ココロで感じたとりたち ~Great Nature&Birds~ | 2013年05月
  ♪明日はどんな鳥さんにあえるかな... fc2 blogranking blogranking
スポンサードリンク
  
2013.05.05

野鳥撮影の実態


昨晩も21時頃だったでしょうか、遠く離れた雑木林からフクロウさんの声がかすかに聞こえてきました。
ホーホー・・ゴロスケホーホー・・・♪
GWのわりに?幹線道路の車の音がうるさくて、耳を澄ましてやっと聞こえる程度なのですが、その声は確かにフクロウさんでした。

こんなどうしようもない環境なのにまた来てくれたのか・・・ 
と、毎回涙が出そうなほど感動、そして感謝しながら鳴き終わるまで聞き入っています。

そして、先ほど21時くらいにまた今日も来てくれました!
連続で声を聞くことも珍しいですねぇ・・・ 
まさか繁殖!?なんてことはちょっとありえない場所ですが、もしかしたら雑木林に案配のいい樹洞があればありうるかも知れないですね。


改めまして皆様ご無沙汰しております。
最近は常にご無沙汰状態で一体マグパイロビンは何やってんだ?と思われている方もいらっしゃるかも知れませんが、
正直申しますと、なにやら問題が多すぎてにっちもさっちもゆかない状態が続いています。

そんな私の身の上話などどうでもいいんですが、本日は一度はしっかり見て欲しい記事のお話をしたいと思います。
生き物や野鳥に対する想いに共感できる数少ない鳥撮影の仲間のお一人の漂鳥さんのサイトです。

下記のリンク先をまずじっくり読んでみてください。


▼ シロハラの死 ―その罪の源は―
http://blog.livedoor.jp/hyoutyou/archives/65713305.html

1035.jpg


▼ 続 ルリビタキの憂鬱
http://blog.livedoor.jp/hyoutyou/archives/65504132.html

1034.jpg


▼ オジロビタキの終焉
http://blog.livedoor.jp/hyoutyou/archives/65513121.html

1033.jpg


▼ “餌付けオオルリ”の喜劇
http://blog.livedoor.jp/hyoutyou/archives/65659173.html

1032.jpg


※ 画像はすべて漂鳥さんが撮影されたものです。


私もいつかは、というか、もっと以前に「野鳥と撮影」のお話を書き起こしてみようと思っていたんですが、
なかなか的を射たものが書けないもので、おまけにデリケートな問題で決して楽しいお話にはなりませんから、先延ばしになっていました。

私がお話したいことは、上記の漂鳥さんの記事で多く語られていますけど、そのうち改めてきちっとしたものを書こうと思っています。(いつになるやら・・・)
今回はココロで感じていることをちょっとだけ書いてみたいと思います。

タイトルにある、「野鳥撮影の実態」・・・ これは決して大げさではありません。
撮影者の多い都市部や地方との違いはあるでしょうけど、今や野鳥撮影と餌付け、囀りが録音されたテープなどによるヤラセ、営巣場所でプレッシャーを与える行為、フラッシュ、情報の氾濫・・・
こういったことは当たり前と言っていいと思います。

いえ、もちろん良識派・・・不自然と思われることは行わず、過度にプレッシャーをかけず、情報に頼らず、自然な姿を撮影する人がいることも知っています。
ですが、己のエゴを優先するばかりで野鳥主体で撮影している人が少ない、というか、野鳥の種も生態も知らないけど、目的のものを撮影できさえすればいい、
そのためには手段を選ばないというような輩が増えているような気がしてなりません。相手が我々と同じ生き物でその存在は貴重であるということを忘れている人が多い。

予めお伝えしておきますが、私は決して自分が正しいとか品行方正な撮影者とは思っていません。
野鳥と接する以上、なんらかのストレスを与えているのは明白で、そのことについて否定はしません。

撮影するにあたって、法的なものやルールなどが広く定められているわけではないですから、各々がやりたいようにやっているわけですが、
以前から強く思っているのは、なぜ人間同士、撮影者同士はすこぶる仲良く礼儀正しくやっているのに、野鳥に対してはそういう考えが及ばないのか?
あまりにも自分たち人間だけが満足すればそれでいいという一方的な考えが強すぎないか?

自然や生き物たちを愛でる気持ち、主役たる彼らを思いやるココロ、撮らせてもらってありがとうという感謝の気持ち・・・
そういうものが背景にあって、納得の一枚が撮れた時、それこそこの上ない喜びが沸くのではないでしょうか。
私にはどんなに秀逸で技術的に優れている写真でも、自然や野鳥などへの想いがない写真は全くの無価値なものでしかありません。

私の価値観をみなさんに押しつけようとは思っていませんし、変わり者のおっさんの戯言として片付けてもらっても構いませんが、
野鳥の撮影の裏側には、こういった問題が常に存在していること、写真に写っていない部分には不自然な行為がありうるということ、
こういったことだけは覚えておいてください。

目的の野鳥を綺麗な花と一緒に撮りたいがために枝にミルワーム(餌)を隠しておびき寄せ、目的外の外道が来ると石を投げて追い払う

そうやって撮れた写真にあなたは感動しますか? 美しいと思いますか? すばらしいと思いますか?



thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ