ココロで感じたとりたち ~Great Nature&Birds~ | 2014年09月
  ♪明日はどんな鳥さんにあえるかな... fc2 blogranking blogranking
スポンサードリンク
  
2014.09.27

クモをいじめないで!


最近、またセアカゴケグモが見つかってマスコミなどが騒ぎ立てている。

嚙まれると、"最悪"死に至ると言われているが、日本では死者は出ていないし、原産地の豪州でも幼児やお年寄り、なんらかの疾患を持った人が稀に重篤化することがある・・・

ということで、比較するのは適切ではないかも知れませんが、今の時期に活発に飛び回っているスズメバチの仲間の方がよほど恐ろしい存在といえます。

クモというと、その容姿や動く様子から、嫌いな人(特に女性)が多いかも知れないですが、実際は人間より遙かに臆病な生き物で、日本国内で人間に対して毒を持つものは、

今回話に出て来た、セアカゴケグモ(外来生物)とカバキコマチグモだけです。

ほとんどのクモは人間に対する毒を持たないものであり、都市部の家内で見かけるものは、

ハエトリグモやアシダカグモなどの益虫(ハエ、ダニ、蚊、ゴキブリなどを食べてくれる)であることが多いということを覚えておいて欲しいです。

それでも気持ち悪いなら、安易に殺さないで、直接触らず何かを使って外に出してあげて欲しいと思います。

セアカゴケグモにしても、カバキコマチグモにしても、スズメバチにしても、人間にとっては恐ろしい生き物には変わりはないのですが、

よくわからないからといって闇雲に殺すことだけはしないでください。

人間のエゴ、無知、必要以上の警戒心などによって、絶滅、数を減らした生き物が数多くいることを忘れないで欲しいと思います。


http://idsc.nih.go.jp/iasr/18/211/dj2112a.html (国立感染症研究所)

http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/700/138802.html (セアカゴケグモの特徴など)



いつもありがとうございます・・・thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ