ココロで感じたとりたち ~Great Nature&Birds~ | とりたちの臭覚
  ♪明日はどんな鳥さんにあえるかな... fc2 blogranking blogranking
スポンサードリンク
  
2017.02.04

とりたちの臭覚


近所で解体新築工事が増えてきた。

現場を見るたびに思うことがある。

たいそう立派な庭木が、ユンボで次々と引き抜かれていくわけだけど、

果たしてその木のおかげで命をつないできた生き物たちはどうなってしまうのだろうということ。

たとえば、セミの幼虫・・・ たぶん助からないだろう・・・

もちろん、自分が住んでいる場所も、同じことをして建っているということはわかっているのだけど、

どうにも悲しいやるせない気分になる。

身近なとりたちにとってみると、緑が減ってゆくのだから、あまりいいこととは言えない。

でも、彼らはとても強かだ。

どこで見ているのか、トラクターのごとくユンボが土地を掘り起こしてゆくと、いつの間にかいくつものとりたちがやってきている。


1124.jpg
FZ150 DMW-LA5 T-CON17 手持ち 1024x768 ●クリックすると大きくなります♪

食べ物が少ない時期に土中のタンパク質はごちそうだ。

すっかりナワバリも定着して、姿も声も確認できなくなっていたジョビコがひょっいとやってきて、猛烈な勢いで凸凹になった地面で獲物を探している。

よく見てみると、いつもは気配すら感じないツグミもちゃっかり来ていたり、ムクドリ軍団やハクセキレイも我先にと忙しなく動き回っていた。

ムクドリなどは、ユンボの後ろについてまわり、重機や人間などは全くおかまいなしだ。

そんな一時の宴も、土地がユンボによって押し固められると、終演。

冷たい北風が吹き荒び、砂塵が目に染みた。


ここ最近はずっと不安定な更新ですが、諸問題が山積しているため、更にアヤシイ更新となります。
それでも今後も更新は続けてゆくつもりですので、たまにのぞいてくだされば幸いです。


いつもありがとうございます・・・thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ
この記事へのトラックバックURL
http://motorochan.blog73.fc2.com/tb.php/546-803f48b3
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する