ココロで感じたとりたち ~Great Nature&Birds~ | ほどほどに。
  ♪明日はどんな鳥さんにあえるかな... fc2 blogranking blogranking
スポンサードリンク
  
2009.04.04

ほどほどに。

間があいてしまいました。
当分こんなペースになってしまう予定です・・・


0640.jpg
TSN-774 S80壱号機 TE-17W 480x640


花冷えが続き 足踏み状態だったソメイヨシノも ようやく満開を迎え
山々もパステルカラーの淡い春色になってきました。
自宅の小さな庭も いつのまにかいろんな草花が咲いています。

鳥さんたちに目を向けると まだぎこちない囀りのウグイスさんの姿や
小さな体を一生懸命に震わせながら囀る シジュウカラくんやヤマガラどん・・・
繁殖地への長旅に備えて栄養分を蓄えるツグミんの姿や
二羽で仲良く飛び回るメジロちゃんに いろんなリズムで楽しそうに囀るカワラヒワくん
海を越え 何千キロもの長旅の疲れも見せずに チュピチュピ飛び回っているツバメちゃん・・・

鳥さんたちも 厳しい冬を乗り越えて いよいよのシーズンに入ってきました。

季節の移ろいは当然のこと と思っていた時期もありましたが
こうしていろいろな生き物たちの姿を追いかけてゆくと
人間の影響を受けながらも たえず自然は逞しく生き続けているんだなぁ と感じます。


0637.jpg
TSN-774 S80壱号機 TE-17W 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪
○画像は遠方からの撮影で 被写体が小さいのでかなりトリミングしています。



閑話休題

先日 顔も隠れてしまうほどの巣材を運ぶシジュウカラさんに出遭いました。

なるほど あそこに持って行っているんだなぁ としばらく遠くから様子を見ていました。

♂♀二羽で 一羽が営巣場所近くで監視しつつ もう一羽がせっせと定期的に巣材を運び込んでいました。
たまに人通りがあるので その都度素知らぬ顔で地面に寝そべって休憩しているフリをしていましたが(笑)
通りがかりの観察者の方と撮影者が足を止めて 営巣場所に近いところに陣取ってしまいました。

案の定 定期的にやってきていた一羽は 警戒して近づけないでいます。
幸い ぼくが声をかける前に気づいてくださったみたいで その後 またせっせと続けていました。


これから鳥さんたちには一生で一番大切な繁殖期を迎えますが 毎度毎度 営巣放棄のお話を耳にします。

営巣場所付近への長期の居座りも いつも問題になっています。
営巣場所付近に居座ることによって 営巣・抱卵・育雛に影響を与えることは当然ですが
賢いカラスなどを呼び込む結果を生じたり 場所によっては地域住民や他の目的の人へ迷惑をかけてしまうこともあります。

生き物たちの繁殖行為や育雛する風景などは 誰が見てもほほえましく ココロ温まるものですが
野鳥たちの大切な時期 であることを考えて ほどほどで切り上げて
できるだけそっとしておいて欲しいと思います。

野鳥たちに迷惑をかけて その結果数が減ってしまえば そこの自然環境も変わってしまい 
何より 彼らを見て楽しんだり 撮影したりすることができなくなるかも知れません。

当たり前のことなのですが 彼らあっての 野鳥観察であり 野鳥撮影なのですから・・・




ココロで感じたら押してください・・・  thanks thanks

この記事へのトラックバックURL
http://motorochan.blog73.fc2.com/tb.php/318-33e5ae6d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
こんばんは。
決して「閑話休題」などではなくとても大切な“提言”と受け止めています。
賢いカラスと同時に人の発する熱に感応してヘビもやってくると聞きます。
常に我がこととして気をつけたいと思います。
Posted by 漂鳥 at 2009.04.07 01:39 | 編集
こんばんは。
 我が町の小さいし汚い?川にもカワセミさんがやってきてくれたのを、今年初めて見ることが出来ました。最初の2週目くらいまでは、自分も、何?何?って寄ってくる親子連れの方などに、ホラあそこに、なんて教えていましたが、3,4週目くらいからドカンと望遠を構えて長時間立ち話をされている方が約2,3名、その周りに数人の人達が集まるようになり。。
 やはり車も走る道沿いでドカン!は人目を引き、攣られた数名の塊が始終、そこにいるようになりました。平日はどうだったか分からないですが、私もその光景を何度も見るうちに、なんだか物見遊山な感じがして、もう近付けなくなって遠くから、ああまた今日もかたまってるよぉ・・・・と眺めていました。
 で、今回の記事で「賢いカラスを呼び込む・・」ことがあると学習し^^;悪いことしたなあ、デリカシー無かったなあと反省でした。ドカン!なんてほんの川幅分・・・しか離れていない所に真正面から陣取ってるし・・真正面からです・・観察されているカワセミさんはガヤガヤと覗かれて落ち着かない感じだったろうなと思いました。今どうしているのか見に行っていませんが、以後気を付けようと思います。気付かせてくれる記事をありがとうございました。
Posted by とっさ at 2009.04.07 22:05 | 編集
漂鳥さん こんばんは

野鳥板などで作品は拝見させてもらっています^^
相変わらず 漂鳥流デジスコ道? 探求されているようで
作品にはどこか 光るモノ を感じます。

>ヘビもやってくると聞きます。

ヘビのお話も聞きますね。
長玉など たくさんのレンズの反射とか
歓喜の声?をあげたり 大騒ぎしたり・・・
良識ある人が仕切っているところは まだいいんでしょうけど
人が集まると 野鳥にとってはいいことはあまりないですね。

とあるフィールドでは 繁殖期到来前に早々に規制しているところもありますね。

ぼく自身も どこか偶然出遭った営巣場所で様子を見ながら
観察・撮影することもあるかも知れませんが
もし 野鳥に影響を与えそうな行動を指摘されたり 注意を受けるようなことがあれば
謙虚な姿勢で真摯に受けとめようと思っています。
Posted by マグ@管理人 at 2009.04.07 22:34 | 編集
とっささん こんばんは

カワちゃんも恋の季節ですから ♂と♀の仲良しシーン?
目当ての撮影者も多いでしょうね。

普段のカワちゃんは 川ということであれば
上流から下流まで行ったり来たりしながら採食していると思いますので
よく止まるような場所に人が集まるのは仕方がないと思います。

ただ カワちゃんは土手なんかに 穴を掘って営巣しますから
そんなところの近い目の前に大勢で居座るのは問題があると思います。

そうでないならば 多くの人にカワちゃんの美しさや川の汚さ?(笑)
などに注目してもらうことは とてもいいことだと思います。

今回はそこが営巣場所なのか わかりませんが
もし 巣作りや抱卵・育雛などしているようなところを見つけてしまったら
自分の胸のなかだけにそっとしまっておいてください。
Posted by マグ@管理人 at 2009.04.07 23:00 | 編集
管理者にだけ表示を許可する