ココロで感じたとりたち ~Great Nature&Birds~ | 0419
  ♪明日はどんな鳥さんにあえるかな... fc2 blogranking blogranking
スポンサードリンク
  
2008.04.19

0419


というわけで 前回の続きですが
一日いたにしては どうにも キテル!画像 がありません (´ヘ`;)
やっぱり 撮り慣れない環境は難しいですね。


0393.jpg
774 S80 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪ 

久々にお目にかかった ミヤコドリさん (都鳥) です。

日本には 冬鳥または地方により旅鳥という扱いになっています。
冬場に越冬しにやってくるという鳥さんですが
以前 フィンランドの繁殖地の状況をTVで見た時
農耕地でケリのように抱卵している姿と 日本の干潟などで採食している姿のギャップ
が印象に残ってる鳥さんです。

図鑑には 貝やカニ ゴカイなどを採食するとありますが
農耕地などで迎える繁殖期にも やはり海の生き物を食べているのかな? とちょっと疑問に思いました。


0390.jpg
774 S80 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪

この日はカウントし忘れましたが そこそこの数が確認できました。
みんなで ワイワイガヤガヤやっていました。


0394.jpg
774 S80 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪

全部の画像を見直して やっとあった貝を咥えている画像・・・
英語名では Oystercatcher (オイスターキャッチャー)・・・ 貝取り名人って感じでしょうか。
今回は 貝のコジ開けシーン は見られなかったのですが 二枚貝を嘴を器用に使って食べるのだそうです。 
ひそかに ダイシャクシギさんにピンがいってるところは内緒です(笑) ・・・って誰に?


0395.jpg
774 S80 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪

天敵が現れたわけではないですが
たまに みんなでビュイーンと移動してました。

減光具合がひどいのと 絞りがアマイのが次回への課題でしょうか (-_-;



0396.jpg
774 S80 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪

正面に迫ってくる構図は難しいですね。
色も出ないし赤い虹彩も出ませんでした・・・ 
白飛び黒つぶれを意識しつつ単調な構図にならないようにするとか?
あー難しい鳥さんだぁ~


0397.jpg
774 S80 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪

大きさの比較できるものとして セグロカモメさんと思われる個体と比べてみると
手前にいるのに こんなに違いがあります。


次回も続きな予定です♪
この記事へのトラックバックURL
http://motorochan.blog73.fc2.com/tb.php/216-457c05d7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
マグさん こんばんは。
まったり干潟、楽しかったですね♪ また集まりましょう!
1枚目のミヤコドリさんの中に、貝かと思いきや、(多分)シロチドリの後姿発見! 水浴び姿も可愛かったなぁ・・・☆
ミヤコドリさんは 農耕地で繁殖してるんですか。 初めて知りました。
ゴカイの代わりに ミミズなんかを食べてるのかな?
川にも繁殖する貝なんかが地元の川にはあるみたいなのですが、フィンランドではどうなんでしょ??
・・・なんて、やっぱり鳥話は尽きないですね (笑)
Posted by せせらぎ at 2008.04.20 00:49 | 編集
名にし負わば いざ言問はむ都鳥 わが思う人は ありやなしやと

いやなにも「伊勢物語」まで持ち出すこともないのですが、なにせミヤコドリという名を聞くと、どうしても古典チックなイメージがワラワラと脳裏に浮かんでしまうので……。
考えてみると鳥に与えられた“和名”とその漢字は、なかなかに粋で、Oystercatcherよりは好きだなあ。
鶯 雀 鶺鴒 翡翠 啄木鳥 鴎 郭公などなど。

あ、上の歌の都鳥はユリカモメらしいですね。
Posted by 漂鳥 at 2008.04.20 20:05 | 編集
せせらぎさん こんばんは。

干潟音痴ですので またよろしくお願いしますね^^

繁殖地は恐らく場所によっていろいろな地形があるのではないかと思います。
でも フィンランドのお話では トラクターで農作業していた人が 巣のあるところに目印を立てて
それを避けながら耕していた光景が印象的でした。

たしか 以前は巣を破壊していたところ 彼らがいなくなったせいで害虫が大量発生して 
作物に深刻な打撃を受けた・・・
そんなことから 彼ら鳥たちの大切さが理解できた・・・
そういったお話でしたね。

人間が少ない知恵を絞って人間中心のやり方を考えても
所詮 延々と続いてきた自然の精巧なメカニズムには及びもつかないことに
そろそろ気づくべきですね。

川の貝ですか・・・なるほど・・・
いやぁ なんとも知らないことが多すぎて宿題山積みです (^◇^;) 
そろそろ画像へのこだわりから本質追求への旅?に戻ろうかな・・・
Posted by マグ@管理人 at 2008.04.20 20:46 | 編集
漂鳥さん こんばんは。

和名って諸説あるものが多いですよね。
そんな由来を探求する旅 ってのも面白そうですね。

都鳥 って ユリカモメだったとしても 当時都でよく見ることができた鳥さんなんですかね・・・
あ 伊勢物語にヒントがあるってことですか?^^

野鳥板のつぐみん いいですね!
厳しく見ると 若干グルっているようですが
シャープネス3とはいえ 2ステップ目で細かい背景がキッチリ描写されているのが驚きです。
いっそ接眼も変えちゃおうかなぁ(笑)

ツバメさんは 相変わらず好きだな~(笑) 的感想ですが
周辺減光って 露出の具合で出方が変わりますよね。
ぼくも 今日調節してましたが ・・・無理です ┐(´ー`)┌
飛びモノは手持ちにお任せしようかな と思っています。
Posted by マグ@管理人 at 2008.04.20 21:16 | 編集
管理者にだけ表示を許可する