ココロで感じたとりたち ~Great Nature&Birds~ | とりたちの春 その2
  ♪明日はどんな鳥さんにあえるかな... fc2 blogranking blogranking
スポンサードリンク
  
2014.04.11

とりたちの春 その2


前回のつづき・・・

1056.jpg
FZ150 DMW-LA5 T-CON17 手持ち トリミング 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪

私の大好きなツグミのつぐみんです。

北の地に帰る前にはたっぷり脂質を摂るんですが、その昔、ツグミ猟が行われていた時代には、

渡りの前の脂肪が乗った頃が一番おいしく、猟も盛んだったらしいですね。

海を越えて遙か遠くの北の地に繁殖のために帰るはずが・・・ 無念だったでしょうね・・・ 


広大な芝生に10個体+はいたんですが、それがいつ見ても面白い!

トコトコ・・・ストップ・・・背筋を伸ばしてピーン!・・・

地面をほじほじ・・・トコトコ・・・ストップ・・・ピーン!・・・ほじほじ・・・以下ループ。

これを芝生のあちこちで同時にやっているわけで、なんというか・・・モグラ叩き?みたいに見えるんですよね。

どこかミュージカルとかパフォーマンス?なんかを見ているようでした。


上の個体は切れてしまってわかりづらいですが、ツグミって同じ体色の個体はいないんですよね。

胸の辺りで何パターンかは分けることができるようですが、それでもどこか必ずはっきり違っていますね。

でも、行動はみんな一緒(笑)

大型ツグミも色々いますが、集団でこんなパフォーマンスをしているのはツグミくらいじゃないでしょうか。

シロハラなんかも表に出て来て同じようなことをしますが、集団では見ないですし、

トラツグミはヘンテコダンスをしますが、動きが違いますね。アカハラは芝生などあまり表には出てきません。


1055.jpg
機材条件同上 600x800

早朝ゆえにまだ太陽も昇っていないので、かなり暗く、手持ち撮影には厳しい状況・・・

私のお散歩カメラは高感度に強いわけではないので、荒れを防ぐために感度を低くするわけですが、

そうすると当然ながらSSが上がらず(1/20)ブレブレ写真だらけになってしまいます。

稚拙なものばかりで、大きなサイズにするのは恥ずかしいのですが、雰囲気だけでも伝わればいいなと思います。


1054.jpg
機材条件同上 600x800

カワラヒワも10個体+ほどいて、こちらは狭い範囲に群れていましたね。

ツグミは神経質なほど辺りを気にしているんですが、カワラヒワは狭い範囲で多くの目があるからか?

たまに頭を上げるくらいで、一心不乱に何かの実を食べていました。

こういう採食の違いを見ているだけでも色々あって面白いですね。

当の彼らは生きるために必死なんですけどね・・・



ココロで感じたら押してください・・・thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ
この記事へのトラックバックURL
http://motorochan.blog73.fc2.com/tb.php/490-b5135877
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する