ココロで感じたとりたち ~Great Nature&Birds~ | Team NANDA HIYOKA ?
  ♪明日はどんな鳥さんにあえるかな... fc2 blogranking blogranking
スポンサードリンク
  
2008.02.20

Team NANDA HIYOKA ?

Team NANDA HIYOKA ? ってなによ?

そう思われる方も多いと思います。

簡単にいうと 

普段見慣れている鳥さんを もっとよく見てみよう!
じっくり撮ってみよう!


そういうコンセプトのもと 少数の方々の賛同により
細々と でも着実に
なんとな~く でも確実に・・・

各々が 「 これ なんかイーじゃん!」 

という画像を 諸掲示板 にアップして楽しむ
そんな チーム です ^^

0281.jpg

TSN-774 S80 TSN-VA2-CR+NKA 36xWFA 
1024x768 ノートリ
●クリックすると大きくなります♪   Team NANDA HIYOKA ? #00


これは あたりが霜の蒸発などで煙っていたので 全体的に暗めな画ですが 
朝日に輝く瞳 と 融けてきた朝霜の雫 を なんとなく表現できたかな? と
思っている1枚です。 


BIRDGRAPHIC の かいさん もブログでお話されていますし
鳥 見と こ の ご ろ 野 鳥 撮 影 の konpasさん ともお話させていただきましたが

珍鳥狙いやライフリストを増やしたり すごい画像を追い求めたりしてゆくなかで
経験も増え 脱初心者的な意識? もあったり 身の回りで当たり前のように生きている鳥さんたちへの
興味がなくなる・・・ そんな経験は誰にでもあるかと思います。

実際 フィールドに行っても 観察だけの方や 生態に興味がある人でもなければ
重装備仕様?で ヒヨやチュン太などの普通に見られる鳥さんと真剣に向き合って
撮影しておられる方には あまり出会いません。

それどころか 

自信満々な人 「何がいるんですか? 」
ぼく     「 あ ヒヨ ですね ^^ 」

自信満々な人 「 なーんだ ヒヨか?・・・・・(微笑)」   スタスタスタスタ・・・・・

こういう光景も 一度くらいは経験されているかと思いますが
いつも思うのが  へぇ よっぽど ヒヨに詳しいか 興味がないんだなぁ って(笑)
人それぞれ 好き好きなので そういう方には 何も言いませんが

ヒヨでもチュン太でも いつも自分が想定している行動をとるわけではないわけで
図鑑に記載されていることはごく一部で正しいとも限らないわけで
識者の方の記憶にもないことは まだまだたくさんあるわけで・・・

自分しか知らない ヒヨの生態 なんかを見て撮影できれば面白いんじゃないのかなぁ・・・
なーんて思うわけです。

これは ヒヨに限らず チュン太やムッ君やカラスくんなんかもそうですが
初心 という言葉が適切かはわかりませんが たまには身近な鳥さんとじっくり向き合ってみると
壁にぶつかっていた撮影のヒントが見つかったり 知らなかった鳥さんの一面を発見できるかも知れません。
それも 身近なところで・・・


とりあえずは みなさんとともに楽しみながら ボチボチとやってゆきたいと思っています (^-^)/
賛同してくださる方が もし?(笑) いらっしゃれば 
簡単なルールの下 一緒に楽しめればと思います・・・ お気軽に♪ 


               Presented by  Team NANDA HIYOKA ? #00  マグパイロビン

 S80 弐号機修理完了しました!
これは また改めて報告したいと思います♪



もし気が向いたら押してもらえればオーケーで~す ⊂(´0`)⊃                        
         thanks thanks

この記事へのトラックバックURL
http://motorochan.blog73.fc2.com/tb.php/178-fda7df41
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
マグさん ドモ^^

ん?・・かいさんといい・・マグさんも・・
ナンヒヨの布教活動?「アナタハヒヨヲシンジマスカ?」(・o・)

拙者は何にしようかな~ ナントビ・・ナンカラ・・ナンアオ・・ナンドバ・・やっぱりナンヒヨにします(^^ゞ
Posted by shin-1 at 2008.02.20 21:44 | 編集
こんばんは。

昨年、紅葉のころ、ルリやカワを狙う大砲カメラマンがいっぱいの中、離れたところでスコープを覗いていた私に、
一人がそお~と近寄ってきて、スコープの方角を見て、
ポツリ「シジュウカラか・・」  そして仲間の方に戻りながら、「シジュウカラだってよ!」と言ってスタスタ去って行きました。
先日はデジスコマンが近寄ってきて、「何がいるんですか?」「スズメさんですよ」と言うと「ああ・・」と言ってそれっきり。
ホントの話です。
シジュウカラやスズメがどんなに可愛いか、知らないのかなあ・・・
 ・・何度挑戦しても、まだ、うまく撮れない(-_-;)
Posted by ビンズイ at 2008.02.20 23:05 | 編集
shinさん ども^^

ナンヒヨ布教活動(笑)
いえいえ そんなに大層なものではありませんです (^^ゞ
ホント好き好きなので・・・
 
ただ 若干(笑) 
鳥さんそっちのけで 何でもいいから ただ綺麗な姿のもの のすごい写真を撮れればそれでいい・・・
というような方々への皮肉は混じっていますが。

視点を広げて? NANDA TORIKA ? でいかがです?^^
Posted by マグ@管理人 at 2008.02.20 23:22 | 編集
「ハイ、私ハヒヨヲ信ジマス。笑イカタモ、ヒョッ♪ヒョッ♪ヒョッ♪」(@△@;)

おっと、危うくナンヒヨ教に洗脳されそうになりました。ヤバかったです~。(笑)

朝、目覚まし代わりに喧しく鳴いて起こしてくれるヒヨ。
庭に植えてある桃や甘柿を持ち主である人間が「あと1週間、もう少し甘くなって食べよう♪」と期待しいて、収穫する直前になって見事に全部食べてくれたヒヨ。
洗濯物にあからさまにウ○コして平然と横に停まっているヒヨ。
普段は小憎たらしいかったりするんですけれども、カメラを向けると、やっぱり可愛かったりするんですよね。(^^)

そういえば、雑誌『BIRDER』のDETAILでヒヨドリの募集期限が今月末だったと思います。私も「Team NANDA HIYOKA ?」の末席員として良い写真をバシバシ撮って投稿しなければ!

それと、先日マグパイさんが仰られてた未公開(ではないんですが、ただ怠慢で掲示板に書いてないだけ。苦笑)ブログのスライドショーは『エキサイト・ネームカード』というのを使用しております。大概のブログでソースを貼り付ける事が可能です。他にも幾つか機能が付いてます。ただエキサイトのメールアドレスを取得しないといけないのが難点といえば難点なのですが…。こんな感じの説明でよろしかったでしょうか?f^^;)
Posted by tossy at 2008.02.20 23:48 | 編集
ビンさん こんばんは。

多くの方が経験されていることだと思います^^
人それぞれ価値観や目的は違うわけですから あまり気にすることもなく
堂々と 自分の画 を撮り続ければいいと思います。

その方々は さぞかしすばらしいシジュウカラさんやチュン太の画を撮っておられるのだろう と (^-^)

フィールドでは 必ずといっていいほど カメラ軍団(笑)に遭遇しますよね。
ぼくも たまにカメラ軍団の一人の時もありますが ほとんど単独が多いです。
ぼくは 鳥さんに遭いたいし 鳥さんと対話しながら撮りたいので
あまり大勢で撮るのは好きではありません。
ま 他にもいろいろ理由はありますが(笑)

どの鳥さんもそうですが 普段見かける・・・
言い換えると 何度も遭っている鳥さん は
見慣れている分 知っているつもり で 見ているつもり 
なので いざ写真に撮っても当たり前の画が多いですが
反対に 自分があまり見たことがないような鳥さんは
どんな構図でも 画 になりますよね^^

ぼくには 一生かかっても チュン太やヒヨさんの納得できる画は撮れると思えないです・・・
もちろんぼくのウデが悪いのが主因ですが!(笑) 
Posted by マグ@管理人 at 2008.02.20 23:51 | 編集
tossyさん ども です^^

完全に洗脳されまくってますね・・・ なんか危ない感じもしますが(笑)
ちなみに 末席員じゃなくて NO.06ですよっ!

ヒヨさんなどは 害鳥として駆除されているところもあったり
身近に存在する分 人間との揉め事も多いと思いますが
ホントにじっくり見るとかわいいし 生態?行動?も不思議だったりします (0^~^0)

あれ? ザ・デテール(笑)またヒヨですか!
ぼくは前回の時 何枚か採用していただいたので 在庫はなさそうです・・・
撮りにいくかな (^^ゞ
NANHIYO構成員?の採用を楽しみにしてます!

ブログパーツの件・・・ありがとうございました m(__)m
さっそくググッてみたいと思います♪
Posted by マグ@管理人 at 2008.02.21 00:10 | 編集
ここにもNANHIYO教信者が一人。。

他の方も書かれていますが、私も同じような経験が何度かありました。「あ~ヒヨ・・」とか「スズメ? (=_=)」って、なんなんだよ!

私は初めてデジスコで撮影したのがヒヨちゃんだったので、いつでもヒヨちゃんを見ると、もっと色んな表情をとか、技術的にも前よりもっといいのをとか思いついついスコープを向けてしまいます。

ヒヨは永遠のテーマ!?
Posted by くまっち at 2008.02.21 20:19 | 編集
NANHIYO NO.08 くまっちさん こんばんは(笑)

そこそこ長くて ライファーや珍鳥狙いの方に多いですよね ^^
別に流行や競争でもないんだから 自分の好きな 自分が美しいと思う 自分が撮ってみたい 画
っていうのを 仲間がそうしてるから とか みんながレンズ向けてるから とか
協調性?は大切だと思いますが
本当に自分が写したいものを撮ればいいのにね?
って思います。

ぼくなどがいうのはおこがましいのですが
初めて双眼鏡で覗いた鳥さんの美しさや 駆け出しの初心者の頃をいつも忘れないようにしたいですね♪

 
Posted by マグ@管理人 at 2008.02.21 21:24 | 編集
こんばんわ マグパイロビンさん

初心者の初心者ですのでスズメさんでもヒヨさんでも
撮らせてもらえるならありがたいと思うのです
初心者ゆえ思うのでしょうか...

最近は撮影よりもまず双眼鏡でじっくり観察するのが
楽しくなってきてまして~~撮影する頃にはもういません
^^;
最初、始めた頃は観察より写真を撮ることばかりに夢中で
ぶれた画像を見てはガッカリしてばかりでした
たぶん野鳥をまともに見ていなかったと思います
後で図鑑を見てこの鳥だろうな~~でしたから^^;
ですが今は観察をすることから始めています
マグパイロビンさんを始めコンパスさんや他の方達の
影響からだと思います
始めた頃より今の方が楽しいです^^

最近、こっそり池のカワセミさんの私生活を
覗いています
撮影はいつでもできる状態なんですが、それより
観察してるほうが楽しくて暇さえあったら
(いつも暇ではありますが^^;)覗きに行ってます
可愛くて^^ 可愛くて^^

いつでもどこでもどんな鳥でも双眼鏡で覗きます
50数年生きてきてスズメさんをまともに見たのは
最近です
双眼鏡です 近くにいても必ず使います
スズメの瞳を初めて見た時・・こんな近くにこんな可愛い
野鳥がいたのか^^そう思いました

珍しい鳥を見たい! 撮影したい!
一時はそう思っていました
まるで競争してるみたいです^^;

今思います
マイペースに自分なりに楽しめたらいいか~~^^
まず観察からじっくりいきます
習性、鳴き声など知らない事だらけです
それらを一つでも覚えていけたらまた楽しさも倍に
なるのでしょうね^^(師匠!)

あッ野鳥会入りました
時間が合わずまだ不参加ですが。

長々だらだら取り留めのない話をしてしまいました
スミマセンでしたm(__)m



Posted by 陽だまり at 2008.02.21 23:00 | 編集
陽だまりさん こんばんは。

コメントはお久しぶりですね^^

>撮らせてもらえるならありがたいと思うのです・・・

これってぼくもそうなんですが いつもどこかに置いておかないといけないことだと思っています。
帰り際 みんなありがとね! って思うだけで 言葉に出すだけで
彼らの生活にお邪魔させていただいた せめてものお礼だと思っています。

時間が限られている・・・ 忙しい・・・ せっかく遠征したのだから・・・
などと 余裕のない鳥見をされている方も忘れないで欲しいなと思っています。

その気持ち・・・ いつまでも忘れないようにしたいですね ^^


>最近、こっそり池のカワセミさんの私生活を
覗いています

一度・・・ もう見たことがあるかも知れませんが
スコープと接眼レンズだけで カワセミを見てみてください!
もし 近距離で遭遇できたなら 肉眼でじっくり見てみてください!
写真や動画などの比ではない 生の美しさを感じることができると思います。
生きている美しさを感じることができると思います!

珍しい鳥さんを追いかけたり 撮影したりすることも楽しいと思いますので
自分に合ったスタイルで いろいろと鳥さんに接してみてください。

(師匠!)は ぼくなどより コンパスさんで!(笑)
ぼくより経験も長く 広い視野で鳥さんに接している方ですから ^^
それに 思いを等しくするところが多いです。

野鳥の会にしろ 他の団体にしろ お話する方次第で 初心者の受け入れ方も 
それぞれ違ってくると思いますから
自分に合った団体やグループをいろいろと探してみるといいかも知れません。

いろいろと経験されて ブログでたくさんお話してください!
ぼくも教わりたいですし 楽しみにしています♪

あ そんな鳥さんにやさしい気持ちをお持ちの 陽だまりさん には
Team NANDA HIYOKA ? の NO.10を送ります! 半強制で(笑)
Posted by マグ@管理人 at 2008.02.21 23:48 | 編集
管理者にだけ表示を許可する