ココロで感じたとりたち ~Great Nature&Birds~ | 2011年11月
  ♪明日はどんな鳥さんにあえるかな... fc2 blogranking blogranking
スポンサードリンク
  
2011.11.18

チュン太ピンチ!?

先日、またチュン太の減少の話題を目にしました。

「スズメ、20年で6割減少か 都市部での子育て難しく」 asahi.com  詳細はこちら<<

以前にも減少のニュースがありましたが、やはり減少傾向なのは確かなようですね。

結論からお話しすると、
都市部の住宅地で見かけるチュン太は、人間の住環境の変化に順応してゆかない限りどんどん数は減ってゆくのではないか
と思っています。


0894.jpg
TSN-774 S80弐号機 TE-17W 1024x768 トリミング ●クリックすると大きくなります♪

ぼくは、もう何年か近所などを中心として特に繁殖期のチュン太を観察してきました。

ぼくの住んでいるところは、築30とか40年、それ以上の古い瓦屋根の住宅が残っている反面、
自宅のように、古い住宅を壊して新しい洋風の住宅に変わってしまったりしている新旧混在した感じの住宅地です。

そんな環境のなかで、チュン太の姿を見てきましたが、やはりチュン太の姿をよく目にするのはこの画像のような古い瓦屋根のお宅。

ちなみにここでは、毎年しっかり営巣していることを確認しています。
ただ、1ツガイが何度繁殖しているのか? 何組のツガイが繁殖しているのか? どれだけが巣立ったのか?
などの細かいことはわかりません。 
ここの近辺では春から夏にかけて巣立ち雛を数多く確認していますから、そこそこは巣立っていると思います。

ちょっと脱線しますが、この棟木に器用にとまっている姿は、キツツキの仲間なら簡単なんでしょうけど、
チュン太もしっかり尾羽を広げて三点支持しているんですよね (^^)


0895.jpg
機材条件 同上 1024x768 トリミング ●クリックすると大きくなります♪

ほかの鳥さんの綿羽?を巣材として運び込もうとしているチュン太ですが、
雨樋を伝って瓦の下に隠れて、次にひょっこり顔が出すのはとんでもない先だったりと
瓦屋根は彼らにとって都合がいい仕組みになっていますよね。

洋風のカラーベスト、コロニアルなどのスレート屋根では、瓦屋根ほど隙間がないようなので、
雨樋には姿を見ることができますが、隠れるようなところはほとんど見たことがありません。

また、自宅にもある出窓の上なんかのスペースはわりとくつろげるように思うのですが、
これも、ぼくが観察している限り、雨天の時などたまにだけで日常的には見かけたことはありません。


0893.jpg
機材条件 同上 1024x768 トリミング ●クリックすると大きくなります♪

軒桁で育雛の疲れを癒しているのか?夏の日差しを避けてマターリしているチュン太です。

昔ながらの住宅には、こんな感じで安心してゆっくりしていられるところがたくさんあるんですよね。
それと、ものすごく重要だと思うのが、この手の古いお宅には必ずといっていいくらいに立派なお庭がありますね。
そこで、雛に与える昆虫を捕らえたり、砂浴びをしたりなど、トータルで彼らには理想的な繁殖環境なのだと思います。

ところが、最近の住宅事情を見てみると、庭付きの大きな平屋だったところが、3軒くらいの2階建ての小さな洋風の家になり、
庭の代わりに駐車スペースだけがあるという、チュン太にとっては非常に厳しい環境に変わってしまっています。


0892.jpg
機材条件 同上 640x480 トリミング

日常の当たり前の風景と思っている、チュンチュン♪賑やかな彼らの姿を見られるのもそう長くはないかも知れませんね・・・

ただ、今回のスズメ減少のお話も、あくまでも推定値にすぎなく、ぼくのお話も近所などに限ったものですので、
全国的にチュン太がいなくなるとは思っていませんし、都市部の住環境が変化したとしても、
しぶとく営巣場所などを変化させて生き残るのかも知れません。 いえ、そうあって欲しいとココロから願っています。




ココロで感じたら押してください・・・  thanks thanks


♪引き続き 右欄上にある カメラのセット欲しい方募集してま~す♪
詳しくは こちら << 



2011.11.13

MATAHIYOKA

うーん・・・
それほど遠くないところから高濃度の放射性セシウムが検出されたようで、
これって周辺の土壌なども汚染されている可能性があるってことですよね・・・
はてさて国や地元の行政はどういうアクションを起こしてくれるのだろうか。

さて、またヒヨさんからスタートなのですが (^_^;)

0891.jpg
TSN-774 S95壱号機 TE-17W 768x1024 ●クリックすると大きくなります♪

しかも曇り空抜けという・・・

オリジナルを縮小しただけの画です。

これは望遠域にズームしているのですが、周辺減光が気になりますね。

S95は広角側か望遠側でクリアランス調整してやらないと周辺減光が出てしまうのは知っていましたが、
いざ撮影時に調整ということになると、慣れの問題もあると思いますがちょっと煩わしいですね。

S80がほぼ全域無調整で使えたので尚更なのですが、未だ試行錯誤中の CANON S95・・・

S80の頼りない液晶モニターからかなり見やすくなったり、トリミング耐性もいい感じ♪などのメリットはありますが、
肝心の全域の解像感もイマイチ・・・ それと中央部から少し外れると、解像感の低下が著しい感じ。

セッティングでどうにかなるかも知れませんが、今のところS80と同等とは言えない状態ですね。
低ISOではノイズの増加がそれほど変わらないようなので、しばらくCカラーでシャープネスを増やして試してみようと思います。
複数モニターで確認したり輝度を上げたりするとやっぱりノイジーなのでデフォルトでいきます (^_^;)

それと、ニコワン(NIKON 1)・・・ デジスコでの使い勝手はどうでしょうね。
作例はいくつか拝見させていただきましたけど、さすがにコンデジとは違う豊かな階調表現だなぁと思いました。
ただ、背景の具合がちょっと引っかかるのと、機材全体が長く、重くなるのがどうなんでしょう・・・
雲台にプレート、サポートや三脚までも変更しないと厳しいのか? ちょっとすぐには手を出せないですね。 
ということで、ぼくはマウントアダプターを介して、そのうちV1手持ち用で使ってみたいなぁなんて思っています。

S100も12月上旬に発売予定との正式なアナウンスがありましたね。
デジスコでの使い勝手はどうなのかわかりませんが、作例やS95との比較画像を見る限り、
高感度に強いようで動画もフルHD化され、ノイズも少ないのはいいですが、どこかノッペリした印象を受けました。
S95から色々変化したS100・・・ さてどんなもんでしょうか。 


0889.jpg

話は変わりますが、また 日本野鳥の会さん に ちっこく(笑)何点か写真を使っていただきました。
少し前にもなにやらありましたが、それはまたの機会に・・・


0890.jpg

このパンフレット?には、ここ何年か色々な画像を名前入りで使っていただいていますね。
ぼくは図鑑写真モドキみたいなものしか撮れないので、使っていただけるだけでありがたいです。

催しの詳しい内容は こちら<<

もし参加されましたら、ほほぉ ここら辺ではこんな鳥さんが見られるんだなっ!
とは思わないでくださいね(笑) あくまでも周辺に生息しているだけですから (^^)






ゴロスケ ほぉ! と思われたら押してください・・・  thanks thanks

2011.11.11

柿ウマー♪

いまだ身近な所の紅葉は進んでいないものの、冷たい雨の日など、いよいよ冬が近づいてきた感じですね。

繁殖を終えて近所に戻ってきた NANDAHIYOKA さん・・・

柿の木では ピエー! ピエー!! と柿の木番長を主張していますが、

大番長カラスくんがやってくると、ピェッ ピエッ・・・ と情けない声で飛び去っていきます(笑)


0888.jpg
TSN-774 S95壱号機 TE-17W 600x800 トリミング

大番長がいなくなると豪快な食べっぷりで、あっという間に形があった柿もダラ~ンとご覧のような有様に・・・

ヒヨさんがいなくなるとチュン太集団がやってきて、ケンカしながらワイワイガヤガヤパクパクモグモグ、

つられてメジロちゃんもやってくるのですが、チュン太に追い立てられていつものようにガマンのメジロちゃん。

今期は近所の甘柿の出来が悪いので、すでに完売状態?になっているんですが、熟し切っていない渋柿にも鳥さんはやってきます。

渋柿も、真っ赤にトロトロに熟せば甘くなるのですが、そんな状態になる前から他の鳥さんは

 うわぁ シブッ(´ヘ`;) とすぐに食べるのをやめてしまうのを

そんなのおかまいなしにガツガツ食べているのが近所に常駐しているハシボソガラスくん。


一般的に鳥類にも味覚や臭覚があります。味覚は味蕾(みらい)と呼ばれている味を感じる器官が、

人間が約一万個あるのに対して、鳥さんは数十個しかないため、人間ほど優れているわけではないようですが、

それでも、そこそこの味の違いは判断できると言われています。

じゃあ、カラスくんは 「やっぱシブさをわからないうちはおこさまだな フッ (´ー`)y─┛~~」 とか言っているんでしょうか(笑)

恐らくですが、小鳥の類などとは違って食べる量が多く必要なので、味は無視しているんでしょうね。

もっとも、食料が枯渇する厳冬期になればどんな鳥さんでも味なんて度外視していると思いますが。


ちなみに、鳥さんの味蕾は、舌の付け根とか咽頭付近にあって、人間もほぼ同じところにあるようで、

ビールを飲んだ時の ノドゴシ なんかは、この咽喉頭付近の味蕾によって旨さを感じているようですよ (´-`)





ココロで感じたら押してください・・・  thanks thanks