ココロで感じたとりたち ~Great Nature&Birds~ | 2012年03月
  ♪明日はどんな鳥さんにあえるかな... fc2 blogranking blogranking
スポンサードリンク
  
2012.03.28

コジュケイさんも朝から大忙し♪

近所のとりさんたちが、いつの間にか春モードになってきました。

チュン太のツガイがいつもの営巣場所で動き回り、シジュウカラさんもツガイで営巣場所探しをしています。
すっかり冬の動きとは変わってきましたね (^^)


0945.jpg
TSN-774 S95 TE-17W 1024x768 トリミング ●クリックすると大きくなります♪

コジュケイさんも仲間の声を聞いて、スタタタタァ・・・ と走っていました(笑)

飛ぶのがそれほど得意ではないので、普段は藪のなかをカサカサ音を立てながら移動してゆくはずなんですが、
やっぱり春なんでしょうか、さながら必死で走り回るニワトリのごとく草地を駆け抜けてゆきました。


0946.jpg
機材条件同上 640x480 トリミング

そのまま藪の中に入ってしまったようでしたが、しばらくすると2羽で出てきて採食をはじめていました。

こんな感じで自然に溶け込んでしまうので、注意して見ていない限り気づかないでしょうね。


0944.jpg
機材条件同上 1024x768 トリミング ●クリックすると大きくなります♪

非繁殖期の冬場は小群で行動していることが多いのですが、この日はツガイと思われる2羽での行動をよく見ました。


0947.jpg
機材条件同上 360x270

ツガイと思われるという根拠ですけど、このとりさんは雌雄同色、見た目が一緒なんですよね。

それでも脚に 蹴爪(けづめ)=赤丸部分 という突起があるのが♂なんです。

双眼鏡でその部分を見ていましたが、このツガイと思われる2羽のうち、1羽しか突起がなかったので、
1羽が♂、1羽が♀というわけです。




こちらは 動画 です。

たまにこちらを気にしている感じですね。

基本的に警戒心は強いのですが、こちらが動かないで固まっていたりすると、向こうから接近してくることもあります。
場所によっては、かなり人に慣れているなぁ なんて思うこともありますね。




こちらも 動画 です。

早朝、人通りがない時などはこんな感じで歩いていたりします。

ウグイスさんやシジュウカラさんの声も入っていますが、けたたましく 「ちょっとこいちょっとこい♪」
と聞こえてくるのが、このとりさんの仲間の声です♪




ココロで感じたら押してください・・・thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ
2012.03.24

オオ?アカハラ?

カサ・・・ カサ・・・ 

冬の早朝の森ではいろいろな音が聞こえてきますが、同じ場所から枯れ草のカサカサ音が聞こえてくると、

それは大抵、つぐみんの仲間です。


0943.jpg
TSN-774 S95 TE-17W 1024x768 トリミング ●クリックすると大きくなります♪

重めのガサガサ音はタイワンリス、移動しながらのカサカサ音はコジュケイさん、

ツピー♪ とか チッ♪ と声が聞こえてくるとシジュウカラさんやアオジさん・・・

あとはキジバトさんもカサカサやっていますね。

だいたいこんな感じなのが、ぼくの身近なフィールドのいつもの風景でしょうか。




こちらは、落ち葉をカサカサ♪かき分けながら、獲物を探している 動画 です。

この時期は樹上の実が少なくなり、渡りに備えて栄養分を蓄える必要がありますから、
地上でミミズなどの高タンパクな食べ物をパクパク食べています。

落ち葉を上手に・・・ 手がないので乱暴にもみえますが(^_^;) かきわけていますね。


0942.jpg
機材条件同上 1024x768 トリミング ●クリックすると大きくなります♪

わりと忙しなく移動するのと、同色の落ち葉にピントを喰われたり、モジャモジャに阻まれたりと難儀しましたが、
なんとか抜けるところを見つけて撮影・・・

アカハラさんは以前にもブログに登場したことがありますが、この個体は頭部の黒味が強かったですね。

種アカハラには、亜種アカハラ と 亜種オオアカハラ (T.c.orii) が分類されているんですが、
オオアカハラさんの特徴として、体が大きい、嘴が長めで太め、頭部の黒味が強く、上面のオリーブ色が濃い・・・
そんな感じのようですが、この個体は、体が大きめで頭部が黒いというのがあてはまるものの、
以前何回か見たことのある、頭部が大きめで角張った感じ?、嘴が長め のハッキリそれとわかると個体とはちょっと違うような気もします。
それから、頭部の黒味も光の状態によって薄く見えたりもしますから、これも微妙なところかも知れません。
これから繁殖期ですから、羽色も濃くなってきているとも思えます。

ただ、やはり今まで見てきたなかでも大きめに感じ、頭部も一様に黒味がかっていることなどからオオアカハラとしておきます。
もし、決定的な識別点の違いなどがありましたら、ご教授していただけるとありがたいです。


まぁ つぐみんの仲間のアカハラさんってことでいいんですけどね(^^)




ココロで感じたら押してください・・・thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ
2012.03.22

モズあれこれ

さて、別の場所で採食に励む?モズ♂・・・


0941.jpg
TSN-774 S95 TE-17W 1000x666 トリミング ●クリックすると大きくなります♪

トビケラの仲間?かなにかの幼虫だと思いますが、片目でジーッと下を睨みつけて・・・
パッと 地面に降りたら咥えて戻ってきていました。

その後、決して上手とはいえない横移動(笑)をしつつ、小枝を使って食べるのかと思いきや、
小枝に突き刺していましたね・・・ 

早贄(はやにえ・獲物を枝などに刺す行為)って、秋に多く、
冬場の食料不足を補う貯食行動なんて説もありますけど、枝に刺した獲物を忘れることも多くて、
獲物の多い春にもやっているということから、恐らく単に本能的な行動なんだろうと思います。


0940.jpg
機材条件同上 1024x768 トリミング ●クリックすると大きくなります♪

ジーッと睨みつけてつけています・・・


0939.jpg
機材条件同上 1000x666 トリミング ●クリックすると大きくなります♪

そして今度もなにかの幼虫を捕まえてきましたね。

この幼虫は、パクッと一飲みにしていました。




こちらは 動画 です。

狩りの間に モズ(百舌鳥) 特有の鳴き真似 もしていました。

冒頭、ちょっとヘリの音がうるさいですが、主にメジロの鳴き真似をしていると思います。
途中入っているコゲラと思われる声は違うと思いますが、ヘリの音をカットした部分には別の声も入っていましたね。

ぼくが今まで聞いた鳴き真似の多くはチュン太(スズメ)です。
ちょっとガイジン風(笑)なのですが、けっこう似ているんですよね。
ほかにも、カワラヒワ、コジュケイ、キビタキに似たような声も聞きました。

なぜ鳴き真似? ってことなんですけど、モズさんがやってくると、キジバトやカラスなど、どうみても捕食されない、
もしくはマイペース(笑)な鳥さん以外の小鳥の類なんかは、あっというまに飛び去るんですよね。

そんななか、鳴き真似をして獲物を誘き寄せる なんて説があるようですけど、
実際誘き寄せられて捕食されているところは見たことがありませんね。


0938.jpg
機材条件同上 600x800 トリミング

こちらは朝日に照らされながら、獲物を物色中のメインのフォールドの♀。

毎年ナワバリの分布を調べていますが、今年もしっかり同じナワバリで元気に飛び回っていました。

モズさんって小さな猛禽って言われていますけど、けっこう警戒心が強くて、
カラの仲間のようにフレンドリーな感じの距離になることは滅多にありません。
なったとしても、必ずといっていいほど枝の陰などに隠れることが多いですね。

ここのナワバリの♀も、だるまさんが転んだ前進(笑)をしても一定の距離を保ちながら移動してゆきます。


0937.jpg
機材条件同上 1000x666 トリミング ●クリックすると大きくなります♪

この♂もメインフィールドのいつものナワバリにいましたね。

モズさんがやってくると、ホントににぎやかだった小鳥たちが消えて静まりかえります。
飛去するものもいれば、葉陰でジーッと声を殺して?やりすごしているのもいますね。

尾羽を ぐりーん・・・ぐりーん・・・ と回しながら地面を睨みつけているモズさん・・・

小鳥やネズミ、魚や爬虫類なんかを襲ったり、獲物を生きたまま枝に刺したりなど、
ちょっと獰猛な印象もありますけど、全て彼らは本能でやっていて、生きるためですから、これも自然な姿ですね。





ココロで感じたら押してください・・・  thanks  thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ
2012.03.20

恋の季節♪

モズは面白い。

何を今更と思われるかも知れないませんが、ずっーと見ていても、その多彩な行動に飽きがきません。


0936.jpg
TSN-774 S95 TE-17W 1024x768 トリミング ●クリックすると大きくなります♪

小さな猛禽に似合わず、かわいらしい声で♂を呼ぶ♀・・・


0935.jpg
機材条件同上 1024x768 トリミング ●クリックすると大きくなります♪

しきりに体を震わせてねだっているものの、一向に♂はやってこいない・・・




こちらはその 動画 です。
ちょっと風の音がうるさく聞こえるかも知れません。


0934.jpg
機材条件同上 600x800 トリミング

おーい! なにやってんのよー (´0`)  って聞こえてきました・・・


0933.jpg
機材条件同上 1024x768 トリミング ●クリックすると大きくなります♪

ちょっとキレ気味な感じ(笑) そんな怖い顔じゃあマズイと思うんですけど・・・ 本性が・・・

逞しい足と鉤状の嘴は隠しきれませんからね。


0932.jpg
機材条件同上 600x800 トリミング ●クリックすると大きくなります♪

いろいろなところに移動して、かわいらしい声でフルフルを繰り返しているのですが、なかなか現れてくれない♂。

かわいらしい声の合間に、チュン太とかカワラヒワのさえずりに似たような声も出していましたね。

一方、その頃♂は・・・


0931.jpg
機材条件同上 1024x768 トリミング ●クリックすると大きくなります♪

うーん・・・ きょうもいい空だぁ・・・

と、マッタリ(^^)

しているだけでもないんですけど、別の場所で活動していましたね。

つづく・・・



ココロで感じたら押してください・・・  thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ


2012.03.17

幸せ色のとり(帰り編)

さて、帰り編・・・

久々に行ったサブフィールドは、以前お話した 今年はとりさんが少ない どおり、
常連の方も 少ないねぇ と仰っていたものの、例年見られる種はそれなりに観察することができました。

ただ、つぐみんやシロハラさんなど、ごく普通に見られるとりさんは、あちこち歩き回っても僅かしか観察できませんでした。
メインのフィールドでも観察、識者から話も伺いましたが、国外から渡ってくる種が少ないのは確かなようですね。


人が少なくなる夕暮れ時に、朝来た道を戻ってゆくと、以前から思わぬとりさんに出遭えていたので、
この日も暗くなりかけた園路をゆっくり歩いてゆきました。

朝の 幸せ色 の ルリくんはいるだろうか?

うーん・・・ いない ┐(´ー`)┌

時折、チャッチャツ♪ とウグイスさんの地鳴きやアオジさんの チッ♪ という一音のかわいらしい地鳴きは聞こえてくるものの、
それもいつかしか聞こえなくなり、寒さが戻った静まり返ったフィールドで、しばし夕日を眺めてマッタリしていました。

さて帰ろうかとしていたところ、遠くの畑みたいなところで動くモノ発見!

ヘンテコな棒やらストック(笑)やら刺さっているなぁと思いながら、双眼鏡で見てみると・・・


0930.jpg
TSN-774 S95 TE-17W 600x800 トリミング

無言で佇む 幸せ色 のルリくん・・・

地面をしきりに眺めつつ、パタッと降りてパクパク・・・ パタッと降りてパクパク・・・ を繰り返していました。

遠い、暗い、足場は草地で安定しない、時折すぎる犬を連れた散歩の人・・・
条件はよくなく、三脚の固定や水平出しをしているうちに次の枝、次の枝とどんどん移動ゆくものですから、
ブレ覚悟で三脚を抱え込むようにしながら撮っていました。 これはそんなマグレ?の一枚です(^^)


0928.jpg
機材条件同上 1024x768 トリミング ●クリックすると大きくなります♪

こういうヘンテコな廃材とか、いろいろなものがあるところなのですが(笑)

これはこれでまた自然でいいかなと。


0927.jpg
機材条件同上 1024x768 トリミング ●クリックすると大きくなります♪

さすがに低SSではお化け画像ばかりになってしまいますが、
それでも止まっていてくれれば、なんとか撮れちゃうのがデジスコ(無振動)システムのすばらしいところですね。

あまりにも体勢が厳しかったので、ちょっと立て直していたのですが、その間にロスト・・・

見失ってしまいました。

さぁ 帰りにも遭えたことだし、いよいよ帰路につこうと、またテクテク歩いてゆくと
シジュウカラさんやらヤマガラさんなどがまだ騒がしく動き回っていたり・・・
ヤマガラさんは貯食行動・・・ 地面でなにかの実を拾っては樹皮のめくれている部分に押し込むのを繰り返している・・・

そんな行動をじっくり観察していると、いよいよ暗くなってしまいました (^_^;)


再びテクテク歩いてゆくと、作業場の敷地?の藪だったところが、朝見た時よりスッキリしてる・・・

早朝からなにやら作業していたのを見ていたので、また切っちゃったのかぁ などと思いつつボンヤリ眺めていると、

おや?


0926.jpg
機材条件同上 1024x768 トリミング ●クリックすると大きくなります♪

暗がりでわからなかったのですが、尾羽のピロピロ♪で、また発見!

あー ここも君のナワバリだったのかぁ すっかり綺麗にされちゃったねぇ・・・


0925.jpg
機材条件同上 600x800 トリミング

でも、そんなことを気にしているのかいないのか?
僅かに残されたこんな感じの枝に止まって、しきりに地面の昆虫らしきものを捕らえていました。
 
もうそろそろお山に繁殖しに帰る時期ですから、たらふく食べているんでしょうね。

後ろのグリーンは、作業場?のシートです(笑)


0924.jpg
機材条件同上 1024x768 トリミング ●クリックすると大きくなります♪

ここにも廃材みたいなものが点々と・・・

ルリビタキさんの♂は、およそ4年かかってやっと綺麗な瑠璃色の完全な成鳥羽になるのですが、
この個体は、初列、次列風切羽の羽縁がやや褐色に見えるので、3年ほどの完全な成鳥の一歩手前くらいじゃないかと思います。


たかが3年や4年、あっという間だよね! と思われる方もいるかも知れませんが、自然下でのほとんどの鳥の寿命はハッキリわからない・・・

運良く標識された個体が再捕獲されたとしても、それはその個体だけのものであって、
特に小鳥の類などは常に捕食されたり、野良猫などに襲われたりする危険が伴いますから、
平均するとどれもかなり短いんじゃないかと思います。

そんなわけで、写真だけが目的の人やぼくもたまに撮影に没頭すると、イカンイカンと我に返るのですが、
なんだシジュウカラか とか 色が悪いなぁ・・・ などと思っているそのとりさんは、
姿は同じように見えるけれど、決していつもいる個体とは限らない、自然の摂理の下なんとか今まで生き残ってきた個体・・・

そんなようなことに少しでも思いを寄せて欲しいと思います。


その後幸せ色のとりさん は、暗いなかでもひたすら地面を掘ったりつついたりを続け、
まさにつぐみんの仲間なんだなぁ などと改めて感じつつ、すばらしき出遭いに感謝しながら、その場をそっと離れました。

次の冬も無事に、そしてもっと綺麗になった姿を見せに戻ってきてくれよー!




ココロで感じたら押してください・・・  thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ
2012.03.16

幸せ色のとり(行き編)

サブのフィールドにも1年以上?ぶりに行ってみました。

ここは、ポツンと辛うじてまとまった自然が残されている おかげか?
渡りの途中に寄る鳥さんや、特定の環境に依存する鳥さんがよく見られ、撮影にも向いているフィールドなのですが、
反面、自然のなかでひとり静かに五感を使って生き物に出遭う楽しみに乏しいので、わりと近所なのにご無沙汰していました。

あー 変わってないんだなぁ と思いながら、まだ薄暗い園路を歩いていると・・・


0923.jpg
TSN-774 S95 TE-17W 1024x768 トリミング ●クリックすると大きくなります♪

いきなり ヒッヒッカカカッ♪ の挨拶もなく目の前に 幸せ色 のとりさんが!?

ちょっ まだ寝ぼけているんだからビックリさせないでよ!

とか思いながら、水平を出す余裕もなくひたすらシャッターを押していました。

なんとか SS1/30出てますから、尾羽フリフリを少なめにしてくれれば問題ないんですが、

ルリくんも 「君はなんでこんなとこにいるんだよ!」って感じで、サッと先の杭へ・・・


撮影のための餌付けが行われている冬の代表的な鳥さん と言っていいと思いますが、
ここは以前から、常連(大先輩)の方々が目を光らせているので、大丈夫・・・ とは思いつつ、
この後、大先輩に伺ったところ、今でも変わっていないとのことなので、ひとまず安心しました。
実際、観察していても、不自然な感じはしなかったのですが、もやもやのままは気分が悪いので・・・



0922.jpg
機材条件同上 1024x768 トリミング ●クリックすると大きくなります♪

その後、お約束の? 杭から杭へ ピョン!・・・ フリフリ・・・ ピョン!・・・ フリフリ・・・

が続き、竹藪のなかへ消えてゆきました。

いやぁ いきなりビックリしたなぁ と思いつつ、再び歩き出すと、なにやら遠くでまたそれらしき姿を発見!


0921.jpg
機材条件同上 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪

ジョビコだろなぁ と思いつつ、少し歩いて双眼鏡で眺めてみると、またもやルリさん!

おやおや、今朝はビックリだらけだなぁ(´0`) などと思いつつ、ジリジリ寄りながらズーミングして撮影。

この個体は♀タイプですけど、翼角などの羽衣に瑠璃色味が出ていないので、♀と思っていいと思います。

やはり杭から杭へ、そしてたまに地面へ降りてなにやらパクパクして、また杭へ・・・

こんなことを繰返しながら、♂と同じく竹藪に消えてゆきました。


幸せ色(帰り編)へ続く・・・



ココロで感じたら押してください・・・  thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ 

2012.03.14

エナガちゃん観察♪

昨日お話した エナガちゃん ・・・

色々気になったので、暗いうちから森に行ってきました。

こうやってみると改めて尾羽が長い!
尾羽を入れて14cmくらいですから、尾羽がないとキクイタダキ、ミソサザイ、ヒガラさんより小さいかも。


0917.jpg
TSN-774 S95 TE-17W 1024x768 トリミング ●クリックすると大きくなります♪

やはりイイ写真は撮れませんでしたが (^_^;)
それでも 小さえずり と思われる鳴き方をしていた時のものを。

わりと高めの枝にやってきて、つぶやくように チュリチュリ♪複雑な鳴き声を出していました。

と、ほどなく♀が近くにやってきて連れ立ってどこかに行ってしまう・・・

園路以外は立ち入ることはできないので、追いかけることはできませんが、
しばらく待っているとまた近くの枝で 小さえずり のようなことをやり、
今度は下に降りて、くら~い葉陰でなにやらゴソゴソやっています。


0918.jpg
機材条件同上 1024x768 トリミング ●クリックすると大きくなります♪


と、書いている時に携帯&TVの緊急地震速報!!! これ毎回ビックリしますよね・・・

十勝沖に続いて、千葉県北東部で震度5強発生、こちらもグラングラン気持ち悪いです(つД`)
まるで震災の時のような感じでした。 みなさん大丈夫でしたでしょうか。 ちょっと最近多すぎですね。



話を戻してまして・・・ 

恐らく♂だと思いますが、なにやら咥えていたのはわかったんですが、

画像を見てみると、蜘蛛の糸のようなまゆのような・・・

これは巣材のなかでも 接着剤的な役割 をするそうで、これがあるから芸術的な巣が組み上がるんですね。

このツガイは、同じ方向を行ったり来たりしていたので、ただいま営巣真っ最中のようです(^^)


0919.jpg
機材条件同上 1024x768 トリミング ●クリックすると大きくなります♪

こちらはスギだと思いますが、ささくれだっている部分をちぎって、たくさん咥えています。

これは巣の 外装の補強剤 として使うようですね。 彼らはホントぼくらが考えているより遥かに器用です。


冒頭に 暗いうちから と書きましたけど、いつも暗いうちから観察、撮影していますが、
今日は特に、トラツグミのトラちゃんも撮影したかったんですけど、出遭えませんでした。

ぼくがよく見かけるところは、暗いうちにしか遭えたことがないので、期待して行ったんですけどねぇ・・・
まぁ今冬も元気な姿を見ることができたので、それで十分なんですけどね!





ココロで感じたら押してください・・・  thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ

2012.03.13

森の芸術家

前回に引き続き、森のなかではカラの混群やエナガちゃんの小群、ツガイも見かけました。


0916.jpg
TSN-774 S95 TE-17W 1024x768 トリミング ●クリックすると大きくなります♪

エナガちゃん・・・ 大好きな鳥さんのひとつです♪

この鳥さんを嫌いっていう人はあまりいないと思いますが (^_^;)


撮影者、特にマニュアルフォーカスなデジスコでは、行動を観察して読まないとなかなか構図に収まってくれませんね。

この画像も余裕の露出オーバー(笑) 露出に気を配っている余裕はありませんヽ(;´Д`)ノ

とにかく忙しなく動き回っていますが、この時期は冬の小群から2羽だけの行動がよく見られます。

といってもまだ時間帯によって、ツガイ同士の小群に合流したりと、その動きは複雑なようですが。


前回登場した2種の鳥さんと違って、エナガちゃんには ハッキリしたさえずりがありません。

チュルルルー♪ とか ジュリュッ♪ などと鳴きますが、木のテッペンとか梢でさえずらないんですよね。

さえずりの代りに 小さえずり というのがあるようですが、観察していてもどれがその声なのかわからないです(´0`)
まだまだですねぇ・・・


エナガちゃんは、シジュウカラさんやヤマガラさんなどなどと違って、一から巣を作り上げます。

以前、偶然見かけたことがありますが、完全にカモフラージュされていて、一見すると木のコブにしか見えませんでした。

まぁなんとも精巧に出来ていて、とてもチュン太などより遥かに小さい嘴で作り上げたものとは思えませんでしたね。

地衣類などを巧みに使い、どこか芸術作品のように見えました。


http://cgi2.nhk.or.jp/school/movie/clipbox.cgi?das_id=D0005400376_00000&keepThis=true&TB_iframe=true&width=920&height=480


NHK for School という学校向けの教材のようですが、こちらでエナガちゃんの営巣風景を見ることができます。

番組を見ていてもわかると思いますが、エナガちゃんって環境も高さも違う色々なところで営巣するんですよね。


繁殖中には ヘルパー がツガイの手伝いをしたりなど、面白い生態もあったりするんですが、エナガちゃんを詳しく知りたい人には是非・・・

エナガの群れ社会 (信州の自然誌) 中村登流著


をオススメします。 エナガちゃん以外の鳥さんのお話もあったりで、ぼくの好きな本のひとつです。


あ、しつこいくらいに何回も言っていますけど、もし偶然営巣場所を見つけても、フラッシュを使った撮影や長時間居座るようなことは絶対やめてくださいね。

 お願いしますm(_ _)m



ココロで感じたら押してください・・・  thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ

2012.03.12

ウグイスかくれるシーちゃんさえずる♪

今朝も寒かったですが、本日は自宅周辺でのウグイスのさえずり初認日でした。

去年は、というと・・・ 3/20ですから、今年はちょっと早いですね。

去年の今頃は、まだあちこちでマヒワを見ていたんですが、今年はさっぱりです。


メインのフィールドでは先日一足早くウグイスのさえずりを確認していました。

・・・ といったわけ?で、ひさびさに撮影してきました。


0915.jpg
TSN-774 S95 TE-17W 1024x768 トリミング ●クリックすると大きくなります♪

あちこちでさえずっていましたが、まだソングポストが定まっていないようで、モジャモジャの藪のなかから探すのが大変です (´ヘ`;)

毎年のことですが、 ー・・・ ホケッ・・・・・・

おいおい、キョッ! はどこにいったんだい?っていうものなど、まだまだ慣れていないのでバリエーションが豊富です(笑)


0911.jpg
機材条件同上 1024x768 トリミング ●クリックすると大きくなります♪

一方こちらはシジュウカラのシーちゃん。

思いっきり白飛びしてしまっていますが、強烈な朝日を浴びてさえずっています。

この日は日の出直後から観察・撮影をはじめたのですが、あちこちで一番にぎやかだったですね。

非繁殖期の晴れた日なんかにもさえずることがありますが、

森いっぱいに ツーピーツーピーツーピーツーピー♪

と、軽快なリズムが響くと、どこか陽気な気分になりますね。

もう営巣準備に入っているツガイも見かけて、これからより一層にぎやかになります♪



ココロで感じたら押してください・・・  thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ


あ、S80→S95に変えての撮影でしたが、望遠域がそのまま使えないのがやっぱりぼく的にダメです(笑)
液晶モニタが見やすくなった+でじすこや元店長近さん仕様のフードを装着しているので、
両眼視はできますが、当然まだまだモノにはなりません(^_^;)
総合的にはS80の方がいいですが、ダイナミックレンジの違いやA/Fがイマイチなので、ニコワンを試したいですね。


2012.03.02

はぁ・・・

と、ため息ををつきたくなるような記事をアップしましたので、
   よろしければ情報ブログの方を見てみてください。

        こちらです<<

0910.jpg
Posted at | ひとりごと | COM(0) | TB(0) |