ココロで感じたとりたち ~Great Nature&Birds~ | モズあれこれ
  ♪明日はどんな鳥さんにあえるかな... fc2 blogranking blogranking
スポンサードリンク
  
2012.03.22

モズあれこれ

さて、別の場所で採食に励む?モズ♂・・・


0941.jpg
TSN-774 S95 TE-17W 1000x666 トリミング ●クリックすると大きくなります♪

トビケラの仲間?かなにかの幼虫だと思いますが、片目でジーッと下を睨みつけて・・・
パッと 地面に降りたら咥えて戻ってきていました。

その後、決して上手とはいえない横移動(笑)をしつつ、小枝を使って食べるのかと思いきや、
小枝に突き刺していましたね・・・ 

早贄(はやにえ・獲物を枝などに刺す行為)って、秋に多く、
冬場の食料不足を補う貯食行動なんて説もありますけど、枝に刺した獲物を忘れることも多くて、
獲物の多い春にもやっているということから、恐らく単に本能的な行動なんだろうと思います。


0940.jpg
機材条件同上 1024x768 トリミング ●クリックすると大きくなります♪

ジーッと睨みつけてつけています・・・


0939.jpg
機材条件同上 1000x666 トリミング ●クリックすると大きくなります♪

そして今度もなにかの幼虫を捕まえてきましたね。

この幼虫は、パクッと一飲みにしていました。




こちらは 動画 です。

狩りの間に モズ(百舌鳥) 特有の鳴き真似 もしていました。

冒頭、ちょっとヘリの音がうるさいですが、主にメジロの鳴き真似をしていると思います。
途中入っているコゲラと思われる声は違うと思いますが、ヘリの音をカットした部分には別の声も入っていましたね。

ぼくが今まで聞いた鳴き真似の多くはチュン太(スズメ)です。
ちょっとガイジン風(笑)なのですが、けっこう似ているんですよね。
ほかにも、カワラヒワ、コジュケイ、キビタキに似たような声も聞きました。

なぜ鳴き真似? ってことなんですけど、モズさんがやってくると、キジバトやカラスなど、どうみても捕食されない、
もしくはマイペース(笑)な鳥さん以外の小鳥の類なんかは、あっというまに飛び去るんですよね。

そんななか、鳴き真似をして獲物を誘き寄せる なんて説があるようですけど、
実際誘き寄せられて捕食されているところは見たことがありませんね。


0938.jpg
機材条件同上 600x800 トリミング

こちらは朝日に照らされながら、獲物を物色中のメインのフォールドの♀。

毎年ナワバリの分布を調べていますが、今年もしっかり同じナワバリで元気に飛び回っていました。

モズさんって小さな猛禽って言われていますけど、けっこう警戒心が強くて、
カラの仲間のようにフレンドリーな感じの距離になることは滅多にありません。
なったとしても、必ずといっていいほど枝の陰などに隠れることが多いですね。

ここのナワバリの♀も、だるまさんが転んだ前進(笑)をしても一定の距離を保ちながら移動してゆきます。


0937.jpg
機材条件同上 1000x666 トリミング ●クリックすると大きくなります♪

この♂もメインフィールドのいつものナワバリにいましたね。

モズさんがやってくると、ホントににぎやかだった小鳥たちが消えて静まりかえります。
飛去するものもいれば、葉陰でジーッと声を殺して?やりすごしているのもいますね。

尾羽を ぐりーん・・・ぐりーん・・・ と回しながら地面を睨みつけているモズさん・・・

小鳥やネズミ、魚や爬虫類なんかを襲ったり、獲物を生きたまま枝に刺したりなど、
ちょっと獰猛な印象もありますけど、全て彼らは本能でやっていて、生きるためですから、これも自然な姿ですね。





ココロで感じたら押してください・・・  thanks  thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ
この記事へのトラックバックURL
http://motorochan.blog73.fc2.com/tb.php/429-8542a46b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する