ココロで感じたとりたち ~Great Nature&Birds~ | ナナちゃん雑感♪ そのロク
  ♪明日はどんな鳥さんにあえるかな... fc2 blogranking blogranking
スポンサードリンク
  
2008.01.19

ナナちゃん雑感♪ そのロク

黒い鳥さんって あまり万人ウケ? しないですよね。
街で蠢く?カラスさん のイメージが強いからでしょうか・・・ 単に黒いからかな?(笑)

それはともかく う鵜ウ のお話です ^^


0195.jpg

TSN-774 S80 TSN-VA2-CR+NKA 38xWFA (以下機材同じ)
1024x768 ノートリ
●クリックすると大きくなります♪


鵜にもいろいろな種類がいますが 日本国内では約4種 
ここで見ることができたのは カワウさん とウミウさんです。
なんだか 1羽 ・・・・・ アオサギさんがいますが 他は 鵜 です。

カワウさんは 内陸の湖沼や川 などでも普通に見ることが できようになった 鳥さんです。
できるようになった・・・ というのは 以前 社会の発展とともに公害が深刻化した時代に
絶滅の恐れがある というレベルまで激減した鳥さん といわれているからです。

そんなカワウさんですが 数も回復してきて今度は漁業被害を起こす 悪者 というお話を耳にします。
せっかく放流した魚を旺盛な食欲で食べてしまい 漁業関係者はかなり損害を受けている・・・
カワウの糞は特殊で その糞によって樹木を腐らせたり 営巣に使う巣材集めで木枝が折られてしまう・・・

彼らへの対策が 同じような生態の鳥さんたちに影響を及ぼしたり・・・
彼らが自らの命を掛けて教えてくれることは多いはずなのですが 
どうにか折り合いをつけられないものでしょうか。

共存。



0194.jpg

1024x768 ノートリ
●クリックすると大きくなります♪


岩場で羽を休めているところです。
彼らは 普通の鳥さんと違って 羽衣の油分が少ない・・・ 尾脂線からの分泌が少ないとか
浮力を減らすために元々付けないとか いろいろなお話があるようですが
とにかく 羽がずぶ濡れになってしまい とっさに飛翔することができないため
たえず 羽を広げて乾かす動作をしています。 ・・・って画像ではわかりずらい(笑)

どうよ~? って感じで 飛んでいる最中の個体を見ると
足の付け根の辺と顔の後ろら辺に白い羽が出てますね。 
おまけに嘴もくろっぽい これは婚姻色です。



0197.jpg

800x600 ちょとトリミング
●クリックするとやや大きくなります♪


飛んでます(笑)
カワウ とウミウ 成幼 普通婚姻羽 が混在状態だったのですが
なかなか 違いがわかる画がないです (^^ゞ
ちなみに 今回アップした画のなかの鵜は ほとんどカワウさんです。

この鳥さんの魅力は エメラルドグリーンに光る虹彩・・・ 目です。 
次回の課題ってことで♪



0196.jpg

800x600 ノートリ
●クリックするとやや大きくなります♪ 


ひたすら人間に翻弄されつづける彼ら

その  に映っているものは・・・






もし気が向いたら押してもらえればオーケーで~す ⊂(´0`)⊃                        
          banner2.gif

この記事へのトラックバックURL
http://motorochan.blog73.fc2.com/tb.php/160-1838293a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
こんばんわ マグパイロビンさん

ホントに共存できるといいと思います
しかし初めてじっくり見ましたが綺麗な
姿をしていますね
私も見に行ってみようと思います

以前福岡の公園で
一度カワウを撮ったことがあるのですが
その頃は野鳥にそれ程興味もなく何やら
怪しい集団でしかなかったのを思い出し
ました^^;
そうです もう一度見てみましょう
今度は違う感じで見れるかも知れませんから
(笑)


Posted by 陽だまり at 2008.01.20 21:55 | 編集
陽だまりさん こんばんは。

共存・・・
たぶん どんなことでもそうだと思うんですが
多くの方が 意識 することなんだと思います。
普段忘れててもいいから ふとした時に 思い出すだけでも 考えるだけでも違うと思うんです。
彼らが教えてくれること・・・ たくさんあると思うんです。

次回はじっくり観察してみてください^^
ぼくも人に言えるほど長くは見ていませんが きっと新たな発見があると思います。
そんななかの一枚 楽しみにしてます♪
Posted by マグパイロビン at 2008.01.21 20:41 | 編集
ナナちゃん雑感♪そのロク・・・って、ナナちゃんの雑感やインプレがないじゃん!

おいといて・・・

カワウは去年の11月に狩猟可能な鳥として狩猟鳥獣種に加えられましたね。
指定に至った背景や専門的なことはわかりませんがなんか複雑な心境です・・・
Posted by かい at 2008.01.21 20:51 | 編集
先日、カミさんと一緒にベニマシコに会いにでかけましたが、先着の車が一台。
近づくと猟銃を持った人が車から出てきて。。。。カモ撃ち!?
カミさん、悲鳴。「やだやだ、早く行こう!!!」
銃の音も聞きたくないのであわててスピード上げて遠ざかりました。
 生活のためなのか、趣味なのかわかりませんが。 未だに胸の中に澱のようなものが。。。

20年以上前にこんな話を読んだか聞いたかしたことがあります。
アメリカの動物園の一角に檻があり、「地球上で最も危険な動物」という看板。
  観客が中を覗くと、“鏡”が置いてあるそうな。。。

 という話はおいといて・・・

ウ さん、仕事の現場でよく見ます。沼の桟橋にスクッと立ってて、どこかもの悲しくて、シルエットが美しいですよね。(^_^)
Posted by ビンズイ at 2008.01.21 22:34 | 編集
かいさん ども^^
すんません・・・すっかり忘れてました(笑)
鵜たちの行く末が心配だったもので(^^ゞ

ん~ 画質はクリアーで文句なしなんですが 暗い感じの時と長距離はやっぱ82ですかね。
でもぼくの場合だと 被写界深度の深さがちょうどいいので
周りの様子もピント内に?一緒に取り込めていいな と思いました。
もっと使い込まないと利点も欠点もハッキリ言えませんが・・・  

あれ? カワウって・・・そうですか・・・特定地域だけなのかな・・・
Posted by マグパイロビン at 2008.01.21 23:39 | 編集
ビンさん こんばんは。

なんか夫婦で鳥見 って理想的な休日余暇って感じがしますね^^
父ちゃん? が機材にのめりこんで散財しなければマイナス要素なし!(笑)

猟期に遠くで銃声?が轟くと なんともいえない気分になります。
昔からの伝統文化という側面などもあると思うので 頭から否定するつもりはないのですが・・・
人の手による数の調整とか・・・
自然と共存し自らの生の為に敬いながら肉を頂いていた時代 そんな思いは何処へ・・・

「地球上で最も危険な動物」・・・ まったくです。
自ら生きる地を破壊し尽くしてから気づくのでしょうかね・・・
あ 間違いだったわ(^^ゞ って(笑)
Posted by マグパイロビン at 2008.01.22 00:03 | 編集
すいません、も一つ思い出しました。
10年位前にたまたまテレビで見た15分くらいの短編アニメ。

「ある日、地球に神様が降り立ちこう言った。
 “すべての生き物たちよ、どんなことでも一つ、願いをかなえるから1ヶ月間考えよ”
 人間はアメリカ大統領を中心に議論し、一つの結論に達した。
1ヶ月後、神が現われた。“何が望みだ?” 大統領が代表して答えた。 “神よ、何も望まない”
 その瞬間、地球上から人類は姿を消した。
 人類以外のすべての生き物がそれを望んだから。」

これは強烈でしたね。。 そして、 正しい  と思ったものです・・・・

あ、 ただの独り言ですので、スルーしてください。
Posted by ビンズイ at 2008.01.23 22:27 | 編集
ビンさん ども^^

なにやら哲学的な匂い? がしてきそうなので 話を広げませんが(笑)

人はこの先 努力次第で 自然と仲良くできるんでしょうか・・・
今のぼくには楽観的な発想はあまり浮かんでこないです。

もし 仮にこのお話が現実になったとしたら 生き物たちはどんなお願いをするのでしょうか・・・
なんか どうせちっぽけな存在で自ずと滅するんだから放っとけよ 
なんて 寛大な発想?なのかも知れないですね(笑)
Posted by マグパイロビン at 2008.01.25 07:30 | 編集
管理者にだけ表示を許可する