは関係ないお話をするのもなんですが (^_^;)
あ 興味の無い方はスルーしてもらってオーケーです(笑)

この手のものって普通の方は PCに付いてきたものをそのまま使っていると思いますが
筆記用具と同じく使いやすいモノっていうのがあったりします。

ペンタブなんかをマウス代わりにしている人もいると思いますが
ぼくは ここに並んでいる ロジクール社製 のものを長く愛用してます。

おまけで付いてきたようなものとどこがどう違うかって?
値段もたかがマウスという価値観なら高い!と思いますが
高いには高いなりの理由があったりするわけで・・・

たとえば ボタン数が多くて ソフトによってアプリケーションごとに割り当てができたりします。
わざわざマウスを移動させたり キーを入力しなくても 手元のマウスで色んな操作が出来ちゃいます。
色々な作業中 広大なネットの海での検索など便利すぎて依存しまくってますね。

ワイヤレスは珍しくもありませんが 毎日ふんだんに利用しても電池はかなり長持ちしますね。
もちろんECOなエネループを使っています(笑)

左のは自分の手には大きすぎるのでほとんど使っていませんが
真ん中の VX-R はストックしておこうと思いつつ製造終了になり 後継として右の M905 を最近導入しました。


0713.jpg

VX-Rの後継とまではゆかないものの USBレシーバーはノートPCに差したままでも邪魔にならないですし
ロジマウスの特筆すべき ハイパーファストスクロール(ちょっと回すと回り続ける)の切り替えも楽
フィット感は落ちましたが ツマミ持ち派 の人にはあまり気にならない程度な感じ。
色は渋くて好きなんですが 女性にはちょっとアレかな?(笑) でも手の小さい人にはオススメですね。

いつも同じ操作で慣れてしまっている人は それはそれでいいと思いますが
これらのマウスとソフトの導入 もう少しがんばって操作選択が増えるフリーのソフトを導入すると
ああ 別世界・・・ (´-`)  なんて便利なものがあるんだろう・・・ てな感じになると思います。
便利といえば このマウスは下がガラス面でも普通に使えたりします。

あ 最後にロジさんとこのこれらのマウスは3年保証が付いてますから 
チャタリング(シングルクリックしたはずがダブルクリックになってるじゃん?)が起こったり故障しても
新品交換してくれてありがた~ なのです。

今のマウスに不満がある方は 選択肢のひとつとしてオススメします♪




ココロで感じたら押してください・・・  thanks thanks

今年もたくさんポチポチ押してくださったみなさん ココロからありがとう! 
2009.12.13

ただいまメンテナンス中です。

一昨日は恐ろしいほどポカポカ陽気だった こちら関東南部。

みなさんは鳥見?大掃除?・・・ どのように過ごされましたでしょうか。

だがしかし!予報を見てみますと12/16の水曜日は な、なんと東京の最低気温は0℃になってます (´0`)

いよいよ今週は完全に冬期に突入のようですね。

とにかくこう気温の変動が激しいと体がついてゆかないですねぇ・・・


おーっと! 今天頂付近からカシオペアにかけてデカイのが流れました(^-^)v (12/15 0:13頃)

13日から15日にかけて、ふたご座流星群が活発になるということで、
いまいちだったオリオン座流星群でガッカリして、今回は出動しなかったんですが・・・
放射点が、これから天頂方向から西に動いてゆくので、うち的自宅観察には最高のロケーション!

さて何をお願いしようか・・・         (2009/12/15加筆)



0708.jpg
O/H前  FZ18 640x480

さて 普段の鳥さん撮影ですっかり手放せないアイテムのひとつになっている 究具01ジンバル雲台

雲台? えーと 三脚の上に付けるカメラやスコープなどを動かす台ですね。

写真や光学系に疎い?ぼくがお話するのもなんですが(笑)
鳥さんの撮影って時間とブレとの闘いに尽きると思います。

今回は 各種のブレ のお話は置いておいて
時間・・・ いかに早く・・・ 1秒でも早くファインダー、液晶モニターに導入できるか・・・

動物園で飼い慣らされてボケラぁ~としている鳥さんや 置きピンで待っていたりするなら多少の時間は許されますが
野 にいる自然な姿の鳥さん はこちらが思うようにゆっくりしてくれないことが多いですね。 

そんな1秒でも早く鳥さんをフレーム内に捉えてくれるアイテムのひとつが この 究具01ジンバル雲台 です。


0709.jpg
O/H後  FZ18 640x480

などと 些か でじすこやさん の営業風な感じですが(笑) 特に関係者というわけではないことをお伝えして・・・

今まで NIKON EDⅡ用に Manfrottoのビデオ雲台701RC2 NIKON ED82用に GITZOのG2380 を使ってきましたが
あ ちなみに今でも全て手元にありますが 活躍の機会は少ないです・・・(´-`)
導入のしやすさ 速さでは圧倒的にジンバルくんですね。

そんなジンバルくんも機械ですから 定期的なメンテナンスが必要なわけですが
今回 点検整備のほかに ひとつ かなりお高いわりに気に入らなかったところ・・・
2つあるフリクション調整ダイヤルのゴム部分(丸いところ)の質がイマイチだったので
そこを交換してもらいました。

フィールドでは試していませんが 以前よりグリップ感が増して丈夫な感じです。
さて耐久性はどんなもんだろう・・・

他はO/Hに出す前から特に問題点はなかったので 軽く動作させても変化は感じられなかったですが
信頼の?近さん(店長)メンテ! で気分的にはいいですね♪  


0710.jpg
FZ18 640x480

それから以前から手元にあった CANON IXY1000・・・
アタッチメントの TA-W1 を持っていなかったので長らく防湿庫で眠っていたのですが
今回やっと入手できたので そのうちジックリ使ってみたいと思っています。
近さん 色々ありがとう~(^-^)/

愛機 CANON S80 に比べてマニュアル的な部分は乏しいですが
連写性能 液晶モニタの大型化 見やすさなどや 以前から TSN-774+TE-17Wとの画像がいいなぁ
と思っていたので サブ機になると思いますが まずはあれこれ使い倒してみたいと思っています。

その前にまた液晶モニタフードなどを自作しないと・・ なんですけどね!



ちょっと色気がない?というか 機械のお話だけというのもなんなんので

副管理人の クマとろ? カシラとろ? いや ミヤマとろ!? の画像でも(笑)


0707.jpg
FZ18 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪

一昨日のポカポカ陽気で 室温も上がっていたので ちびとろちゃんとともに豪快な水浴び・・・

ちょっと経ったあとの画像ですが 見事に冠羽?が出来上がっています!


0706.jpg
FZ18 600x800 ●クリックすると縦に大きくなります♪

これ無理矢理立てているわけじゃないです (´-`)

水浴びにも程度があるのですが この時はあまりにも全身ずぶ濡れになって
鳥類というより爬虫類? 恐竜? そんな感じの姿になってました。

でもそろそろいい加減 飲み水用で水浴びするのやめて欲しいんですけど・・・ ┐(´ー`)┌





ココロで感じたら押してください・・・  thanks thanks
  
いつも押してくださる方 ココロからありがとう! 
Posted at | 機材など | COM(8) | TB(0) |
2009.12.07

撮気なし。

ここ最近 自宅周辺をなわばりにしていたジョビコさんの声も姿もありません(つД`)
ちょっと心配なんです・・・

心配と言えば 今期はモズさんが一度も自宅付近にやってきません。
例年いつものアンテナで高鳴きしていたのですが・・・

厳しい自然界ですが どこかで元気にやっているといいなぁ・・・


さて ずいぶん過去になりましたが (^~^;) お山の方のお話の続きを。


0682.jpg 
TSN-774 S80弐号機 TE-17W 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪ 

所々赤味があったので 恐らく♂の若鳥なベニマシコさん。
アザミの仲間の種子を 綿毛から分離させて上手に食べているんですよね。

この撮影前 実は手前でザックをマクラに寝てました(笑)
この日は久々の長歩きもあったり 撮影する気もあまりなかったので 疲れてあちこちで寝ていたんですが
フィッポ♪ の声に ムクッ!と起きて探してみると ススキのすぐ向こうでムシャムシャやってたんです。

手前の淡いベージュな色は 風でユラユラ揺れてるススキ・・・
強い西日とススキがあったので 近い距離でも驚くことなくずっとムシャムシャ・・・
ただ 風に揺れるススキの間を抜いての撮影は タイミングが難しかったですね。


0683.jpg
機材条件 同上 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪ 

こちらも同個体なコ。

全く警戒している様子はないのですが 
背景が空抜けという ますます厳しい条件なところに移動したり・・・

ベニマシコさんって どこか人間的な表情というか やさしい表情が多いんですよね。
紅猿子 というのが漢字名で 諸説ありますが 顔が猿に似てる?からかも知れないですね。





機材条件 同上 ●全画面でHD画質で視聴された方が見やすいかも知れません。

別の場所で別個体なコですが モグモグ風景の動画も・・・

あ、BGMで繁殖期のごとくけたたましく鳴いているのは 外来種のガビチョウさんです。




0681.jpg
機材条件 同上 トリミング 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪ 

こちらは久々にお目に掛かったミヤマホオジロさん。

これまた別のところなんですが これまたザックをまくらに寝ていると(笑)
アオジさんらしき声が・・・

自然のなかで風の音や鳥さんたちの気配を感じながらサイコーだなぁ 
なんてムニャムニャしていると チチッ・・ チチッ・・ ♪ の声がやけに騒がしくなってきました。

あら? アオジさんじゃないなぁ ホオジロさんご一行様か・・・
と いよいよ確認しようと起きて双眼鏡で探してみると なんとミヤホご一行様!

5羽+の群で 慌てて撮影しようとするも動きが忙しなくなかなか捉えることができない・・・
そうこうするうちに よりにもよってなぜか?こんなときにハイカー?がスタスタやってくるでは (´0`)
結局 数枚なんとか撮って 何にも気にしないで通り過ぎたハイカーさんとともに飛び去ってしまいました。
メデタシメデタシ(笑)

群でまとまっていたシーンなどを撮りたかったのですが なかなかうまくはゆかないものですねぇ・・・
とはいうものの ミヤホさんの群にお目に掛かったのは何年ぶりだろう・・・

主に関西地方など西日本で多く見られる鳥さんなので 出現情報に頼って鳥見をしない
気ままな鳥見スタイルじゃあラッキーだったかなぁ と思います (´-`)

ベニマシコさんもミヤホさんも向こうからやってきてくれたんですよねぇ・・・
やる気なし 撮る気なし で自然に溶け込む 否 自然で寝込む って 鳥さんも気を許してくれたかな。


0705.jpg
機材条件 同上 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪

この日は他に ルリオくん(ルリビタキ♂)にも遭遇することができました。
あ、お話のとおり?撮る気があまりないうえに ものすごい高いところでほぼ真上 仰角がハンパなく 
お約束的にチョコマカ動くもので この画が精一杯でした。

冬期になると都市公園などで見事に餌付けされたルリさんを見かけることがありますが
お山の天然?ルリさんを撮らせてもらおうとすると わからなくもないなぁ と思う時がありますね。
ただそれが不自然な姿で彼らに益とならない理由が多いので ぼくには論外なことなんですけどね。 

この日 やる気なし 大して撮る気なし でしたが
赤~ベニマシコさん 青~ルリビタキさん 黄~ミヤマホオジロさん
と 冬の信号機な鳥さん に出遭うことが来ました。

うーむ・・・ (´ー`) 




ココロで感じたら押してください・・・  thanks thanks

2009.12.02

イソピヨのちイソピヨ その3 完結編♪

なかなか投稿できないので調べてみると 一度に投稿できる容量に制限があるらしく・・・ 
こんなに長く続けてるのに初めて知った (^◇^;)

なので 3回にわけてお伝えすることに・・・


0702.jpg
FZ18単体 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪ ※容量が大きいので重いかも知れません。 

で こちらもお約束の吊り橋のある観光地。

いかにもイソヒヨさんが住んでいそうな感じ・・・


0699.jpg
FZ18+DMW-LA3+TCON-17  手持ち 1024x768 ●クリックすると大きくなります

何度か来たことはあるのですが 日没が早いこの時期・・・ 時間がなかったもので近場で鳥見んぐ!♪

と またイソヒヨさん♂がいい感じに佇んでいるではないですか。 


0697.jpg
機材条件同上 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪

団体客ご一行様がいなくなって静かになったところ
背後でなにやら気配を感じてキョロキョロ・・・

と イソヒヨくんがひょっこり現れ 岩陰を行ったり来たりと!
ちかい あまりにも近い (・ー・)

さきほどの画になるイソヒヨくんとは違う個体のようですが 
飛沫で出来た池?で おもむろに水浴び・・・ 潮水浴びをしているではないですか!

画像は潮水浴び後に羽づくろいをしているところです。

が 曇ったり夕暮れ時になったり強風が吹いたりブレブレひどすぎで
全然羽づくろいの雰囲気がないシーンしか残っておらず・・・


0700.jpg
機材条件同上 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪

トビさんが・・・ 相変わらず何を狙っているのかわかりませんが(笑)
フラー フラー と風に身を任せて飛んでいたり・・・

ほかにも ウミネコ? なんたらカモメ?さんたちがたまに横切ってゆきました。
景勝地特有?の松の木なんかにはカワラヒワさんが群で種子を食べているようでした。


0701.jpg
機材条件同上 600x800 ●クリックすると縦に大きくなります♪

帰り道にもまたイソヒヨさんが(笑)

ひとしきり歩き回ってみましたが ♂・♀・若をそれなりに見ることができました。

もしかしたら ここのイソヒヨさんは観光客の弁当の食べ残しなどで
人間に対する警戒心が薄れてしまっているのでは?と考えていましたが
近くで水浴び・羽づくろいをしていた個体以外は しっかりセーフティーゾーンを保っていましたね。


イソヒヨドリさんは ヒヨドリの名前が付いていますが 普段の行動からみてもツグミ科の鳥さんで
日本では磯(イソ)とはいうものの 学名が Monticola solitarius ・・・ 
Monticola とは山に住むという意味のようで 世界的には高山の岩石地帯に住んでいるようなんですよね。

確かに海沿いでは天然の岩場やコンクリートでできた人工建造物 内陸部では錆びた鉄骨やらダムやら
オフィス街や商店街やらと 岩好き? なのは共通しているようで 英名も Blue Rock Thrush ・・・
青い岩好きのつぐみん・・・ なのに なぜに磯ヒヨドリ??

日本の高山の岩石地帯・・・ 
といってもなかなか思い浮かびませんし もしかしたら行ったことがないだけかも知れませんが  
そういう本来いるべき場所?らしきところで一度も見たことがないんですよねぇ・・・

一度本来いるべき場所?で見てみたいものですが
日本のイソヒヨさんは 日本独自の環境に順応してきているのかも知れませんね。
そのうちムッくんのようにイソヒヨの群問題とか!? 


0698.jpg
FZ18単体 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪

そんなこんなで あちこちで出遭ったイソピヨたちに思いを馳せつつ帰路に就きました。

途中 横転事故渋滞でトップリ日が暮れてしまいましたが 観光地の夜景を眺めつつ
ヘンテコなナビ誘導に文句をいいつつ(笑) ひとまず無事に旅を終えることができました。





ココロで感じたら押してください・・・  thanks thanks

2009.12.01

イソピヨのちイソピヨ その2

そんなわけで しばらく独特の切り立った崖やミカン畑などを眺めつつ目的地周辺へ・・・

画像でお見せできればわかりやすいんですが 地方の観光地って面白い看板が多いですよね(笑)
いわゆる秘宝館的なものですが 美しい自然のなかにこうも無計画に?乱雑?に立ち並び視界を遮るものって
電柱や電線もそうですが このセンス?どうにかならないもんかなぁ などといつも思いますね。
まぁ視界を遮らないと看板の意味はないかも知れませんが (´-`)


0703.jpg
FZ18+DMW-LA3+TCON-17  手持ち 1024x768 ●クリックすると大きくなります

あっさりと用事を済ませ 翌日の帰りは久々に海外の観光客ご一行様御用達?のコースを回ってみました。

リフトで登ってゆく小高い丘のようなところで 鳥見してるのも自分くらいだろうなぁ(笑) などと思いつつ
しばし芝生で寝転がっていると 伊豆大島の方からオオタカさんが帆翔しながらやってきたり
トビ柱ができてたり・・・ 画像はカワラヒワさんの群のようですが ほかにもアトリ?なんたらマシコ?
などの群が移動していましたね。

あ、途中色々なところで ジョウビタキorルリさんの鳴き声はよく聞こえてきました。


0696.jpg
機材条件同上 375x500

一枚くらいは色づいたものを・・・

こちらは泊まったところに植わってたんですけど(笑) 
ここら辺りは紅葉目的の観光地ではないですが それでも季節感ある美しい情景をココロで感じることができました。


つづく・・・





ココロで感じたら押してください・・・  thanks thanks