ココロで感じたとりたち ~Great Nature&Birds~ | さよなら とろちゃん さよなら 2010年・・・
  ♪明日はどんな鳥さんにあえるかな... fc2 blogranking blogranking
スポンサードリンク
  
2010.12.31

さよなら とろちゃん さよなら 2010年・・・

今年も残りわずか・・・ もう大晦日になっていますね。

今年は季刊誌状態で ものすごく風まかせなブログになってしまいました。
そんな状態にもかかわらず すぐにレスをくださったり 度々訪問してくださったみなさん

今年もありがとうございました 来年はまたどうなるかはわかりませんが よろしくお願いいたします m(_ _)m

それから 以下の事情により年始の挨拶は控えさせていただきます。



0762.jpg

実は 今年の9/23 秋分の日に 愛鳥のとろちゃんが大空に旅立ちました。

最後は手のなかでのけぞるように精一杯羽を広げ ぼくを見つめながらそのまま目を閉じました。

ぼくにはかけがえのない存在でしたので いい年して人生で一番泣きました。今書いていても泣けてきます・・・

10年と半年の鳥生?でしたので 

平均的な寿命だとは思いますが 夏の異常な猛暑は収まったものの 前日はまたいきなりの猛暑33℃から

当日は25℃と温度差が激しいなぁ と思っていたら今まで見せたことのないような弱々しい表情・・・

祝日でいつもの病院はお休みだったので なんとか翌日までがんばってもらおうと色々手を施しましたが

想いは届かず力尽きてしまいました。


0763.jpg

前日まではいつもと変わらず うちのなかでは一番元気いっぱいだったのですが

鳥は食べたフリをしたり本能的に弱さを隠してたりするので当日まで全く異変に気づきませんでした。

やはり生き物とは儚いものですね・・・

野生下では日々生と死が繰り返されていてもっと苛酷な一生を送っているわけで 

改めて彼らの姿は貴重なものだと感じました。


来年はもっと自然・・ 鳥さんたちが生きやすいような年になることをココロから願うばかりです。

ありがとう とろちゃん そして さようなら・・・


この記事へのトラックバックURL
http://motorochan.blog73.fc2.com/tb.php/360-18b46927
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
マグちゃん、そしてトロちゃん、今年はありがとう。来年、トロちゃんは居ないけど僕らの人生は続くんだね。思い通りにいかない事が多いけど、一年マッタリと過ごせたらいいなと思います。 2010年12月31日 かい
Posted by かい at 2010.12.31 14:12 | 編集
かいさん ども^^

まったく 思い通りに行かないことばかりだねぇ・・・

とろちゃんはもういないけど、ちびとろちゃんはそれなりに元気でやってます。
ただ、こやつは野生に近いので、とろちゃんほど一緒の生活ってのはないんですよね。

マターリいきましょう♪
来年もよろしく!
Posted by マグ@管理人 at 2010.12.31 15:44 | 編集
トロちゃん、旅立たれたのですね・・
マターリと季刊誌でも続けてください。
来年もよろしくお願いします。
Posted by くまっち at 2010.12.31 21:48 | 編集
くまっちさん ども^^

元気が当り前なんて思ってたところがあって
しばらく自問自答・・というか後悔の念がありすぎて凹みましたね。
生きとし生けるものには必ず終わりが来るわけですが・・・

自然の生き物たちも決して当り前にそこに存在してるわけじゃないのに
どうかすると簡単に人間の犠牲になってしまってますね。

人の命も儚いものですが、
自然の生き物たちもまた儚いものだということを多くの人が気づいてくれたらいいなと思います。

来年もよろしくお願いいたします。

Posted by マグ@管理人 at 2010.12.31 22:13 | 編集
こんばんは。
そんなことが…。悲しいね。
私も今年妻の父を亡くしました。ブログを始めた頃から、ようやく私の人となりを理解してくれて、以来一番のブログ読者でした。いまでも折にふれ思い出す義父の実直な素顔です。

でも、かいさんが言うように我々はそれでも生きていかなくちゃなりません。あまり頑張る必要はないけれど、時々は心情を吐露しちゃうとけっこう楽になります(私がそうですが)。
来年も宜しくです。
Posted by 漂鳥 at 2010.12.31 22:59 | 編集
こんばんは

犬でも猫でも鳥でも金魚でも、一緒に暮らしていた子との
さよならは本当につらくて悲しくてさみしいものですね。

このブログで私に笑いと癒しをくれた可愛いとろちゃん、
どうもありがとう。


Posted by CC at 2010.12.31 23:11 | 編集
漂鳥さん ども^^

そうですか・・・。
ブログでようやくココロが通じ合ったということでしょうか。

ぼくも親父が他界してから5年ほど経ちますが、
正直、とろちゃんが旅立った時の方がココロにずしっと応えましたね。

鳥などの生き物たちとは言葉でコミュニケーションが取れない分、別れもつらいですね。

来年もよろしくお願いいたします。
Posted by マグ@管理人 at 2010.12.31 23:37 | 編集
とろちゃん、居なくなって悲しいけど、旅立つ時のとろちゃんは、ありがとうの気持ちだけで、ココロいっぱいだったのでしょうね。大切にしてくれてありがとう、楽しかったよまぐちゃん、だから悲しまないで!って伝えたかったとろちゃんのメッセージ、感じるようです・・・
まぐちゃん、いつでも何度でも涙流して泣こう、泣いて空を仰いで、仰いだ空が無限大と知ったら、また元気に歩こう!!^^;
2010年はさよならだけど、とろちゃん旅立ちの2010年9月23日、とっさ、覚えておきます。
今年も楽しませて頂きありがとうございました。来年は月刊誌くらいで一つよろしくお願い致しまふ。






Posted by とっさ at 2010.12.31 23:53 | 編集
CCさん こんばんは^^

そうですねぇ・・
いなくなって存在の大きさに気づきますよね。

でも、今回はぼくの手の中で最期の時を一緒に過ごすことができてよかったかもなぁ
って思います。
病院でしばらく預かってダメでしたじゃもっとつらかったろうなぁって。

とろちゃんには想い出とともに色々なことを教えてもらいました。

今年もまたたまに寄ってみてください♪

あ、最近はこれっていう映画ないんですよねぇ
なんかお気に入りありましたか?
Posted by マグ@管理人 at 2011.01.01 01:31 | 編集
とっささん こんばんは^^

彼らと話すことができたらなぁ っていつも思っているんですよね。
文句と言うより、呆れかえった言葉が返ってきそうですが(^_^;)

とっささんが仰るようなメッセージを最期に伝えてくれてたのなら
とてもうれしいことですね。

あの日、止まり木から小さいケージに移す時、反発?がないのもあってもう随分軽くて
それからあっという間に動けなくって・・ 
それでも、ヨロヨロとぼくの手の方にやってくるんですよね。

ぼくらにとってはあっという間でも、彼らには長い時間だったんですよね。
一生の長さが違うんですから・・・


今年もどのくらいの頻度になるかわかりませんが、たまに覗いてみてください!
Posted by マグ@管理人 at 2011.01.01 02:04 | 編集
マグさん おひさしぶりです。

いきものを飼ったことがない私が言うのもなんなのですが・・・
とろちゃんは マグさんに「ありがとう!」って言って羽ばたけたのだから、とても幸せだったと思います。

姿はもう見えないけど、心は自由だから!

マタ~リ、のんびりいきましょう (^-^)/
Posted by せせらぎ at 2011.01.01 14:40 | 編集
せせらぎさん こんにちは

お久しぶりですね^^
相変わらず地元の生き物たちと仲良くやってますか?

生き物を飼うっていうのは大変ですよね。
しっかり育てて家族・・ それ以上のようになってしまうと別れは寂しいものですね。

でも、ココロ豊かな生活と彼らから多くを学び、
いろんなことを感じさせてもらえた時間はかけがえのないものです。

ココロは自由 そうですね(^^)

また たまに覗いてみてください♪
今年もよろしく!
Posted by マグ@管理人 at 2011.01.01 15:48 | 編集
噂によると、
とろちゃんは、「虹の橋」のたもとで、飼い主さんと別れた他のいろんな動物たちと楽しく遊んでいるようです。
 いつか、再び飼い主さんと会える日を待ちながら・・

今ごろ、とろちゃんはうちのチョック(フェレット♀)と会って、
「やあ、やあ、その節はうちの主人がどうもどうも」なんて話してるかも・・(^^♪

「おたくの主人のあの写真、解像度がいまひとつだね。」
「うん、なかなか思うような写真が撮れなくて悩んでるみたいだよ・・・」
 なんてね。

あんな悲しみは二度としたくない、とずっと思ってましたが、何のはずみか、今、我が家には猫。
可愛くて、一緒にいたくて、鳥見の時間がかなり制限されてしまってます・・・(~_~;)
Posted by ビンズイ at 2011.01.01 18:01 | 編集
ビンさん こんばんは

ぼくは次の世界とかって概念は持っていないんですが
生き物たちだけの楽園があればいいなぁ(^^)

いや、きっとそこで 「人間との共存は散々だったよ まったく」なーんて愚痴でもこぼしてて欲しいです。

チョックちゃんはさてどんなこと言ってるんだろう・・・

「芸能、文学一家でさぁ ぼくにはハイレベルすぎた一家だったよ」 とか(笑)

悲しい、ココロから悲しい想いをしちゃいますね。
でも、とろちゃんなどの生き物たちと過ごした時間は忘れることがないし、
出遭ったことにありがとうの感謝を言いたいです。

スローバーディング
のんびりいきましょう♪

今年もよろしくです!
Posted by マグ@管理人 at 2011.01.01 23:07 | 編集
たびたびすいません、

 調べてみたら、チョックが旅立ったのは2003年6月20日のことでした。
 (いい年して、男のクセに)その頃は、悲しみと後悔に明け暮れていて、救われる何か(歌、言葉)にすがっていました、、、
 ちょうど、「涙そうそう」が流行っているとき・・

 彼女の思い出にホームページを作りましたが、数年ぶりにクリックすると、、消えずに残っていました(~_~)
 その中ににこんな詩が引用されていました。(どこで見つけたのか全然、記憶がありませんが)

  私が船出するとき 嘆きの涙は欲しくない
   永遠(とわ)の国へ私を急がせる 嗚咽(おえつ)も
    溜息も欲しくない
     ……
  別れの涙があふれたら
   そっと その日をそのままにしておいて欲しい
  私を惜しむことなく
   共に過ごした日々を喜んで欲しい
  そして こう言って欲しい
   「満ち潮だ。 よい船旅を」”

 サムエル・ウルマン
   「なぜ 涙を」より

 とろちゃんのよい船旅を祈っています・・・


Posted by ビンズイ at 2011.01.03 21:02 | 編集
ビンさん こんばんは^^

>(いい年して、男のクセに)

ぼくも昔はそう思っていましたし、クールを装っていましたが、
今じゃボロボロです(笑)

いいんじゃないですかね、男が女々しく泣いても。
悲しいことを悲しいと思えるココロからあふれ出る涙を止める必要はないのかなぁと。

「涙そうそう」いいですよね^^
歌い手の方を含めてトータルで癒される感じがします。

ぼくは最近車以外で音楽は聴かなくなってしかも、新しい曲は全く???なのですが、
唯一紅白の坂本冬美の所だけは見ましたね。 トシなんだろなぁ・・
なんかあの曲は惹かれるものがあります。

車で聞いたりしてるのは擬音系?トランス系とかで
自宅では家族がケーナとか南米の楽器を弾いてたりクラシックがひっきりなしとか・・・
もうメチャクチャですかね(笑)


引用された詩、ジーン・・ときました(涙)
自分が逝くときも残したいと思いました。

 「満ち潮だ。 よい船旅を」

ビンさんいい詩をありがとうございました m(_ _)m
Posted by マグ@管理人 at 2011.01.03 21:38 | 編集
管理者にだけ表示を許可する