ココロで感じたとりたち ~Great Nature&Birds~ | シジュウカラのこと
  ♪明日はどんな鳥さんにあえるかな... fc2 blogranking blogranking
スポンサードリンク
  
2016.11.04

シジュウカラのこと


周年通して見られるとりがいくつかいる。
繁殖期に一番騒がしいのはスズメだ。
今や、スレート屋根が増えてしまったから、年々繁殖場所の取り合いが熾烈を極めている。
一通り繁殖が終わると、彼らの姿はあまり見られなくなるが、
秋になると、その年生まれの若いものも含めて、植物の実や残り少ない昆虫などを求めて集団で行動する姿が見られる。

次によく見られるのが、シジュウカラ。
このとりは全国的に生息し、多くの環境に順応している。
スズメが人に頼って生きているのに対して、このとりは人を必ずしも必要としていない。

以前も何度か話をしているが、彼らが成鳥(生まれてから1年ほど)になる確率はかなり低い。
それはシジュウカラに限ったことではないが、若い個体を見ていると、野生を忘れかけた半野良猫にも容易くやられてしまいそうな鈍感さだ。

ただ、そんな危うい、あどけない行動、純真な眼差しとともに屈託のない表情がこの上なくかわいい。


1112.jpg
FZ150 DMW-LA5 T-CON17 手持ち 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪

人々は幼いものの瞳に惹きつけられる。
なぜだろう?


1113.jpg
FZ150 DMW-LA5 T-CON17 手持ち 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪

黄色の嘴、パステル調の体色と相俟って、なんともいえないやさしさを感じる。

2枚の画像は7月下旬のもの。
他にも色々な画像があったが、なかなか見つからない。

今年、近所では親鳥と一緒に3羽の幼鳥を確認した。
その後、度々姿を見かけ、幼鳥3羽だけでワイワイやっていることもあった。
彼ら今年生まれの幼鳥だけで戯れる姿は、無邪気に遊ぶ人間のこどもらと一緒で、
ただひたすら本能の赴くままに忙しなく動きまくる。
そこには規則性や警戒心の欠片もないから、そこからだけでも幼鳥とわかるし、
ひたすら純粋だから瞳にも濁りがないのだろう。


1114.jpg
TSN-774 S95(Ⅱ号機) TE-17W 600x800 ●クリックすると大きくなります♪

今年生まれの幼鳥たちは、その後換羽の時期を迎え、一時などはボサボサ白髪交じりのおじさんのような姿になっていた。
今頃はこんな黒ネクタイ、真っ黒な髪を持つ凛々しい出で立ちになっていることと思うが、果たして何羽元気にしているだろうか。

シジュウカラは、他のとりたちと仲が良い。
仲が良いなどという言葉は、野に生きるものたちには当てはまらないことだと思うが、
柿の木で他種とばったり遭遇しても、追いかけられることはほとんどない。

それは食べ物が違うからだろう。
ヒヨドリやメジロなどは、花粉や果実が好物だが、シジュウカラは昆虫がいる時期はそれを探し
表に姿が見えない時は、葉陰や樹皮の隙間などに嘴を突っ込んで探している。

そうしていよいよ厳しくなってくると、柿を食べ始める。
元々雑食性なのだが、ヒヨドリやメジロなどが柿の木に頻繁に来るのに比べ、シジュウカラはそれほど来ない。
やっと来たと思っても、熟々の柿の実をめがけてガッツクようなことはせず、枝から枝へ忙しなく移動する。
しょうがないなぁというような面持ちで食べやすそうなものにとりつくが、二口、三口して飛び去る。

もしかしたら渋柿の方が好みなのかな?


いつもありがとうございます・・・thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ
この記事へのトラックバックURL
http://motorochan.blog73.fc2.com/tb.php/541-332afbac
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する