ココロで感じたとりたち ~Great Nature&Birds~ | 身近な自然にこそ
  ♪明日はどんな鳥さんにあえるかな... fc2 blogranking blogranking
スポンサードリンク
  
2016.11.14

身近な自然にこそ


今日は雑務に追われながらも、柿の木食堂を観察した。

久々のポカポカ陽気に誘われて、多くのとりたちが忙しなくやってきた。
とりたちが集まるところは、ひとまず安全という本能が働くのかイソヒヨドリなども近くで囀っていた。
ジョウビタキのジョビコはひっきりなしにやってきては周辺でナワバリを主張しているし、
モズのモズオも高鳴きを交えて、やはり周辺をウロウロしていた。


1116.jpg
TSN-774 S95(Ⅱ号機) TE-17W 600x800 ●クリックすると大きくなります♪

すっきりした画もあったが、あえてごちゃごちゃのものを。

いつまでこんなのどかな景色が見られるだろう。
住宅密集地にもかかわらず、これだけの多種多様な生き物たちが見られるのは、
食物連鎖が機能し自然環境がまだ生きているという証拠になるのだが、最早風前の灯火である。

まとまった緑地に多くの生き物が住んでいるのは当たり前・・・ 最近はそうでもなくなってきたが・・・
だが、そうではない、ごく身近な環境にこそ生き物たちの住処が必要であると思う。

何のとりかわからないが、朝に聞こえてくるとりの声、夏にはセミ、秋には虫の音・・・
普段殊更意識している人は少ないと思うが、四季を通して実に様々な自然の音が聞こえてくる。
この自然の音は、季節の移り変わりを教えてくれ、ストレス塗れの現代社会に一服の清涼感を与えてくれる。

人間は自然なくしては生きられない、そんな当たり前のことは言われなくても、と思っている人が多いだろうが、
どれだけの人が我が事のように真剣に考えているだろうか。

ほんの少し前、某番組で宮崎駿の特集を目にした。
なかなかに見応えのある内容だった。
手書き職人のデジタルへの挑戦、対立などは、当人の気質も相俟って、更に彼の職人魂に魅力を感じるものだった。
彼の作品はほとんど見ているが、自然をテーマにしたものが多い。
実際に自然保護活動を行ったり、環境主義者ということだが、この先も短編映画や後を継ぐモノを是非とも育てて欲しい。
もののけ姫、平成狸合戦ぽんぽこ、風の谷のナウシカ、天空の城ラピュタ・・・ もう一度じっくり観てみようと思う。



いつもありがとうございます・・・thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ
この記事へのトラックバックURL
http://motorochan.blog73.fc2.com/tb.php/543-7e8b33fc
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する