ココロで感じたとりたち ~Great Nature&Birds~ | 翼のハートマーク
  ♪明日はどんな生き物たちにあえるかな...
スポンサードリンク
  
2021.04.17

翼のハートマーク


今しがた近所のちょっとした雑木林からアカハラのさえずりが聞こえてきた。

ヒト、イエ、クルマだらけのこんな情けない環境でも生息?立ち寄って?くれてうれしい限り。

さてさて、一般的に猛禽類は♀の方が大きい。

たとえば、ハイタカsp.などは、普段しばしば遭遇しているせいか、大きさでそこそこ♂♀の判断がつきやすい。

チョウゲンボウさんもご多分に漏れず♀の方が大きいわけだけど、体色がわからない状態の単独飛行中は、

どうにも判断がつきづらい。

今まであまり長く観察したことがない種ということで、わたしの経験不足ではあるのだけど・・・


1265.jpg
1500x1000 ●クリックすると大きくなります♪

チョウゲンボウはハヤブサの仲間、つまりタカ目タカ科やミサゴ科とは違う分類になるのだけど、

パッと見で大きく違うのは翼の形状。

この画像ではわかりづらいけれど、翼を広げた時の翼端分離(突出)がないのがハヤブサの仲間。

飛翔中はブーメランみたいなスリムな形に見える。

これは♂だけど、なんかかわいらしい。


1264.jpg
1500x1000 ●クリックすると大きくなります♪

こちらは♀。

あまり違いはないように見えるけど、頭部の羽色、胸の太い縦斑、そして尾羽下面の明瞭な黒帯。

きれいに揃っていてなんとも美しい。

♂♀ともに鷹斑(たかふ)模様にハートマークが混じっていて、見たら幸せになりそうな予感。

でも、捕食されるものたちの目に映るのは、恐怖のハートマークかな?


※ 撮影機材は全て、D500 AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR 手持ち



いつもありがとうございます・・・thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ

この記事へのトラックバックURL
http://motorochan.blog73.fc2.com/tb.php/622-089610ad
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する