ココロで感じたとりたち ~Great Nature&Birds~ | 2012年10月
  ♪明日はどんな鳥さんにあえるかな... fc2 blogranking blogranking
スポンサードリンク
  
2012.10.28

メジロの嘴と柿

いつも他の鳥さんたちやスズメバチにすら追い出されているメジロちゃん。


1021.jpg
TSN-774 S95 TE-17W 600x800 トリミング

そんな彼らだが、実は格上のヒヨドリやムクドリ、スズメなどに頼っていることがある。

メジロちゃんはその小さく細長い嘴ではなかなか柿の皮を破って中身を食べられないようなのだ。


赤く熟した柿に最初にやってくるのは、ハシボソガラスやヒヨドリ、ムクドリ、スズメなど。

そんな彼らが乱暴に穴を開け、皮を引きちぎってゆくとやっとおいしそうな果肉が現れる。

ハシボソガラスなどがいる時は、食べ始めてあっという間に無くなってしまうのだが、ヒヨドリやムクドリなどは、しばらくすると食べ残して去っていく。

そこを狙ってすかさずやってくるのがメジロちゃんだ。

果肉だけを一心不乱に食べてゆく。

ゆっくり食べている暇はない。

すぐさまスズメ軍団の誰かが見つけて仲間で大挙押し寄せてくるのだから、多少警戒心を落としてでも食べまくる。


今の時期の柿の木食堂では、メジロちゃんが2羽以上でひとつの柿を食べることはまずない。

1羽が他方を追い立てて、追い立てられた方はあっさり身を引き、出来の悪い干からびかけたものなどをしぶしぶ食べることになるのだが、

さすがにここまで熟しているものになると、牽制し合いながらも2羽で強引に食べていた。


彼らの関係は決して単純ではなく、観ていれば観ているほど新たな発見に出遭う。



ココロで感じたら押してください・・・thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ
2012.10.25

柿入れ時

鳥さんたちはお互いの動きをよく見ています。


1020.jpg
TSN-774 S95 TE-17W 600x800 トリミング

柿の木食堂を観察していると、ヒヨドリのヒヨさん、ムクドリのむっくんなどがおもむろにやってくる。

すると、しばらくしてスズメのチュン太たちが集団でやってくる。

そこにメジロちゃんなどが加わる。

順番はまちまちなのですが、鳥さんたちは互いの力関係を意識しつつ、安全を確認し合いながら食べ物のある場所までやってきます。

いよいよ柿の木食堂もかきいれどき、鳥さんたちも冬支度に忙しい様子です。



ココロで感じたら押してください・・・thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ
2012.10.21

夕日を浴びるメジロちゃん♪

そろそろ冬の足音が聞こえてきそうな季節になりましたね。

いろいろ大変なので、なかなか撮影できないんですが、柿の木食堂だけは観察、撮影を続けています。


1019.jpg
TSN-774 S95 TE-17W 600x800 トリミング

たわわに実った甘柿の下で、夕日を浴びながらマターリモードのメジロちゃん。

朝から夕方まで色々な鳥さんが来るんですが、このメジロちゃんは暗くなっても最後までいますね。

明るいうちは、いつも他の鳥さんたちに追い立てられているので、静かになってからゆっくり食べているようです。

最近は柿メジロばかりに注目しています。



ココロで感じたら押してください・・・thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ