ココロで感じたとりたち ~Great Nature&Birds~ | ちょっと
  ♪明日はどんな鳥さんにあえるかな... fc2 blogranking blogranking
スポンサードリンク
  
2009.02.12

ちょっと

事情により 更新が滞ってしまいます。
それから せっかくいただいたコメントへの返信も遅れてしまうかも知れませんので
予め ご容赦ください m(_ _)m



山ではヒガラさんがさえずり 近所でもシジュウカラさんがさえずっている姿を見かけます・・・
鳥たちの恋の季節・・・ 春が近づいてきているようですね。


0622.jpg
TSN-774 S80壱号機 TE-17W 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪

ヌル食堂物語も 画像などとともに いろいろ残っているのですが
季節はずれになるかも知れませんが(笑) そのうちまたお話できれば と思います。

ちゃっかりもののメジロちゃん? は みんなで仲良くやってきて 
あっちこっちで モグモグやってます。

房から採った実を落とすことが多いのもメジロちゃんたちで
そんな地面に落ちた実を またいろいろな鳥さんたちが食べに来るんですよね。
地面でモゾモゾやってるルーリーくんたちもよく見かけました。

そんな食べ物の少ない時期の彼らはとにかく必死ですね・・・
でも その自然な姿は どんな鳥さんでも美しく感じます。


話変わって
最近 M・ナイト・シャマラン監督作品の 「ハプニング」 という映画を見ました。

単なる映画好きレベルの管理人なので 評価 などというものはできませんが
管理人の予想を超えた想定外な結末? とか ココロに響く何かがあるようなモノ
とは思いませんでしたが 自然からの逆襲 とでも解釈できそうなお話は
いつのまにか 人間中心の世界が当たり前 的な発想に警鐘を鳴らしているように
思いました。

個人的には 自然からの逆襲・・・ 
我が物顔で繁栄し続けるぼくら人間は受けて然るべきかな と常々思っていますが・・・
この記事へのトラックバックURL
http://motorochan.blog73.fc2.com/tb.php/313-146548a7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
マグさん ドモ^^

ダブルメジロのぶら下がり・・ナイスショットです(^^)v

「ハプニング」ですか・・面白そうですね・・今度レンタルしてみます。
もう10年以上前の漫画ですが・・「寄生獣」というのがありました。環境問題を前面に押し出した漫画ではなくサラっと書いているものなのですが、その当時は今みたいに環境問題にあまり関心がない社会でしたので・・自然からの逆襲・人間中心の世界が当たり前的な発想に警鐘を鳴らしているような内容に結構興味深く読んだ覚えがあります。
たかが漫画なのですが、読んでからは少し自分の見方が変わったように感じました。
自分も車に乗ったり電気を使ったり原始の生活に戻ることはできません(^^ゞ大きな事は言えませんが、まず考えることが大事かなと思っています。そして少しでも自分にできる事をやってみようと・・ウマク伝わらないと思いますが・・ダラダラとスミマセン(^_^;)
Posted by shin-1 at 2009.02.12 23:40 | 編集
shinさん こんばんは

「寄生獣」・・・ 聞いたことがあります。
ぼくもちょっとネットで調べてみますね。

>自分も車に乗ったり電気を使ったり原始の生活に戻ることはできません

ぼくも同じです。
いやたぶん現代の人間のほとんどは原始の生活に戻ることを望んではいないだろうし
たとえ戻ったとしても また地球資源の恩恵を受けつつ謙虚に暮らしていたはずが
エゴ丸出しの現代に逆戻りすると思います(笑)

まだ人類そのものが未熟なんだと思います。
今は 過去の賢者の知恵よりも未来の科学にばかり走りすぎているようにも感じます。
現実的なところでは たとえば 「エコだ エコだ」 叫んでも
いざ自宅にソーラーパネルや効率的な循環システムを備えそうとすると
莫大な費用やら管理するシステムが成熟していない。
それこそ 環境にやさしい家 を建てようものならいくらかかるやら・・・
国民不在の地デジなんかより 少しでも光熱費を抑えられるような仕組みを優先すべきじゃないの? とか・・・

夏の無駄に照りつける太陽エネルギーを感じるたびに
新たなエネルギーを消費して熱を発する無駄なエアコンで冷やしてる・・・
なんか滑稽すぎるなぁ とか ┐(´ー`)┌

ダラダラ書いてくださってオーケーです。
ぼくも最近は特に無知で青臭いことを恥も外聞もなくダラダラ書いちゃってますから(笑)
自然に関わっている人・・・ 野鳥の撮影などをしている人が 率直にどんな思いを持っていらっしゃるのか知りたいですね。

ぼくは shinさんの写真好きですよ。
それは構図がどうとか技術がどうとか そんなんじゃなくて
いろんな思いを巡らせた上での彼らの姿だと思っていますから。
Posted by マグ@管理人 at 2009.02.13 00:46 | 編集
マグさん ご無沙汰してました と言ってもマグさんもお留守のようですね 

私は自分はダラダラ書くくせに 人のダラダラは面倒だったりするのですが マグさんのはなぜか読みいってしまいます と言っても未だぜんぜんダラダラ来てないですけどね。

なぜ私が今日いつ読んでもらえるかわからないのにコメント入れてみようと思ったか
本当に変な理由なんですけど メジロのおしりです

本当につい最近気づいたんですよ いや今日かな
こっちのヒヨドリは おしりが黄色いのが結構多いんですよ
そしたら 何とメジロも黄色いっていうのが 写真でなくこちらの絵の図鑑でたまたまわかったんです

本とかいなと思っていろいろ見ていたら やっぱりおしりまで写している画像って少ないみたいで このマグさんのメジロ ちゃんとおしりの黄色が映ってますよね そんな些細なことに感激しているからです。

メジロってなぜかおしりは木の陰だったり まるっきりおしりが映っていない画像が多いですよね だからおしりが黄色いんだと認識したことがなかったんです ここにもいるみたいですけど 未だ一度もお目にかかれていません

おしりの黄色いメジロ そう思うとますますかわいく見えるかも... とにかく マグさんのこのおしりをとらえた画像 私にはとても貴重でかわいいです。 こんなの撮ってきてくれて ありがとうございま~~~す。

こういうのをダラダラっていうんですよね すみませ~ん。

Posted by タンポポ at 2009.03.07 00:02 | 編集
タンポポさん こんにちは

遅くなってしまいすみません。

頭脳明晰ではないもので もっと伝えたいことを短くわかりやすくできればいいのですが
どうしても ぼくもダラダラくどくどになってしまいます (T_T)
自分が伝えたい想い が強い事柄ほど長くなってしまうもので
逆に敬遠されるだろうなぁ とか考えつつも 自分のスタイルを貫いてちゃってます (^_^;)

そんななか いつも読んでいただきありがとうございます。

>こっちのヒヨドリは おしりが黄色いのが結構多いんですよ

そちらはbulbulさんの種類が多いようですね。
なにbulbulさんでしょうか。

メジロさん・・・Japanese White-eyeも そちら・・・ どの地方かな? 
では冬期・・・ 乾期になるのでしょうか 分布しているようですね。
脇腹が褐色なチョウセンメジロさんの分布もあるようですし
他にも なんたらWhite-eyeがいろいろいそうですね^^

>おしりをとらえた画像

たぶん在庫で眠っている画像があると思いますので
探してみますね。
ブログの方も 次回はメジロさんな予定なので・・・

デジスコだと 動きのあるモノはなかなか残せませんけど
鳥さんのパーツのアップとかは得意分野なのですよ。

失敗画像が予期せぬパーツドアップ画像?になってたり
デジスコの掲示版でもいろんな鳥さんのアップが投稿されていて
へぇ と気づかされることがよくありますね。

珍しい鳥さんは自ずといろんなところに注目してしまいますが
何度も見て知っているつもりの身近な鳥さんでも 新たな発見ってまだまだたくさんありますよね^^
Posted by マグ@管理人 at 2009.03.08 07:10 | 編集
マグさん 返信ありがとうございます ゆっくりでも次回のメジロさん楽しみに待ってます。

私はマグさんがウジャウジャいるタイバンコックです。仕事柄東北地方への出張がとても多いですが...地方に行くと おしりがオレンジ色のヒヨドリによく出会います。

おしりが黄色いのは メグロヒヨドリ、ミミジロヒヨドリっていうのがそうです あんまりかわいくないですがこのミミジロっていうのはいっぱいいるんです

いらないと思いますが 写真送っていいですか メグロヒヨドリは結構よく撮れているのがあるんですよ~ へへへ。
Posted by タンポポ at 2009.03.11 16:45 | 編集
タンポポさん こんばんは

はい 次回いつになるかわかりませんが
季節外れ?なメジロさんの予定です(笑)

バンコックですか・・・
場所によっても違うんでしょうけど これからが一番暑くなるんですよね。
ミミジロさんは Streak-eared Bulbul ってやつですかね。
インドネシアの図鑑には載っていませんでした。

いろんなヒヨさん画像ありがとうございました^^
Posted by マグ@管理人 at 2009.03.12 22:25 | 編集
管理者にだけ表示を許可する