ココロで感じたとりたち ~Great Nature&Birds~ | 2012年04月
  ♪明日はどんな鳥さんにあえるかな... fc2 blogranking blogranking
スポンサードリンク
  
2012.04.20

Stressful

春は慶ばしい季節なはずですが、どうにも体調が芳しくありません。

感受性の強いところが自分の好きなところでもあるんですが、同時にストレスももろに受けてしまう諸刃の剣・・・

何事にももっと鈍感になれたらなぁ


0965.jpg
TSN-774 S95 TE-17W 480x640

最近は妹の帰国とともに欧州人がやってきているのですが、

英語が全くでてこない(笑) しかもアメリカ英語じゃなくて本場の英語は発音が違う(^_^;)

自然や生き物の話をしているんですが、通訳なしには(あっても)真意がなかなか伝わらないのがもどかしい。

たとえば、ずばり人間は自然の一部なのか? とか 日本の文化のひとつ、イルカ漁とか・・・

彼も世界中を旅している自然大好き人間なんですけど、

人類は地球のガン細胞みたいなもの というのは話していましたね。

軽いフットワークで世界を旅している人なんかと話していると、スケールの違いを感じます。

あ、ストレスフルのお話でしたっけ(^_^;)

この時期、夏鳥たちが繁殖のためにやってきています。

撮影者の本音としては、いち早く探して、撮影したいと思う方が多いでしょう。

でも彼らはやっとの思いで繁殖地である日本に到着して疲労困憊なわけです。

その辺りを鳥さんの視点から推し量ってもらえる方が増えると鳥さんのストレスも減っていいなと思います。


なかなか自分を変えるのは難しいですね・・・ なるべく綺麗なものでも見ていよう。。。




thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ
Posted at | ひとりごと | COM(1) | TB(0) |
2012.04.17

うーん ねむい(つД`)

ぽかぽか陽気だと人もとりさんも眠くなりますねぇ


0962.jpg
TSN-774 S95 TE-17W 1024x768 トリミング ●クリックすると大きくなります♪

これは チュン! って鳴いているところではなくって、あくびをしていたところです。

花びらを豪快にむしりとっているのかなぁと見ていたら、どこか動きの鈍い眠たそうなチュン太でしたね。


0964.jpg
FZ150 DMW-LA5 T-CON17 600x800 トリミング 手持ち

土手の方から黄色いものがサッと飛び込むのが見えたので、探してみるとアオジさん。

もうすっかり繁殖羽になっているようで、冬の装いとは違ってピンクのなかの黄色が眩しかったです。

ちょっと高いところにいたので、やや無理な画になっていますが、このワンカットだけなんとか撮れました。

デジスコならピントを合わせている最中に飛去してしまったと思いますが、FZくんの速いA/Fのおかげですね。


0963.jpg
FZ150 DMW-LA5 T-CON17 1024x768 トリミング 手持ち ●クリックすると大きくなります♪

カワラバト(ドバト)さんも、ちょっとうとうとしながら羽繕いをしていました。

春眠暁を覚えず・・・ みなさんも寝過ごしませんように♪




ココロで感じたら押してください・・・thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ
2012.04.14

シーちゃん速すぎ (´ヘ`;)

サクラ並木でとりさんを写すのってけっこう大変ですよね。
なにしろサクラだらけなものだから、なかなか一箇所に長居してくれないんですよね。

ヒヨさんとかメジロちゃんなら蜜を吸ってる間になんとか撮影の体制を作れるんですが、
ヒヨさんもメジロちゃんもやはり少ない・・・
メジロちゃんに至っては、日の出から午後まで数回見ただけで撮影チャンスがありませんでした。


0959.jpg
TSN-774 S95 TE-17W 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪

そんななかで、ツガイで忙しなく飛び回っていたのが、シジュウカラさん。
前夜に雨が降ったんだと思いますが、花びらに水滴がついていい感じになりました。

非繁殖期やツーピーツーピー♪さえずっている時には比較的スローな動きなのですが、
繁殖期になり、サクラについている昆虫を探しているスピードは速い速い (´ヘ`;)

フィフィ・・・フィフィ・・・♪ とつぶやくような、普段あまり聞かない声を発しながら、
なにかに取憑かれているように、枝から枝へ、樹から樹へと移動してゆきました。


0960.jpg
FZ150 DMW-LA5 T-CON17 1024x768 トリミング 手持ち ●クリックすると大きくなります♪

ちょっと引いた画も・・・

なにやら咥えているシーちゃん。
昆虫を見つけてゆっくりしてくれればいんですが、 ・・・パクッ はい次!
という感じで、どんどん移動してゆきます。

こういう時の手持ちということで、最近導入したFZ150くんにがんばってもらいました。
一眼手持ちを考えていたんですが、ひとまずFZ18の資産が使えるものにしてみました。

インプレみたいなものは、そのうち記事にしたいと思いますが、
S95に比べて圧倒的にA/Fが速く、追従A/Fで5.5コマ/秒、制限ありの12~60コマ/秒の連写が魅力でしょうか。

明るい時には手持ちでそこそこ使えるんじゃないかと思います。


0961.jpg
FZ150 DMW-LA5 T-CON17 1024x768 トリミング 手持ち ●クリックすると大きくなります♪

はじめて使ったので、あまり納得できるものは撮れませんでしたが、お手軽すぎてデジスコに戻るとストレスが (´0`)
ただ、色の表現力・・・ 階調はそれなりで、トリミング耐性もFZ18の頃とあまり変わっていない感じ・・・

S95の鈍足&正確性に欠けるA/Fはけっこうなストレスですが、今後もデジスコメインで、
引きの画や光量がある時は手持ちで試してみようかと思っています。


今、こちらはやはり風雨が強く、もうかなり散ってしまうでしょうね・・・
相反して、伸びてるの見えるんじゃないの?ってくらい、ものすごいスピードで柿の葉が伸びてきました。

  ですねぇ♪



ココロで感じたら押してください・・・thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ
2012.04.12

ソメイヨシノに埋もれて

いつから四季のうつろいがおかしくなってきたんだろう・・・

と、毎年いきなり暑くなる春を感じるたびに思ってしまいます。

今日は夏日のところもあったそうで、寒すぎた冬とは一体いつのこと?

なんてすっかり忘れてしまうほどの陽気でした。


0958.jpg
TSN-774 S95 TE-17W 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪

ソメイヨシノに埋もれながら あま~い蜜をペロペロするヒヨさん (^~^)

こちらはすっかり散り始めていて、次の一雨で また来年ね!という感じです。

サクラって期間限定、一時の宴、一瞬の輝き・・・ だからこそ多くの人を魅了し続けるのかなとも思います♪




ココロで感じたら押してください・・・thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ
2012.04.10

ブツブツブツブツ・・・

などと、だんだんタイトルがやっつけぎみになってまいりましたが (^_^;)

ここのところの寒暖の激しい陽気と花粉などで、すっかり体調不良に陥ってしまいましたのでお許しくださいませ。

ある程度年をとってきてから、春はどうも苦手です。


0956.jpg
TSN-774 S95 TE-17W 1024x768 トリミング ●クリックすると大きくなります♪

前回も登場したカワラヒワくんですが、このカワラヒワくんもポカポカ陽気のなか、
ブツブツなにやらおしゃべりしていましたね^^

ぐぜり・・・ 囀りの練習みたいなものですが、 チュッ・・・ チュイチュイチュイ・・・ビーン♪

と、不規則な感じで色々な声を出していました。(写真では大口開けていますけどつぶやくようでしたよ)

ビーン♪ って声が聞こえてきてやっと カワラヒワ?マヒワ? が近くにいるのか、とわかるくらい複雑でした。


0955.jpg
機材条件同上 360x270 

先日のアカハラさんのように、この種カワラヒワにも亜種があるんですけど、一年中見かけるものは、コカワラヒワ、
冬場の非繁殖期に見かけることができるのはオオカワラヒワ、他にもオガサワラカワラヒワさんが島嶼部にいます。 

それで、このぐぜりカワラヒワくんなんですが、恐らくオオカワラヒワだと思います。

写真、 部分 の三列風切の羽、ここの羽の外弁部分まで広く汚白色になっているからなのですが、
しかし、それをもってオオカワラヒワと同定するのは乱暴なようで、他にも頭部や全体の羽色、体の大きさなど、
総合的に判断して識別しなければなりませんが、羽色もさることながら、大きさも隣にコカワラヒワさんでもいない限り、
なんとなく・・・ 止まりでしか判断できません。いつもお話しているように人間の目はいい加減ですから(笑)

そういうわけで、恐らく という曖昧な表現にしたわけですが、これも識者に伺って、
決定的な識別点などがわかれば、後に加筆したいと思います。(問い合わせ中)


それにしても、ぐぜり っていうのは、とりさんの独り言を聞いているようで面白いです(^^)
つぐみんやジョウビタキさんなんかもたまにぐぜりを聞くことがありますが、
繁殖地ではさぞかし大きな声で歌ってるんだろうなぁと想像すると、大陸で実際に聞いてみたくなりますねぇ

あ、今年もヒルだらけの人気のない山(笑)に探検しに行こうと思っていますが、
去年、ヤマドリ、マミジロ、アカハラ、クロツグミ、トラツグミ、コルリなんかを撮影したり、囀りを聞いたりしたんですが、
ちょっと納得の写真がなかったので、今年はみなさんにお見せできるものが撮れればいいなぁと思っています♪




ココロで感じたら押してください・・・thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ
2012.04.08

とりの表情・・・ボケェ~ → キリッ!

今日、ボケーっとしながら布団を干していると、どこからか懐かしい声が!

戻ってきたよ~♪ と、到着の挨拶でしょうか、
チュピ・・・ チュピチュピチュピ♪ と鳴きながらベランダ前を何回か通過してゆきました。

今年もツバメちゃんが自宅周辺に帰ってきました\(^O^)/

遙々海を越えてちゃんと帰ってきてくれたんだねぇ

でも、最近は営巣していた場所がなくなったり、人が変わって古巣が壊されたりで、無事繁殖できるだろうか・・・
そんなことを心配しつつも、無事近所に姿を見せてくれたことがうれしく、ほろっとしてしまいました。


さて、今回のお話ですが、鳥さんは同じ場所にいても実に色々な表情を見せてくれます。

0953.jpg
TSN-774 S95 TE-17W 1024x768 トリミング ●クリックすると大きくなります♪ 

春のぽかぽか陽気のなか、羽をふくらませて ボケェ~ と、ちょっとイケてない感じのカワラヒワさん(笑)

どこか間の抜けたような感じですよね (^^)

それが、何者かの気配を感じたりすると・・・


0954.jpg
機材条件同上 1024x768 トリミング ●クリックすると大きくなります♪

いきなり キリッ!っとしたイケメンに変身!!!(実際に♂です)

どのとりさんも、リラックスしている時と緊張している時の表情は違うんですが、

このカワラヒワさんの違いって、けっこう落差があるんじゃないかなぁっていつも思いながら観察してます♪




ココロで感じたら押してください・・・thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ
2012.04.04

木洩れ日のなかに佇む

今でも時折ビュービュー聞こえてきますが、昨日は予報どおりものすごい風でした。

事前に、超大型台風なみの荒れようになる というお話が出ていたので、各方面で適切な対応がなされていたようですが、
それでも、鉄道が止まったり混乱は大きかったようで、やはり自然の威力は凄まじいなぁと改めて感じました。
みなさん無事乗り切れたでしょうか。


0952.jpg
TSN-774 S95 TE-17W 1024x768 トリミング ●クリックすると大きくなります♪ 

さて、全国で 鳥さんが少ない少ない というお話が出ていますが、
ぼくのいくつかのフィールドでは、このアオジさんはいつもどおりあちこちで元気な姿を見せてくれました。

目先が黒いので、これは♂なんですが、これからもっと黒くなって羽衣全体や足の肉色も濃くなります。

ぼくは嫌いな鳥さんはいないんですが、好きな鳥さんはたくさんいて、なかでもこのアオジさんは大好きな鳥さんのひとつです。

どこかホオジロさんなどと似ていて、いつも数羽で仲良く採食なんかをしているんですよね。
もっとも、繁殖期のお山に行くと、それなりのバトル?があるとは思いますが、過激に争っているシーンは見たことがないですね。

見た目も地味だし、地鳴きも一音の チッ♪・・・・・チッ♪・・・・・ とこれまた地味で、
冬場には必ず見られる鳥さんということもあり、カメラマンなどには見向きもされないことも多いですが、
ぼくは、この地味だけれど、おっとりやさしい仕草を見せてくれるアオジさんが大好きです。




ココロで感じたら押してください・・・thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ


▼ FC2ブログの仕様変更により、画像をクリックするとアルバムページに飛ぶのを拒否したい場合は、
  画像アップロード時に、アルバム選択ボタンの 「追加しない」 の方を押せばいいはずですが、
  それでもアルバムページに飛んでしまう方は、直接以前のURL形式に書き換えれば元に戻ります。
  現在色々なケースがあり混乱しているようですが、こちらのサイトが参考になるかと思います。
  (解決するまで大変でした・・・)
 http://paro2day.blog122.fc2.com/blog-entry-920.html 


2012.04.01

ウグイスさんは恥ずかしがり屋

昨日は台風と変わりないほどの荒れようだったこちら関東南部。

雨や風の強い日が多くなり、寒暖の差が激しくなってくるとやっぱり なんだなぁと感じます。

さて、春といえばウグイスさんのホーホケキョ♪ですが、このウグイスさんってかなり 恥ずかしがり屋 なんだと思います。


0948.jpg
TSN-774 S95 TE-17W 1024x768 トリミング ●クリックすると大きくなります♪

みなさんはウグイスさんをじっくり見たことがあるでしょうか。

鳥を観察している人などには特に珍しくもない鳥さんですが、声は聞こえるけれど姿はわからない・・・
そんな方が多いんじゃないかと思います。

実際、非繁殖期にはモジャモジャの藪の中で、 ジャッ・・・ジャッ・・・♪ という声を出しているだけで
ハッキリと姿を見せることはほとんどありません。

「ぼくは♂なのに地味な姿をしてるから外に出たくないなぁ」 と思っているかはわかりませんが、
繁殖期のこれからの時期でさえも、「繁殖の為だからしょうがないなぁ・・・」
ってくらい嫌々ながら表に出てきているように見えます(笑)

外に出て来るにも、藪から木の小枝が密集しているところで身を隠しながら ホーホケキョ♪
どこで鳴いているのかなぁと探しても、鳴いた直後にはすぐに枝から枝へ隠れるように移動して ホーホケキョ♪

繁殖の時期も真っ盛りになり、いよいよソングポストが定まってくると、一定の間隔で目立つように囀りますが、
遠くからでもこちらの存在に気づくとすぐに移動して、ケキョケキョケキョケキョ・・・♪
と、警戒の声を発し、やっぱりすぐに見えないところに隠れてしまいます。

だいたいどの鳥さんも、自分の存在をアピールすることは、♀を引き寄せたり、ナワバリを宣言したりするには必要なことですが、
反面、捕食者に対しても目立ってしまうことになるので、あまりノンキに目立ちまくりなわけにはゆかないんですが。

それでも、ホオジロさんやシジュウカラ、メジロちゃんなどのように、いつまで同じところで叫んでるんだよ(笑)
っていう鳥さんに比べたら相当に 恥ずかしがり屋 さんですね。


0949.jpg

梅にウグイス・・・ なんて花札や言葉がありますが、ウグイスさんはまず綺麗に咲き誇っている梅には来ませんね。
ぼくは一度も見たことがありません。 ウグイスさんは蜜を吸うわけではないので当然といえば当然なんですが、
どうも梅にウグイスというのは、梅にウグイスが来るという意味ではなくて、梅とウグイスは春を象徴する美しきもの
梅の美しさと日本三鳴鳥のウグイスさんの囀りの美しさ、そんな理想的な組み合わせで昔の人は春を表現していたようですね。

この右端の鳥さんは、南方系の種に見えますけど(笑)ウグイスさんを美化したものなのかな?
それから右から2番目はずっとキジだと思っていたんですが、これってツバメちゃんなんですね・・・
こんな色合いのツバメちゃんがいたらカメラマンがものすごく集まりそうです (^◇^;)




ココロで感じたら押してください・・・thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ