ココロで感じたとりたち ~Great Nature&Birds~ | 激光
  ♪明日はどんな鳥さんにあえるかな... fc2 blogranking blogranking
スポンサードリンク
  
2008.03.05

激光

場所を下調べして ある程度天候時間などを定めて狙った獲物をものにする・・・

こんな撮り方とは正反対にいると その場その場の状況に合わせて 
とっさに構図や背景を考えて撮ることが多いと思います。

案の定 腕のなさも手伝って 望ましい構図 解像感っ!
なのにっ! 露出がアンダーすぎる・・・・・ (T_T)
などという経験は より帰宅後モニター再現での悲しみを増大させます。


0306.jpg

TSN-774 S80 TSN-VA2-CR+NKA 36xWFA 1024x768 ノートリ
●クリックすると大きくなります♪


そんな時ぼくは まず 画像処理(レタッチ) を試しています。
あえて 「しています」 なんていうことでもありませんが(笑) 

そのレタッチにもいろいろ種類があると思いますが
普段よく使う シャープ処理 のほか たまに使うのが 色乗せ 彩度調節です。

今回のオリジナルは 激光ゆえに やや色が飛んでしまっていたので
トーンカーブ補正とともに ノイズ感が増えない程度に 少し色を乗せてみました。

玉ボケぎみな背景もいい感じになったかなん? (o^~^o)


この 画像処理 っていうものを時々考えることがあって

やはり オリジナルをそのままに・・・ トリミングもなく当時切り取ったありのままの姿
を人様に見せたいと思っていますが 自分の好み センス もありますから
それなりに調節したいとも思っています。

普段は プリントすることも少ない・・・ 今のところほとんどないので
WEBで提供できる範囲であれば いろいろできてしまうのではないかと思います。

一方で その鳥さんを見たことがない人に与える影響 も少なからず考えないといけないと思います。
鳥さんの羽は光の具合で いろいろな色に変化するのは カワちゃんなどでご存じと思いますが
例えば 幼羽特有の地味な羽衣を 派手に色づけするのは 不自然ですし 見る人を惑わします。

また 鳥さんのためになること・・・ 出現場所の情報を消すことなどは望ましいと考えます。
ほかにも ゴミ取りや枝を除去したりすることも 簡単にできてしまうので 
その辺りは 本人の価値観次第ともいえます。

フィールドでは たまに枝を切ったり 雰囲気のあるセット上で餌付けして撮影している人を見かけますが
いっそ 画像処理した方が 簡単だと思うのですけどね・・・

ぼくは専門家ではないので 不自然になってしまいますが
画像処理が得意な方のものは WEBでは判断つきにくいレベルになりますよ。

 
基準 というものが 千差万別多種多様な設定のモニター上のお話ですから
こと 色合い に関しては あまり意味のない話になってくるのかも知れませんが
シャープ処理などは 鮮明度とともに 距離感も大幅に変わってきますので
慎重にされた方がいいかも知れませんね。



もし気が向いたら押してもらえればオーケーで~す ⊂(´0`)⊃                        
         thanks thanks

この記事へのトラックバックURL
http://motorochan.blog73.fc2.com/tb.php/186-48182687
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
マグさん、やられた! (-_^;)
いや、実はちょうど同じような写真を撮って同じようなこと考えてネタを作成中だったもので。。(^^ゞ

で、あくまで私の場合ですが、、
ほとんどの写真で何らかの画像処理をしています!
#自慢じゃないですけど、仕方なくです。。

昔々高校生の頃に写真が撮りたくてOLYMPUS-OM10という一眼レフを買ってもらったのですが、フィルムを買うにも現像するにもお金がなくて、現像時の調整やトリミングなんて手が出せなかったものです。ところが30年近い年月が経ちデジスコで撮影意欲がむくむくと再発したものの、なかなか思うような写真ってとれませんよねぇ。
でも時代はデジタルです。思うように撮れなかった写真は「画像処理=現像」とみなして、なんらかの調整を加えて完成と考えています。

もちろん、ありもしない写真を作るのが目的じゃないです。野鳥と出会ったその瞬間を、機材や自分のミスで見たままに切り取れなかったものを少しでも再現するためですよ。

よくやるのは、
・露出補正に失敗したら明るさを調整します。
・逆光で肉眼では見えたはずの色が見えなかったらトーンカーブや彩度を調整します。
・ホワイトバランスが崩れて黄色や緑が被ったら調整します。
・ちょっとした構図調整、ゴミや枝を切り取るためにトリミングもします。
・シャープネスは、ちょっとだけ使うこともあります。

と、ここまで書いたら「なぁ~んだ、くまっちの写真は作ったものか」と思われるかもしれませんが、それが今の私の撮影&現像テクニックでできるベストなもの、くまっち流です。

あっ、なんか自分のブログで書けばいいのに、ダラダラとすみません。m(__)m

最後に、もうひとつだけ! Webで公開した写真ってどんなふうに見えているのか、すっごく気になります。#気にしても仕方ないのは分かってますが。。
自宅はMacなのですが会社のWindowsPCで見たときのショック! 暗くてぼやけてて情けなかった。(T_T) みんな同じような色合いで見れないものでしょうかねぇ。

どうも、長々と失礼いたしました。m(__)m
Posted by くまっち at 2008.03.05 21:32 | 編集
くまっちさん、こんばんは。(横から失礼)

大丈夫ですよ、我が家のPC(windows)では、明るく鮮明、ごく自然です。
いい写真がたくさん掲載されてますね(^^)
 うちの会社のPCでは、 確かに、ちと暗くて不鮮明ですが・・・
  (ディスプレイの差ですから仕方ないかも。)
Posted by ビンズイ at 2008.03.05 22:12 | 編集
マグさん ドモ^^

私のバヤイ・・ウデがイマイチなので・・画像処理はアタリマエです!(^^ゞ
写真の整理はVIXを使っていますが・・そのVIXについている機能の・・「明るさ」と「コントラスト」と「シャープネス」と「トリミング」を使います!
以前はフォトショップとか・・少しの間使いましたが・・いろいろ機能がありすぎて・・メンドクサくて・・(^^ゞ
Posted by shin-1 at 2008.03.05 23:29 | 編集
くまっちさん こんばんは。

なにをやられた! かと思った(笑)
ネタかぶり だったのですね・・・ あー まだくまっち電波を感知できてないんだなぁ・・・(^_^;)

画像処理のお話 詳細にいただけてありがとうございます!
みなさん いろいろな考え方や処理の仕方があるとは思いますが
この手の話題は なかなか表には出てこないもののひとつですよね。
なので とってもありがたいですよ(^-^)/

くまっちさんも 銀塩からの流れでしたか。
ぼくは 撮っていた っていえるほどのめり込みませんでしたが
やはりポジとかでヘンテコなコダワリを持ってやっていましたね(^_^;)

男性陣に多いと思われる メカニカルや芸術的こだわり を
もっと 生き物の野鳥 に向けて欲しいと思うことが おかしな現場に遭遇すると 必ずあります。

そんな愚痴っぽいことは置いておいて
見たままのものを再現する ってことは ぼくも同じです。
ただ より自然なもの を提供したい思いがあるので 極力手を入れないようにとの思いは強いかも知れません。

くまっち流に書かれているものは ぼくもたびたび行います。
自分の記憶と大きく違っているところは 失敗とは思わないで 迷わず処理します。


くまっちさんの画像は 大きく問題があるようには見えませんよ^^
ぼくは WIN機しか使っていませんが メインで EIZO FlexScan の19インチ DVI-D接続で
キャリブレーション調整もなく 輝度低めで拝見させてもらっています。

同じような色合いっていうのは難しいのかも知れませんよね。
それよりも輝度の調節を感覚的にされている方がほとんどだと思うので
明暗の違いが大きい気がします。


D.com主任研究員の冨田さんのHPで 大まかにモニタの判断ができるクダリがありますので 参考にされてみてはいかがでしょうか。

http://members6.tsukaeru.net/otomi/yatyou/gazou/huey/huey.html
Posted by マグ@管理人 at 2008.03.06 00:04 | 編集
ビンさん ひきつづき・・・

横レス談義? はどうぞ気兼ねなくやってくださいまし^^
万が一 エキサイト&ハッスルしてきましたら(笑)セコンド役として出動しますから!
Posted by マグ@管理人 at 2008.03.06 00:14 | 編集
shinさん ども~^^

shinさんも情報提供ありがとうございます m(_ _)m
とても感謝していますよ!

ウデ というか 写真撮影のスタイルかも知れないですよね。
たとえば ぼくは自分でウデがある とは口が裂けてもいえないのですが(笑)
それ以前に レタを保険として撮っているところがあります。
早い話 完全オリジナル重視 ではないです。

露出がピタリで鮮明さや色合いも文句ないものは 最高の幸せ・・・
というか気持ちいい のですが これがなかなか毎度出ないんですよね(^_^;)
たまに出るそういう画が 写真展やらザ・デテール(笑)とか
依頼されたもの向けに回っています。


ぼくは やや古い写真屋さん を使っていますが
メモリーはバカ食いだし 用途が多種多様向けなので 扱いづらいですね。
でも ほぼ使うものが決まっているので慣れてしまいました^^
Posted by マグ@管理人 at 2008.03.06 01:18 | 編集
マグさん、こんばんは。
デジタル時代なので、レタッチやトリミングを前提として写真を撮られる方も多いようですね。一眼の方に話を聞くと、デジスコのようには大きく撮れないので、とにかくピンよく日の丸で撮って、あとでトリミング、というのが基本方針のようです。
そういう方針を否定するものでは決してないことを前提に、私の私自身に対してのテーマはこうです。
せっかくのジンバルですから、トリミングせずともいいように構図を瞬時に決める。
明るすぎた、暗すぎた、色乗りが変、でもピンはきていてもったいない、という写真もすべて潔く諦める。(正直たま~に明るさの補正はしますが)
残念ながらシャープネスだけは少々、これはやむをえないかな。
つまり私自身の理想は、やはり「ノートリ・ノーレタ」なわけです。

多分考え方がアナログなんだと思います。フィルムの時代に現像から帰ってきたのを見て、いつもものすごくがっかりしましたね。でもたまに、おっ、これは、という写真があるとすごく嬉しかったですね。これこれ、この感覚を忘れたくないんです。
デジスコが難しいとはいえ、最近の機材の質の向上によって、ひと昔前よりずいぶん易しくなったと思うんです。少し慣れれば結構な写真が撮れる。パカパカ数撮って、ダメなのは消せばいい。
さらにこれに手を加えて、となると、フィルムの時代に一枚一枚気持ちを込めてカシャ、カシャと愛おしむようにシャッターを押していたあの感覚はもはやどこにもなくなっちゃうのでは、と怖れるのです。
今は私もものすごい数を撮りますが、それでもダメ元でシャッターを押すようなことはすまい、と思ってるんです。連写はしますが、気持ちだけはカシャ、カシャなんです。

まあ、古いタイプの人間のこだわりと笑ってやってください。
長くなってゴメンナサイ。
Posted by 漂鳥 at 2008.03.06 02:20 | 編集
漂鳥さん こんばんは。

いつも 胸のうち をお話くださって ありがとうございます。
とても感謝しています m(_ _)m

善し悪しというか 好みとか価値観の世界もあると思いますので
三者三様人それぞれですよね^^

>せっかくのジンバルですから・・・

まったくですね。
ぼくも 欠片?くらいしか使いこなせていませんが
せめて ノートリ構図 くらいはごだわってゆきたいです。

>おっ、これは、・・・

わかるような気がします。
今のぼくには レベルを下げても100枚に1枚程度しかありませんし
もう 文句なしっ! ってものは 何回かの撮影でたった1枚くらいです(^_^;)

ですが 鳥さんとの対話を含め その気に入った1枚が残った時は 時の経つのも忘れて
モニタ画面を見入ってしまうことしばしばです。

レタッチや露出補正なんて便利機能がないカメラの時代からすれば
今の撮影は 撮影じゃない かも知れませんね。
そのなかでも できるだけ自分で撮る という努力をされている
漂鳥さんのお気持ちはわかる気がします。

ぼくは どちらかといえば 撮影より鳥さん自体に興味があるので
鳥さんへのこだわりの方が大きいです。

また WEBでお話しても差し支えない程度に 胸のうちをお話しにきてください。
長くなっても全く問題なしですから(^-^)/
Posted by マグ@管理人 at 2008.03.06 21:41 | 編集
管理者にだけ表示を許可する