ココロで感じたとりたち ~Great Nature&Birds~ | お山のキビタキ物語~その2
  ♪明日はどんな鳥さんにあえるかな... fc2 blogranking blogranking
スポンサードリンク
  
2011.08.25

お山のキビタキ物語~その2

前回の続きです・・・

動画では風や他の生き物たちの音なんかが入ってしまっていますが、現場ではこれがけっこうな大音量。
だいたい100M四方くらいでしょうか、時折移動しつつもひたすらこの調子で鳴いていましたね。

あまりにも鳴き続けているので、それにつられてか? アカゲラさんやヒガラさんなどが
おい?どうしたんだい?とばかりに近くやってきたのは面白かったですね。

羽衣からいっても幼鳥ですし、ただ営巣地が近くにある可能性も考えて、離れて様子を見ていましたが、
そんなことはおかまいなしにフィールド内を移動し、警戒心のなさゆえにぼくの方にも度々やってきました。

そんななかふと、なにやら大きな生き物の気配を感じたので、遠くをキョロキョロしてみると・・・


0862.jpg
TSN-774 S80弐号機 TSN-VA2-CR+NKA 36xWFA 600x800

木の間からジーっとこちら見つめるものが。

ニホンジカの子供ですね (^^)

実際はけっこうな距離があるんですが、キビタキぼうや?の声を聞きつけて来たんでしょうか。
シカの子供もなにやら好奇心いっぱいな感じでずっとこちら見ていたましたね。

ここらあたりの山ではシカの問題が深刻になっているんですが、これはまた別の機会にお話できればと。


そんな感じで、森の仲間たちがいろいろやってくるのをじっくり観察していたんですが、

ある時、頭の上の広葉樹の葉っぱが、ガサ・・ ガサガサ・・・ と、いかにも何かデカイものが落ちてくる
という感じだったので、急いで見上げたんですが、 ?????  なにも落ちてこな~い・・・


が、次の瞬間          ボ テ 


0863.jpg

っと 緑の塊 が頭に落っこちてきました(笑)

いやぁ ビックリして なんだ おい! とか独りでブツブツ言ってましたが、
どうやら スズメガ かなにかの幼虫のようでしたね。

この画像だけだとわかりづらいですが、これけっこう大きくて重いんですよ!
さすがにケガするほどでもありませんが、やはり帽子は必須だなぁと思いましたね。

鳥さんたちの大事な食料なわけですけど、近くの葉っぱに戻してやりました。




さて、キビタキぼうや?ですが、依然こんな感じで鳴き続けていたんですが、

ついにお父ちゃんがやってきて応えてくれました!

キビタキ父ちゃんの声がしたとたんに反応する速さたるや・・・
鳥さんは、表情の違いがハッキリわかるほど変わるとは思いませんが、すごくうれしそうな感じに見えましたね。


また次回に続く・・・ 





ココロで感じたら押してください・・・  thanks thanks

この記事へのトラックバックURL
http://motorochan.blog73.fc2.com/tb.php/393-fafd1ba6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
マグさん こんばんは。

キビ若ちゃん、姿も鳴き声も とっても可愛いですね~!
その1を見て、若は何のために鳴くのかな?と思っていたのですが、
やっぱりまだまだ親鳥に甘えていたんですね (^-^)

心配して集まってくる森の仲間たちも可愛い☆
ディズニーアニメのバンビの映像が思わず浮かびました♪

・・・丸々と健康的な緑のコには悪いですが、
もし同じ目に遭ったら、卒倒しそうです (> <)
森は頭上も注意★ですね (笑)
Posted by せせらぎ at 2011.08.25 23:44 | 編集
せせらぎさん こんばんは^^

はじめは、なにかの鳥さんの警戒音? ♂を呼ぶ声? などとよくわからなかったんですが、
キビタキ父ちゃんの声がしてからはなるほどぉと思いました。

森の仲間は心配しているというより、興味津々って感じの方かも知れないですね。
キビタキぼうや?のかなり近くまでやってきて、アカゲラさんもヒガラさんもしばらくウロウロしてましたね。
そこで何かあるのかな? と思いましたが、ひたすら鳴続けるばかりでした。

バンビちゃんは本当はかぁちゃんが近くにいるはずなんですが、
この時は一頭だけで、また子供ゆえに仕草もかわいかったですね。
そーっと木の陰から見ているんですよね^^

帽子は必須ですよ!
ここらでは主にヤマビルなんかに効果的な気がしますが、
とにかく上からも色々なものが降ってきますね(笑) けっこうな振動を感じました♪
Posted by マグ@管理人 at 2011.08.26 00:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する