ココロで感じたとりたち ~Great Nature&Birds~ | 野鳥(陸のとりさん)
  ♪明日はどんな鳥さんにあえるかな... fc2 blogranking blogranking
スポンサードリンク
  
2016.07.07

アブラゼミツクツクボウシクロアチアの鳥本子すずめの死・・・


もう少しで更新します・・・ などと言っておきながらあっというまに月日が流れてしまいました。

今年は少なめだったホトトギスの夜鳴きも、6月中旬には2羽が競うように鳴いたり、毎晩夜空を賑やかにしてくれて、少しばかりほっとしました。

ホトトギスといえば他鳥?に子育てを押しつける托卵鳥として有名ですが、他のホトトギスの仲間・・・

カッコウ、ツツドリ、ジュウイチの声は都市部では全く聞こえないのに、ホトトギスだけはわりと身近な場所で聞こえてきますね。

これは、托卵する相手として都市部に生息するウグイスが多いからで、ウグイスが多いところにはホトトギスもやってくるというわけです。

そんな一年中身近にいるウグイスなんですが、近年生息域を脅かしている外来生物がいます。

私の近所にもついに進出してきたガビチョウです。

このガビチョウというとりさんは、繁殖力が強いと言われていて、ウグイスなどと生息域が重なることから、ウグイスの減少が危惧されています。

一年中賑やかな声で鳴いているので、その存在はすぐにわかるのですが、確かに一昔前までは山で聞く程度だったのですが、

あっというまに都市部の公園でも目にするようになりました。

ホトトギスはウグイスの他にもホオジロやアオジなどにも托卵するので、ウグイスの減少によって、それ自体の数が減ってしまうとは言えませんが、

ホトトギスの声が聞こえないと、ウグイスとガビチョウの関係を考えてしまいます。


タイトルがなにやらゴチャゴチャした文字で埋まっていますが、最近起きたことを乱暴に記しました。

今年はアブラゼミの初認が、6/25、ツクツクボウシの初認が7/6、スズメやツバメの繁殖も確認できました。

今年も近所に渡来したツバメは少ないですね・・・ 拙宅はいつでもwelcomeなんですが、いつまで経ってもやってきてくれません・・・

クロアチア語でしか解説していないクロアチアに住む鳥の図鑑も入手したんですが、これはまた別の機会に紹介できればと思いますし、

私のアドバイス付きの上で家人が救出した子スズメのお話もまた改めてできればと思います。


自然のことはもちろん、言いたい、叫びたい、知ってもらいたいことはたくさんあるんですが、どうも熱情的なモノ言いになりそうで、

相変わらず己の不甲斐なさに辟易するばかりです・・・





いつもありがとうございます・・・thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ
2016.05.08

ぎゃーすけの家探し


鳥たちの多くが恋の季節を迎えました。

遠くからは、アオゲラのピューピューピュー♪ コジュケイのチョットコイ、チョットコイ♪
夜には、フクロウさんが隣の隣のアンテナに止まって、ホーホーゴロスケホーホー♪

近所では、ちゅん太、シジュウカラ、ムクドリを中心に、日の出の前からワイワイガヤガヤやっています。
先日は、ツバメちゃんも2羽電線に止まって、しきりに♂が♀にアプローチしていました。


1105.jpg
TSN-774 S95(Ⅲ号機) TE-17W 1024x768 トリミング ●クリックすると大きくなります♪ 

そんななか、今年もムクドリのぎゃーすけたちが愛の巣探しにやってきました。

彼らは色々な場所で営巣しますが、最近は空き家が増えたこともあり、使われていない雨戸の戸袋を狙っている姿をたびたび目撃しています。

この場所は毎年恒例なんですが、戸袋までのアクセスがいまいちなのか、室内の間取りが悪いのか、近所に変なおっさんが住んでいるからか?

とにかく、巣材は運び込んでいるものの、その後ほどなくして姿を消してしまうばかりなんですよね。

さて、今年はどうなることやら・・・



いつもありがとうございます・・・thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ
2015.07.24

ぼくも巣立ったよ~


梅雨らしく長雨が続いていましたが、一転して夏本番の暑さになった首都圏。

季節が変わってゆくのと同じく、生き物たちの様々な移ろいも見ることができました。

あんなに毎晩鳴いていたホトトギス、6/29を最後に聞こえなくなりました。

以前紹介したシジュウカラの幼鳥も今のところ無事のようで、親鳥と一緒に飛び回っている姿を度々見かけます。

6月中旬にはフクロウの声も聞こえ、7/1にはアブラゼミが一匹、フライングぎみで鳴いていました。

7/10の夕方にはヒグラシが鳴き始めましたね。

ちょっと心配なのが、近所の雑木林・・・大きな木がたくさん切られ、雲行きが怪しくなってきました・・・

それから、例年多くのツバメがやってきていたんですが、今年は以前紹介して以来、声も姿も確認できません。

いくつかの決まった民家などで営巣していたんですが、もしかしたら環境が変わってしまったのかも知れませんね。


1094.jpg
FZ150 DMW-LA5 T-CON17 手持ち トリミング 640x480

さて、ちょっと前になりますが、7月の上旬に、いつも観察していた鬼瓦で営巣、育雛中のスズメが巣立ちました。

巣立ったところを観察してはいませんでしたが、鳴いていた雛の声が聞こえなくなったので、恐らくその場所の個体だと思います。

しきりに食べ物をねだる巣立ち雛・・・ はじめのうちは、親鳥がせっせと昆虫などを運んできていましたが、

そのうちに雛を誘導するように、口にくわえたまま、あちこち移動していました。




まだ満足に飛ぶことも出来ない雛・・・ 

それでも柿の木まで来て、更に一羽で試練は続きます・・・

とにもかくにも、全国的にも激減していると言われているなか、今年も無事に雛が巣立ってくれてよかったです。

現在は、別のつがい?が、また鬼瓦を往き来しているので、そのうちまた巣立ち雛の姿を見ることができそうです。



ココロで感じたら押してください・・・thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ
2015.05.24

オレと一緒になろう!



1091.jpg
FZ150 DMW-LA5 T-CON17 手持ち トリミング 480x270

早朝5時すぎ、辺りがやっと明るくなってきた頃 ♂「オレと一緒になろう!」 ♀「・・・・・・」

1090.jpg
機材条件同上 480x360

♀「い、いきなりですか!」 その間凡そ3秒ほど

1089.jpg
機材条件同上 480x270

♂(左)「ふぅー・・・」 ♀(右)「なんだかなぁ・・・」


ちょっとアダルトな会話にしちゃいましたが、今の時期はあちこちで繁殖活動真っ盛り。

ツバメちゃんも後から何個体もやってきて、毎日賑やかに飛んでいます。

アオゲラの ピョーピョーピョーピョー♪という声も頻繁に聞こえてきます。

ムクドリは2羽で戸袋の物色をしてたり、鬼瓦のちゅん太は抱卵中の様子・・・・・

4月後半にやってきたホトトギスは、毎晩のように夜鳴きし、最近では2羽ほど聞こえてきています。

そして、昨晩はフクロウさんのゴロスケホーホー♪の声が久々に雑木林の方向から聞こえてきました。

彼らの一生の中で一番大切な、そして勝負の時・・・ 温かく見守ってあげてくださいね。



ココロで感じたら押してください・・・thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ
2015.05.18

シジュウカラ幼稚園


今年も近所の柿の木から賑やかな声が聞こえてきました。

1087.jpg
FZ150 DMW-LA5 T-CON17 手持ち トリミング 1000x562 ●クリックすると大きくなります♪

シジュウカラの幼鳥たちが、親に連れられて生きる術を学んでいました。

人間も動物も幼い頃の眼って純粋そのものですよね。

どこで営巣しているのはわかりませんが、毎年しっかり成功して、必ず柿の木にやってきていますね。



1088.jpg
機材条件同上 1000x562 ●クリックすると大きくなります♪

「かぁさん、見てコレ!もう自分で食べ物探しできるもんねぇ!」


1086.jpg
機材条件同上 1000x562 ●クリックすると大きくなります♪

「これ、食べるの? あんたはバッタじゃないんだから、葉っぱはやめときなさい・・・」


と、そんな会話をしていたかはわかりませんが、

数羽いた中の一羽が、一生懸命食べ物を探していたんですが、咥えているのは葉っぱ。

でも、こうやって色々なことを学んでいくんですよね。その後ちゃんとイモムシを捕らえていましたよ^^





幼鳥特有のかわいい声や仕草などは動画で見てみてください♪

かわいいなぁ と感じると同時に、彼らのほとんどは1年以上生きられないということを忘れないでくださいね。



ココロで感じたら押してください・・・thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ
2015.04.16

ツバメ初認


本日早朝、ツバメちゃんを自宅付近で今季初認しました。

今回も残念ながら画像はありませんが、曇天続きから晴れ間がのぞいた輝いた空を、

一羽で チュピチュピ♪ 鳴きながら、元気よく飛び回っていました。

今季もまた、いつものガレージなどで繁殖するのでしょう。

本能のなせる技、彼らの一生の中で一番大切な繁殖のためとはいえ、

東南アジアから遙か何千キロもの距離を飛んできたことに、毎回畏敬の念を抱かずにはいられません。

命がけの長旅、おつかれさま・・・

天敵の人間、カラスなどに負けず、なんとか次の命をつなげていってね。



いつもありがとうございます・・・thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ
2015.04.15

ヒヨドリの渡り


NANDA HIYOKA・・・

で、お馴染みのヒヨさんですが、早朝自宅付近を歩いていたところ、

かなり低空を、70羽+ほどの集団が、北方向に移動してゆきました。

低空だったので、ヒッ♪ヒッ♪・・・ という声が聞こえてきました。

国内のヒヨさんは、漂鳥性のものが多いですから、繁殖のためにお山などに移動しているんだと思います。

カメラを持ってなかったのが残念でしたね・・・

非繁殖期の秋、冬も、あちこちのフィールドに行っていないので、鳥さんたちの動向はわかりません。

ただ、自宅付近の今回の非繁殖期のヒヨさんは、かなり少なかったように感じました。

みなさんのところではどうでしたか?


いつもありがとうございます♪・・・thanks thanks にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ